fc2ブログ

「東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B」by 河瀬直美



オリンピック公式記録映画の監督が河瀬直美だと発表された時、オリンピック協会も思い切ったことをしたなぁと思ったものでした。
とはいえその時点では開閉会式も野村萬斎、MIKIKO、椎名林檎という布陣で、クリエイティヴ面からいっても彼らをセレクトした側のセンスに僕的には期待してたので、記録映画も1964年大会の市川崑の監督したものに匹敵するものになるだろうと想像していました。
が、その後のパンデミック最中での強行にまさかのクリエイティブチームの解任、そしてその後のゴタゴタなどがあり、僕の中でオリンピックは不信に満ちたものに一転しました。
思い返せばエンブレム問題に始まり、スタジアム問題等問題だらけの東京大会でした。
僕はこういう国際的なスポーツの祭典大好きなんですが、今回のことですっかり冷めてしまいました。
ここまで日本国民をないがしろにされるなんて、というショックが大きかったのです。
実際昨年のオリンピックは一切観てません。
コロナがなければ実際チケットも当たってたのでバリバリに観てたかもなんですが。。。。
そんな中唯一残っていたのが河瀬直美。
そこだけが希望だったのですが、公開直前になってNHK捏造問題やパワハラ疑惑等で大バッシングを受け始め、彼女の発言も?というものが多くなってきて、映画への期待も冷め始めてました。
個人的に河瀬さんとは2010年の個展の審査員で選んで頂いてからご縁があり、これらの騒動はやや胸も痛くて、距離を取りながら静観していました。
とはいえ彼女の映画は封切られる度に観に行ってましたし、やっぱり観るべきだよなぁと思いつつ、実際近年の河瀬映画は「萌の朱雀」の頃から比べると劣化してると言わざるを得ず、河瀬映画と言うのと同時に今回の場合は「公式記録」という側面もあるのであんまりかもなぁという危惧もあり、観るべきかどうかかなり迷っていたのです。
が、一旦封切られるとTwitterで流れてくる感想が中々なものだったのです。
そんな中最も僕を映画館に足を運ばせるきっかけになってくれたのが以下のぼのぼのさんの連投でした。



というわけで前置きが長くなりましたが、観に行ってきました。
まずはアスリート側の視点で描いたSIDE A。

まず冒頭から真っ黒な画面に藤井風(?)が口ずさむ「君が代」に始まり、雪と桜の映像。
え、めちゃくちゃ河瀬直美やん。。。!!
と驚かざるを得ませんでした。
だって公式記録ですよ?
こんなに個人の作家性押し出しちゃっていいの??

そこからもう驚きの連続。
これは紛れもなく「河瀬直美の作品」です。
さらにいうと、これはオリンピックの記録にすらなってません。
この映画で描かれるのは、アスリートを通して見る、難民、BLM、コロナと今の世界が収められています。
そしてもっと大きな「人生」という主題。
映画を観た後「C'est la vie.(これが人生)」という言葉が浮かびました。

イランから亡命してモンゴル代表として出場する柔道家。
「母国には戻れない」と彼は言います。
その直後にはウズベキスタン代表の体操選手が現れます。
彼女はウズベキスタンに生まれれながら、ソ連、ドイツと国を変え、また改めて母国の代表として今大会に出場しました。

黒人差別と戦うアメリカの砲丸投げ女子代表。
オリンピック初となった空手で優勝した沖縄の選手。
故郷沖縄の人たちへのインタビューで垣間見える差別問題。
スポーツを通してこうした差別問題をエンパワーするアスリートたち。

母として赤子を日本まで連れてきたカナダのバスケットボールの選手。
彼女は「母」と「アスリート」どちらも選ぶために戦いました。
片や「母」となることを選び引退した日本の選手の姿も。
二人の交流は今回の映画の中でも象徴的でした。
「アスリートであることだけが人生ではない」

もう一人母として子供を連れてきたランナーの女性。
足の痛みにより途中で棄権してしまいますが、彼女が我が子に「諦めてもいいのよ!」と言うのは本当に凄いセリフだった。
これと対照的だったのが日本の柔道協会。
上層部の人たちがとにかく勝利に固執し、「切腹する覚悟」とまで言います。
それらのインタビュー映像が、多分わざとなんだろうけど、めちゃくちゃなクローズアップ。。。
鼻毛出てなくて良かったね。。。
しかも団体戦で日本が負けまくる映像を流すあたり、めちゃくちゃおちょくってますやん。。。
家父長的なものへの嫌悪が読み取れますね。

この映画に出てくる選手のほとんどが「敗者」です。
わかりやすく優勝して涙する、みたいなシーンがほとんど出てきません。
サーフィンの日本の選手が波打ち際で悔し泣きしてる姿が目に焼き付きました。
それとは対照的にスケートボードの女子の優勝した13歳の少女が軽やかに「やばいやばい!」と言って金メダル掲げてる姿は、勝ち負けというより純粋なスポーツの楽しみを象徴してるようでした。

こんな具合に、観ていて一体何の映画だっけ?と思う瞬間が多々ありました。
全編通してナレーションも皆無で、テロップも最小限なので、これがいつの試合で予選なのか決勝戦なのかすらもよくわからないというのが多々あります。
あの感動をもう一度!と思ってる方には不向きかと。。。
スペクタクルを徹底的に排除した仕上がりになっていて華々しさもほぼありません。。。
いやはや河瀬さん、恐ろしすぎる。。。
これ、一応関係者一通り観てるんだろうけどどういう感想抱いたんだろうか。。。


お次はその関係者に焦点を当てたSIDE B。
Aがあれだけ攻めた内容だったのでBになったらどんだけ。。。と思って観始めたのですが正直やや肩透かし。
というか、もはやゴダールやんってぐらいのカットに次ぐカットで、A以上に何の映画なのか混乱w
確かに今回のオリンピック、ただただ時系列に並べるだけでもドラマ過ぎたので、それは避けたかったのでしょうね。
実際あのオリンピックはトラウマレベルに失敗の連続でした。
この映画は確かにその失敗を克明に映してますが、それでもカバーしきれてません。
例えばエンブレム問題や競技場問題、開会式のゴタゴタ。
他所でも言われてますが、なぜか安倍元首相が出てこないのも不気味。
ただでも発狂するぐらい失敗の連続なのに、この映画にはリレーの失敗まで映されます。
いやいや、日本もっといいところあったでしょ。。。見てないから知らないけど。
とまあ、公式記録としては攻めに攻めた内容で、これはこれで未来へのレガシーになりますね。

冒頭は延期にするかどうかの会議から始まりいきなり閉会式、そこから時間は遡って最後が開会式という流れ。
最も印象的だったのが、皆さん仰られてますがやはり野村萬斎。
「文化の只中に生きているということを皆さんお分かりになってない」
という苦しい言葉は、思いっきり国と電通に向けられていると考えていいでしょう。
実際チームが解散され、電通の佐々木氏に受け継がれた際のスピーチ中の野村萬斎の目が怒りに満ちていて、その目のクローズアップがものすごく印象に残りました。
それにしても佐々木氏、本当に悪そうなお顔をされてますね笑
人は見かけじゃないと言いますが、ある程度人は見かけだと思います。
ここでマザー・テレサの言葉を思い出しました。

思考に気をつけなさい、それは、いつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それは、いつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それは、いつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それは、いつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それは、いつか運命になるから。


人の生き様は表に反映されるものです。
それは森元首相の退任劇にも物凄く表れていますね。。。
ところで野村さんの退任は描いてるけど佐々木さんの退任は全く描かれてませんね。
描くに値なしといったところでしょうか。

挙げればキリがないぐらい救いのないイベントでしたが、唯一希望として子供たちの表情やインタビュー(?)を挟むことで、あんなでも彼らの思い出の1つになれたのだな、ということが表現されてました。
今回結構河瀬さんが声や映像に出てくるのもAとの大きな違いでした。
そして、なんと最後の最後、主題歌が藤井風ではなく、作詞作曲河瀬直美とある謎の曲に差し替えられていました。。。
歌も河瀬さんなのかな??
僕は全然知らず、劇場でえ?となったのですが、調べたら公開の一週間前に差し替えになったそうで、これはどういうことなのか。。。
最後の最後までこのオリンピックのドタバタが反映されちゃってますね。。。
このBに関してはCDBさんのnoteが詳しいので是非。こちら

それにしても記録映像、オリンピックだけでなくパラリンピックも作るべきだと思うんだけどな。。。


「ベイビー・ブローカー」by 是枝裕和


もういっちょカンヌの常連是枝監督の最新作です。
実際主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる最優秀男優賞を受賞、「ドライブ・マイ・カー」同様エキュメニカル審査員賞も受賞してます。
是枝作品で言えば、主演男優賞は「誰も知らない」の柳楽優弥以来の受賞ですね。
ソン・ガンホといえば言うまでもなくポン・ジュノ監督とのタッグで有名な超大御所俳優ですが、初受賞は意外でした。
実際冒頭の坂道の雨の中子供をベイビー・ボックスに捨てに来る場面はめっちゃ「パラサイト」やん!と突っ込んでしまいましたw
是枝さんは、前回もフランスで「真実」をカトリーヌ・ドヌーヴにジュリエット・ピノシュというフランスを代表する大女優と組んでますが、正直あの映画は失敗だったと思います。ほとんど印象に残ってない。。。
なので今回もどうかと思いましたが、正直劇中めっちゃ泣きましたw
これぞ是枝作品と言わんばかりの歪で不器用な疑似家族が描かれます。
疑似家族、本当に弱いんですよ。。。
僕のこの個人的な家族観は田中功起さんの作品の時に語ってるので良かったら。こちら
子を捨てることに関しては、河瀬さんの「朝が来る」にも通じるものがありますね。
綺麗に描き過ぎてるきらいはもちろんあります。
赤ちゃんを捨てること、そして赤ちゃんを横流しするなんて、というのは倫理的にない方がいいに決まってますよ。
ただ、その背景はニュースだけでは伝わらないもっと複雑なのかもしれない、というのを映画というフィクションを通して描いているので、まあこれはこれでありよりのありなのかと。
泣ける映画=いい映画ではないとは思うのだけど、僕は好きでした。
「家族」に対して疑問のある人は是非観てみてもいいと思います。


最後に映画でもないし全く毛色違うけど映像ってことでマシュー・バーニーの新作「Catasterism」。
6月26日までネットで無料公開されてました。太っ腹!こちら
シャウラガー美術館での観客を入れてのパフォーマンスをそのまま映像作品に仕上げてて凄い。
演奏されてるジョナサン・ペプラーによる音楽も良い。
彼の作品は、実際面白いのか毎回よくわからないんだけど、全ての食材を使い切って料理する感覚は毎度爽快。
この夏「クレマスター」シリーズが上映されるそうなので良い加減観なくては。。。
北京で観た「リダウト」もこの機会に劇場でまたしっかり観ようかな。。。

大坂秩加作品のオンライン販売開始しました。

IMG_1069.jpg

大坂秩加作品のオンライン販売を開始しました。
https://aholic.stores.jp
店頭でのお買い上げはそれぞれ5%OFFとなります。


a44cefb8-76cf-4974-b37d-353864e845eb-0_0.jpg

「まっすぐな願いごとをしたい」
2022年
アクリル、水彩絵具、色鉛筆、チョーク、麻布、パネル
51.5×36.5cm


3a870919-d9bb-4999-ba8e-07010cca1856-0_00.jpg

3a870919-d9bb-4999-ba8e-07010cca1856-0_0.jpg

056671a2-2750-4348-9eb1-ade4ffaa37db-0_0.jpg

「だから私はひたすら知りたい」
2022年
アクリル、水彩絵具、色鉛筆、チョーク、麻布、パネル
32.5×40cm ×2枚


CO-P-18-07_0.jpg

「虚無の穴に自身がのまれてしまわないように」
2018年
リトグラフ
Image size : 45.5×27cm
Sheet size : 56×38cm
Edition of 20

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」と夏&新メニュー

73.jpg

本日より、大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」を開催します!

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」
2022年7月7日 (木) - 8月7日 (日)
18:00 - 24:00 (変更可能性あり) 水曜休み
ワンドリンクオーダー制
* 要アルコール消毒 ・ マスク着用
* 3名以上のご来店不可
* 予約可。 ご連絡 (DM/MAIL/TEL) ください。
* 体調不良、 発熱等ありの場合は入店をお断りしております。


夏&新メニューのお知らせ!
まずは毎夏恒例のカレー定食(グリーンカレー、ラタトゥイユ、クリームチーズポテサラ、ピクルス)!
辛いの苦手な人には裏メニューでラタトゥイユカレーにできます。
夏だけBBAではないのです!
IMG_1103.jpg

日本酒もその時々のものをお出しします。冷のみ。
大阪名物ミックスジュースもありまっせ。
IMG_8997_20220703113157d99.jpg

IMG_1124_202207031131599e6.jpg


そして新メニューです!
「エンピリカル アユーク」
デンマークにある超有名レストラン「noma」で、2008年から2017年まで在籍し、テストキッチン&新メニューの責任者として活躍したラース・ウィリアムズと、2012年から2017年までコンセプト&ビジネス開発の責任者を務めたマーク・エミル・ハーマンセンの2人が創り出したスピリッツ。
「アユーク」とは、メキシコ・オアハカ州の少数⺠族ミヘーの⼈々が、海抜2,700メートルで栽培した特別なスモークドライチリのこと。なんのこっちゃ。。。
とにかく飲んでみてください!スモーキーでめちゃうまいです。なくなり次第終了。
IMG_8989_20220703113656d6d.jpg

最後はBAR専用チョコレートの久々の新作「モラセス」。
砂糖を精製する際の副産物である廃蜜糖(モラセス)の濃厚で独特な風味を活かしたガナシュ。
少量のトマトと共に煮込みチョコと合わせることによりコクのある旨味が特徴的で特にホワイトスピリッツとのマリアージュで味わいの広がりが感じられる一粒となっております。とのこと!
残念ながらご愛食頂いてた「ローズ青リンゴ」は終売となりましたが、モセラス是非食べてみてください!
IMG_0079.jpg

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」開催のお知らせ。

tanzaku2022.jpg

7月7日(木)より、大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」を開催します。

大坂秩加は1984年東京生まれ、 2011年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。
シェル美術賞展やVOCA展などでの受賞を重ね、 近年は海外でも活動の場を広げています。
初期より大坂は、学生時代に関わった舞台美術から制作への着想を得、作品に自身で作った小説の一節とも誰かの日記の一部とも言えるような、様々な女性の日常を描いた短い文章と合わせて作品を発表してきました。
個展を重ね、モチーフとしている台詞は戯曲、 描く人物は役者、テーマに合わせたインスタレーションは舞台セットといったように展開させ、展覧会を通して群像劇を作り上げ、虚構の中のリアルを表現しようとしてきました。
本展では、2016年にGALLERY MOMOで開催した展示の「再演」となる絵画とインスタレーションを発表します。
事前に店先で集めたお客様からの短冊を天井いっぱいに吊り下げ、 先の展覧会と同じテキストを用いて新たに構築した絵画を展示する予定です。 またそれらの短冊から着想を得た新作も会期中に発表予定となっております。
作家ウェブサイト https://www.instagram.com/chika0saka/

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」
2022年7月7日 (木) - 8月7日 (日)
18:00 - 24:00 (変更可能性あり) 水曜休み
ワンドリンクオーダー制
* 要アルコール消毒 ・ マスク着用
* 3名以上のご来店不可
* 予約可。 ご連絡 (DM/MAIL/TEL) ください。
* 体調不良、 発熱等ありの場合は入店をお断りしております。


展覧会に際しまして、6月29日(水)から7月6日(水)は搬入につきお休みとなります。
よろしくお願い致します!

自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで @ 国立西洋美術館

IMG_9137.jpg

IMG_9139.jpg

IMG_9140.jpg

リニューアルされた国立西洋美術館に行ってきました。
下手したら学生以来の来訪かも。。。
なのでリニューアルといってもどこが変わったのかよくわかりませんでした。。。
確かに言われてみれば前庭が広くなったような気も。。。
それはともかく、今回はドイツのエッセンにあるフォルクヴァング美術館のコレクションと西洋美術館のコレクションとのコラボで、なんとリヒターが展示されるということで行ってきました。
正直ほぼリヒター目的だったのですが、展覧会が普通に良くてびっくりしました。
タイトルの「自然と人のダイアローグ」というのが見事に反映されてます。
こういうコレクションの展覧会って、無理矢理タイトルつけてただ作品並べてるだけってのが多いのですが、今回の展示はちゃんと軸がしっかりしていて本当にいい展示。
海外のコレクションと自館のコレクションを混ぜるってのも中々ないですよね。
画家の自然へのまなざし(畏怖、憧憬、崇高)がじわじわ沁み渡るような展示で途中泣きそうになってました。

IMG_9141.jpg

最初のマネの嵐の海の絵からもうやばい。
船の描き方が異常すぎる。。。やっぱ天才。
IMG_9144.jpg

IMG_9145_2022062319192492a.jpg

続くモネもヤバい。なんだこの筆致は。。。
モネ、昔は「おばさんが好きな絵」って感じで気にも留めてなかったけど、年々いいですね。
IMG_9146.jpg

IMG_9147_20220623191927f59.jpg

IMG_9148.jpg

そしてリヒター。
モネとの共演ですが、もっと違う絵があっただろうに。
リヒターの絵がこれだけシンプルなので、モネもシンプルな絵をおいて欲しかったな。
まあ、そこは箱根に譲りましょう。。。
それにしても雲だけでこれだけ見せられるのはやっぱり凄い。ずっと見てられるよ。。。
IMG_9151_2022062319193098a.jpg

IMG_9155.jpg

いきなり前半に僕的ハイライト(リヒター)が来てしまったのでどうかと思ったんだけど、ここからがこの展覧会の凄いところだった。
リヒターがお気に入りのフリードリヒの作品から、ヨハン・クリスティアン・クラウゼン・ダール(長)の窓からの風景に、自然へのまなざしが強く反映されててめちゃくちゃエモい!!
窓はアルベルティを引くまでもなく絵画のメタファーなので、絵画内絵画のようなメタ構造が読み取れてとても面白い絵でした。
IMG_9157_20220623192030329.jpg

IMG_9159_20220623192033042.jpg

IMG_9158_20220623192031eef.jpg

このフォルクヴァング美術館蔵のクールベの波もめちゃいい。。。
お隣にももう一点クールベの波があってそっちは西洋美術館蔵。大陸を超えた壮大な共演。。。
IMG_9160.jpg

そして森。
ロヴィス・コリントの「樫の木」とクリスティアン・ロールフスの「森の中」が素晴らしかった。
しかもこの2点はそれぞれ所蔵が別ってのがこの展覧会の本気さを感じられます。
ちなみに前者が西洋美術館蔵で後者がフォルクヴァング美術館蔵。
写真撮れなかったけどマックス・エルンストの森の絵とイヴ・タンギーの絵も素晴らしかった。
IMG_9163.jpg

IMG_9164.jpg

この後もセザンヌやゴッホらのビッグネームが続いてヤバすぎ。
このホドラーの絵も最高すぎる。。。
IMG_9166.jpg

モンドリアンのこの時期の作品を持ってくることで、自然を解体していく様も入ってきて素晴らしい。
IMG_9167.jpg

ゴッホもやっぱいいよなぁ。
IMG_9170.jpg

最後はモネの圧巻のラスト。
しかも一枚は第一次世界大戦でボロボロになった睡蓮でめっちゃかっこいいやないか。。。
IMG_9177_20220623192144209.jpg

IMG_9172.jpg

IMG_9174.jpg

いやはや本当に素晴らしい展覧会でした。ありがたい。
この2館がいいもの持ってるのは言うまでもないけど、今回はキュレーションが抜群だった。
一流の素材(作品)を一流のシェフ(キュレーター)が一流の器(建築)に盛り付けた極上フルコース。
リヒター目当てだったのに、見終わった時にはそういえばリヒターもあったな、ぐらいの印象。
9月11日までやってるので是非!こちら


そして常設。
ほとんど来てないけどやっぱいいもの持ってるなぁ。
ハンマースホイ展も行きたかった。。。
ルーベンスの子供の絵は東近美の眠り展に出てましたね。
他にもブリューゲルやクールベやボナールもいいの持ってる。
今回みたいにいい企画展いっぱいやってくれたらもっと来たいのにな。。。

IMG_9187_202206232205287db.jpg

IMG_9191.jpg

IMG_9192.jpg

IMG_9194.jpg

IMG_9197.jpg

IMG_9198.jpg

IMG_9200.jpg

IMG_9201.jpg


そして何と言ってもこの美術館は国内唯一のコルビュジエ建築で東京唯一の世界遺産!
この美術館、見た目よりも広くて凄いんです。お陰で見終わった頃にはクタクタ。。。
これを建てたコルビュジエも「無限成長美術館」を謳っていて、コレクションの増加ともに展示室を増やすシステムらしい。メタボリズムの先をいってる。。。
そういえばコルビュジエが建てた美術館って他にないのでは?
19世紀ホールとかやっぱいいですね。
コルビュジエの絵画展もやってるけどこちらは才能あまりなかったのかな、って思える内容で逆に可愛い笑

IMG_9178.jpg

IMG_9179.jpg

IMG_9181.jpg

IMG_9184.jpg

IMG_9195_20220623221508e11.jpg

IMG_9190.jpg

IMG_9203.jpg

IMG_9205_2022062322160523f.jpg

IMG_9207.jpg

IMG_9210_202206232216091de.jpg


新しいエコロジーとアート @ 東京藝術大学大学美術館 本館3F, The 5th Floor
IMG_9082.jpg

川内倫子
IMG_9085_2022062322295197b.jpg

リリアナ・ザパタ
IMG_9086.jpg

小谷元彦
IMG_9089.jpg

エレナ・トゥタッチコワ
IMG_9091_20220623222955a0b.jpg

石上純也
IMG_9095_20220623222957d01.jpg

HATRA + Synflux
IMG_9097.jpg

本田健
IMG_9098.jpg

リヴィタル・コーエン&テューア・ヴァン・バーレン
IMG_9100.jpg

AKI INOMATA
IMG_9102_2022062322300303b.jpg

IMG_9104_2022062322304811f.jpg

IMG_9105_20220623223050a34.jpg

IMG_9106_20220623223051e6e.jpg

スプツニ子!
IMG_9107.jpg

IMG_9131.jpg

黒沢聖覇
IMG_9132.jpg

毛利悠子
IMG_9135_20220623224034d54.jpg

長谷川祐子の藝大退官記念展が藝大美術館本館と5th floorの2会場で展開しています。
藝大美術館、いつも陳列館の方しか行かないので本館はもしや初かも。
確か5th floor主催してる人も長谷川ゼミの卒業生なんですよね?
「新しいエコロジーとアート」と言う直球なタイトル。
正直昨今のSDGsとかほとんど興味ないんで、大丈夫かな、と思ってましたが、多分彼女の言う「エコロジー」って持続可能性とかいうよりももっと広義に人が生きていく環境のことを言ってるんじゃないかと展覧会を観ていて思いました。
メタバース系の作品もいくつか出てきていたのがその辺の顕著な傾向かと。
ただ、全体的にまとまりがないなぁという印象でほとんど集中できなかった。
もっと作家絞って大きな作品とかあれば見やすかったのかな、とも思いました。
AKI INOMATAさんの代表作が一気に見られたのとかは良かった。
5th floorの黒沢聖覇さんの作品もとても良かった。サウンドデザインがめちゃかっこ良すぎて全編見ちゃった。
1991年生まれで博士課程在籍中という若さ。。。凄い。。。
毛利さんもサウンドインスタレーションで新鮮だった。
とまあ個々に面白いのはあったけどでもやっぱ個人的にはあまり好きな展覧会ではなかった。
6/26まで。こちら

ゲルハルト・リヒター Drawings 2018-2022 and Elbe 1957 @ WAKO WORKS OF ART

この一週間ぐらいで観たギャラリーの展示まとめ。

まずは六本木エリアから。
リヒターに鈴木理策、米田知子に菅木志雄。。。
さらにまだカプーアもやってて、クリストとジャンヌもあったしこの週は俺得エリアでした。
WAKOのリヒターは1957年のまだ東ドイツにいた頃の版画と近年のドローイングを並べた展示。
東ドイツの頃から抽象化しててめちゃカッコいい。。。
しかしそれよりも何よりも最新作(2022年4月1日)のドローイングがめっちゃいいってどういうこと。。。?
正直東近美のリヒター展に出てたドローイングはピンとこなかったんだけど、また進化してらっしゃる。。。
今年90歳なんだけどこの人どうなってるの。。。
鈴木さんと米田さんの写真も相変わらず素晴らしい。。。
鈴木さんのディプティック、実は全然繋がってないの面白い。
菅木志雄の奥の部屋のインスタレーションもバリバリによかった。。。
あとはタムラさんのワニ馬鹿らしすぎて笑ったw

ゲルハルト・リヒター Drawings 2018-2022 and Elbe 1957 @ WAKO WORKS OF ART (-7/30 要予約)
IMG_8460_202206221918079ec.jpg

IMG_8477_20220622191808823.jpg

IMG_8465.jpg

IMG_8463_2022062219181158a.jpg

IMG_8461_20220622191813a71.jpg

IMG_8468_20220622191814f32.jpg

IMG_8469_20220622191816cc5.jpg

IMG_8470_2022062219181744e.jpg

IMG_8472_20220622191819c24.jpg


鈴木理策 「冬と春」@ TAKA ISHII GALLERY (-7/2)
IMG_8485_20220622192114bea.jpg

IMG_8486.jpg

IMG_8487.jpg

IMG_8489.jpg

IMG_8492_20220622192122df9.jpg


米田知子 残響―打ち寄せる波 @ ShugoArts (-7/9)
IMG_8496.jpg

IMG_8500.jpg

IMG_8501.jpg

IMG_8498_202206221924096b3.jpg

IMG_8502_20220622192411f29.jpg

IMG_8503.jpg


菅木志雄「有でもなく無でもなく」@ 小山登美夫ギャラリー (-7/9)
IMG_8506.jpg

IMG_8511.jpg

IMG_8522_2022062219290521f.jpg

IMG_8513.jpg

IMG_8514_20220622192733f1c.jpg

IMG_8516_20220622192735784.jpg


平子雄一 FOOTPRINTS @ KOTARO NUKAGA (-6/25)
IMG_8479.jpg

IMG_8480_20220622193140efa.jpg

IMG_8482_2022062219314289b.jpg


田島美加 Spectral @ TARO NASU (会期終了)
IMG_8452_202206221933086e4.jpg

IMG_8453.jpg

IMG_8454_202206221933111d0.jpg

IMG_8458_20220622193313472.jpg


タムラサトル ワニがまわる @ 国立新美術館 (-7/18)
IMG_8523.jpg

IMG_8530_20220622193525195.jpg

IMG_8527.jpg

IMG_8531.jpg

IMG_8534.jpg

IMG_8536.jpg


その他銀座やら上野やら新宿やら。
竹村・鬼頭夫妻のコラボ観ててしんどい。。。
絶対竹村さんだけでいい。明らかに悪影響だと思う。。。
田口さんの展示、エルメスにしてはめっちゃ大人しくてやや物足りない。。。
しりあがりさんはかわいいけどそれ以上の感想が浮かばないw
和田さん初めて観たけど、ステートメントで萎えた。。。
誰がブロンズのバナナ見て「人間の差別意識と優越感に対する批判が込められてる」と思うねん。。。
ブランデーが入ってる鏡面の作品は少し面白かった。
って文句ばっかり言ってますが、最後にKENJI TAKIでやってた渡辺英司さんは最高でした。
図鑑から魚切り取って並べるってだけの作業なんだけどとっても豊か。
やっぱベテランは素晴らしいっす。

竹村 京・鬼頭 健吾「色と感情」@ ポーラミュージアムアネックス (-7/24)
IMG_8946.jpg

IMG_8947_202206221938497ba.jpg

IMG_8949_20220622193850c6a.jpg

IMG_8950_20220622193852ad2.jpg

IMG_8951_202206221938535e2.jpg

IMG_8957_20220622193855e71.jpg

IMG_8958.jpg


田口和奈展「A Quiet Sun」@ エルメス Le Forum (-9/30)
IMG_8960_20220622194344ca7.jpg

IMG_8963_20220622194346d51.jpg

IMG_8966.jpg

IMG_8969.jpg

IMG_8974_2022062219435040f.jpg

IMG_8984_20220622194352df3.jpg


しりあがり寿 心頭滅却すれば火もまたCOOL!!銀座展 @ 銀座三越 本館7階 ギャラリー (会期終了)
IMG_8959.jpg


和田礼治郎「Market and Thieves in a Cloister」@ SCAI THE BATHHOUSE (-7/9)
IMG_9115.jpg

IMG_9117_20220622194713f9d.jpg

IMG_9116_202206221947147f2.jpg

IMG_9122_2022062219471644f.jpg

IMG_9124.jpg


渡辺 英司 - エデンの海 @ KENJI TAKI (会期終了)
IMG_8433_20220622195119432.jpg

IMG_8435_20220622195121e53.jpg

IMG_8436_202206221951223bc.jpg

IMG_8440.jpg

IMG_8441.jpg

IMG_8444_20220622195126af4.jpg

IMG_8445_202206221951286ef.jpg

IMG_8437.jpg

IMG_8438.jpg

IMG_8446_202206221952025b0.jpg

IMG_8447_202206221952047f8.jpg

IMG_8448.jpg

以上!

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門"」@ 21_21 DESIGN SIGHT

IMG_8540.jpg

IMG_8543_20220616121523881.jpg

IMG_8542_2022061612152583a.jpg

IMG_8546.jpg

IMG_8545_2022061612152802a.jpg

IMG_8547.jpg

IMG_8548.jpg

IMG_8550_20220616121532037.jpg

IMG_8552.jpg

IMG_8554_20220616121535ec0.jpg

IMG_8549_20220616122101f17.jpg

IMG_8555_202206161221018f3.jpg

IMG_8557_202206161221023c8.jpg

IMG_8558.jpg

IMG_8562.jpg

IMG_8563.jpg

IMG_8566_20220616122108165.jpg

IMG_8567.jpg

IMG_8569.jpg

IMG_8570_20220616122113fca.jpg

IMG_8572.jpg

IMG_8576.jpg

IMG_8575.jpg

IMG_8579.jpg

IMG_8580.jpg

IMG_8582.jpg

昨年開催されたクリストとジャンヌ=クロードの「包まれた凱旋門」のドキュメント的な展覧会が21_21で始まりました。
開催日は2人の87回目の誕生日に当たる6月13日。
そう、この2人は同じ年の同じ日に生まれたのです。。。運命。。。
21_21は以前にもジャンヌが亡くなってすぐに回顧展を開催したりと、この2人への尊敬と愛情が半端ない美術館。
布を使って創造する2人と、三宅一生のクリエイション魂がつながる場所でもあるのです。

で、展示なんですが、正直実物見てしまった僕としてはまあこんなもんだよね、という感想。。。
ドローイングもコピーだったし。。。
とはいえ、2人の人生を編むように進むストーリーのある展示で、もう愛しかなかった。
凱旋門の映像見ながらもしかしたら自分もここに映ってるのかも、と思うと改めて「歴史的瞬間」に立ち会ったんだなぁとしみじみ。
本当に昔のことのようで、あれは夢だったんではとすら思います。
もう2人に出会えないのかと思うと寂しい。。。苦しい。。。
会期が来年の2月12日までとめちゃくちゃ長いので是非観に行ってください。こちら

スタッフのユニフォームが凱旋門プロジェクトのそれでめちゃ羨ましかった!!
これ着るためにここでバイトしたい。。。

IMG_8560.jpg



<関連記事>
Christo and Jeanne-Claude "L'Arc de Triomphe, Wrapped"
Christo and Jeanne-Claude "L'Arc de Triomphe, Wrapped" (work in progress)
The Final Christo @ Southerby's Paris
RIP CHIRSTO
クリスト&ジャンヌ=クロードの「Over the River」がキャンセル
CHRISTO: BIG AIR PACKAGE @ GASOMETER OBERHAUSEN
Jeanne-Claude Memorial
クリストとジャンヌ=クロード展@21_21 DESIGN SIGHT
ジャンヌ・クロード逝去
クリスト&ジャンヌ・クロード講演会 @ 福岡市美術館
クリスト&ジャンヌ・クロード講演会@京都造形大学

ゲルハルト・リヒター展 @ 東京国立近代美術館

IMG_7869_20220610142031184.jpg

IMG_7870.jpg

ついに、ついにやって来ましたこの時が。。。
日本では16年ぶり、東京の美術館では初のゲルハルト・リヒター展です!
もうあれから16年も経つのか。。。
16年前の金沢21美と川村はどちらも行きました。
今見返したら金沢2回も行ってるww こちら
川村はこの時初めて行って雪積もってたんだよな。。。こちら
にしてはほとんど感想書いてない。。。
16年経てば曲がりなりにも文章力も上がってるのですね。

とまあ、そんな待ちに待ったリヒター展。
今年最注目の展覧会と言っちゃっていいでしょう。
今回も東近美と豊田の2会場開催ですがどっちも参りますよ。
なんでも東近美はリヒター本人監修、豊田は作品数増とのこと。鬼。
今回の出品作の殆どがリヒター本人所蔵のと、2019年に設立されたリヒター財団からのもので、展覧会に賭ける意気込みが伝わってくる。。。
正直想いが溢れすぎて何から書けばいいのかと途方に暮れておりますがとりあえず進めましょう。

IMG_7871.jpg

まず入ってこの光景。やばい。
いきなりそこら中で色んな楽器が大音量で鳴りまくってる印象。。。
しかも入って左の部屋がいきなり今回の目玉の「ビルケナウ」!!
待って、まだ心の準備できてないから。。。
とりあえずその部屋は後回しにして入って右の壁から。
で、いきなり僕がずっと観たかった作品「アブストラクト・ペインティング」(1992)が登場して動揺。。。
この作品は僕が学生の時に買った2002年のMoMAの回顧展カタログの表紙になってた作品なんですよ。
当時8000円ぐらいして、貧乏学生には痛すぎる出費だったのですが清水の舞台から飛び降りる勢いで購入。
今思えばこれが今のコレクションの原点。
この回顧展はリヒターの評価を決定づけた展覧会で、観覧するのに長蛇の列ができたとか。
この時点で70歳だったのに、これ以降も凄い作品バンバン手掛けてるんだから怪物すぎる。。。
で、この作品、なんとアルミに描かれているんです。
これは図録では全くわかってなかった発見。
実際見てみると下のアルミが透けて見えて照明でキラキラ反射するんですね。
やっぱり実物は違う。。。泣きそう。。。

IMG_7872.jpg

IMG_7874.jpg

IMG_7875.jpg

続いてアブストラクトペインティングが続きます。
しかも2016年とか2017年とか比較的新しい。
2017年を最後に油彩は描いてないそうで、今回その最後の作品も出てます。
そりゃ80過ぎてあんなでかい板でこすったりするんだから体力が持たないよね。。。
それにしても色数がめちゃ多くてとても80過ぎのおじいちゃんの絵とは思えない。。。

IMG_7876_20220610144352206.jpg

IMG_7877_20220610144355efa.jpg

IMG_7879.jpg

IMG_7880_20220610144356fd7.jpg

IMG_7883.jpg

IMG_7884_20220610144400a6c.jpg

IMG_7886.jpg

アブストラクトに並んで彼の代表作となるのが「グレイ・ペインティング」。
リヒター曰く、グレイという色を「なんの感情も、連想も生み出さない「無」を明示するに最適な色」と表現しています。
今回出品されてるグレイの絵画たちはそれぞれ独特のテクスチャーがあっていつまで見てても飽きない。。。
絵画というよりそういう物体に見えてくるから不思議。

IMG_7889_202206101500393be.jpg

IMG_7891_20220610150040a51.jpg

IMG_7892_2022061015004280f.jpg

IMG_7893_20220610150043814.jpg

IMG_7894.jpg

IMG_7895.jpg

最初の部屋の中央には「窓展」にも出てたガラスの作品「8枚のガラス」(2012)が鎮座。
作品や観客を映し出しています。
リヒターは自身のことを画家ではなくイメージメイカー(Bildermacher)と名乗っていますが、この言葉は言い得て妙というか、彼は絵画における像も、鏡やガラスに映る像もほとんど等価に扱ってる節があります。
彼自身の言葉で言えば「シャイン(Schein)」、つまり仮象、光をそのキャリアで追い求めてきました。
そもそも彼のキャリアのスタートとなったフォトペインティングは写真という像(=Schein)をひたすら絵画に反映させる作業で、「創造」という言葉からは少しズレた試みだったように思います。
展覧会において反射を伴う作品がいくつか出て来ます。
豊島にある恒久作品もいつか観に行きたい。。。

IMG_7878_202206101506463c1.jpg

IMG_7899.jpg

IMG_7897_2022061015064815a.jpg

IMG_7932_20220610150649fdd.jpg

「像」をさらにラディカルに推し進めたのが「カラーチャート」と「ストリップ」のシリーズ。
カラーチャートは画材屋にある色見本が最も美しい絵画だというのが発端で始まり、最終的にケルン大聖堂のステンドグラスに至るまで推し進めた作品群。
今回は「4900の色彩」(2007)が出品されてて、会場によって構成も変化するとのこと。
「ストリップ」は1990年に描いた抽象画をコンピューターで解体していき出来上がった像。
最終的に10mにも及ぶ長いストライプ状の「絵画」。
「絵画」と言っても画家の手ではなくプリントアウトによって出来上がってるもので、めちゃくちゃラディカル。
この作品は冬に大阪のヴィトンでも観ました。

IMG_7890.jpg

IMG_7925_20220610152119c2a.jpg

IMG_7926.jpg

そしていよいよ「ビルケナウ」。。。
2014年に完成した今作は、リヒターが半世紀以上にも及ぶ長いキャリアの末にたどり着いた一つの境地といっても過言ではないでしょう。
彼はナチスが政権を担う1年前の1932年にドレスデン郊外に生まれ、その後叔母を強制収容所で亡くし、叔父も戦死、ドレスデン爆撃の際は13歳。
彼は戦争をリアルに体験した世代です。
その後もドイツが東西に分裂する最中、1961年、ベルリンの壁が築かれる5ヶ月前に東ドイツを抜け出し西ドイツに入って、デュッセルドルフアカデミーに入学します。
この辺のことは昨年公開された映画「ある画家の数奇な運命」でも描かれていましたね。
アドルノの「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である。」という言葉は彼の中でも通奏低音のように響きます。
実際1986年のベンジャミン・ブクローとの対談でも「ドイツ、あんな過去をもったドイツでは、なにも生まれるはずがないと思っていた。」と述べています。
それでも1962年から始まったフォトペインティングでは、死んだ叔母や叔父の写真を描き写したり、爆撃機の写真を描いたりと戦争にまつわる絵画をいくつか制作したり、ナチスの安楽死政策に主導的役割を果したヴェルナー・ハイデの写真を描いた『ハイデ氏』(1965)という作品も描いています。
その後も1988年にはドイツ赤軍のテロリストたちを描いた「1977年10月18日」の絵画群や、ドイツの国会議事堂に掲げたドイツ国旗を表す黒・赤・金の作品など、ドイツの歴史に纏わる作品を定期的に制作してきました。
そのキャリアの中で何度も試みては挫折していたのがアウシュビッツという主題。
彼の中でこの主題は大きな十字架として背負い続けていたものでした。
そしてついにその時が訪れました。
制作された4枚組の大作は、アウシュビッツ内でゾンダーコマンドと呼ばれるユダヤ人捕虜の中から選ばれたガス室と火葬場の運営を任された人物が命がけで撮った4枚の写真が元になっています。実際その後この人物は収容所で殺害されているそう。。。
ジョルジュ・ディディ=ユペルマンの著書「イメージ、それでもなお」に収められたこれらの写真がきっかけになったと言われていますが、実際リヒター自身はこれらのうちの何枚かを60年代に手に入れていたのが彼のイメージソースを示す「アトラス」に示されています。
当初この4枚をフォトペインティングの要領で描き写していたのですが、途中からその上を覆うように絵の具が被さり、元の図像が分からなくなるまで絵の具が覆いかぶさりました。
タイトルがなければこの絵がアウシュビッツをテーマにしているなんて分からないでしょう。
それでもこの絵を前にすると、まるで絵の具が瘡蓋のように見えてきます。
他のアブストラクト・ペインティングとの違いはその色の少なさにもあります。
この絵には黒・白・赤・緑の4色しか使われていません。
先ほどのカラフルなのとは全く異質。
あのカラフルな画面はきっとこの絵を描いたことで荷が下りての開放感だったのかな。

アウシュビッツで起きたことは人類史の中でも癒やしようのない傷です。
それに並ぶのが広島、長崎への原爆投下でしょう。
但しこの二つが違うのは、前者は「隣人」が「隣人」を大量殺戮したという事実です。後者は圧倒的他者による殺戮。
この「隣人殺し」はドイツ人にとって永遠に克服不可能な課題。
このことは、日本人における、例えば関東大震災直後に起きた朝鮮人虐殺や南京大虐殺に当てはまるでしょう。
タイトルこそ「ビルケナウ」ですが、それぞれの国の加害性を突きつける作品だと思います。
奥の壁を大きなグレイの鏡が架けられていて、「己を見よ」と言わんばかり。
2016年にリヒターの故郷ドレスデンの美術館で初公開された当初はただ「アブストラクト・ペインティング」というタイトルだったのが、次のバーデンバーデンでの展示で「ビルケナウ」にタイトルを変更。
徐々に今の形のインスタレーションと化していきました。
そしてこの絵画群の前には全く同じ大きさのデジタル複製画がかかっていて余計混乱します。
複製画は1枚の絵画に対して4等分され十字に切られているのも謎。。。
歴史という主題と、前述した像の問題を多く含んでいて、一筋縄ではいかないインスタレーションとなってます。
「ビルケナウ」に関しては、図録に収録されてるベンジャミン・ブクローの論文や美術手帖2022年7月号の西野路代さんの文章を読むとより理解が深まるのでぜひ読んでほしいところです。
あと、もしかしたらリヒターは人間の目以外のものも想定して描いたのでは、とふと思ったり。
例えば近年古典絵画のX線鑑定がしきりに行われていて、最近もフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」に描かれていた天使の絵が後年になって塗り潰されていたのを発見して修復されたりしていましたよね。
将来X線でこの作品を見れば下の強制収容所のフォトペインティングも露わになったりして。
等々想像は膨らむばかり。
いやはや脳が追いつかない。。。この部屋最後にして欲しかったな。。。

IMG_7901_2022061015440977b.jpg

IMG_7903.jpg

IMG_7906_20220610154412393.jpg

IMG_7910.jpg

IMG_7913.jpg

IMG_7911.jpg

ヘロヘロの状態で後半。。。
フォトペインティングや抽象やらまだまだ色々出てくるんだけどちょっと入ってこない。。。泣

IMG_7917.jpg

IMG_7918_2022061015464723d.jpg

IMG_7919.jpg

IMG_7923_20220610154650af1.jpg

IMG_7924_20220610154651177.jpg

IMG_7927.jpg

IMG_7928.jpg

IMG_7931_20220610154656cc1.jpg

IMG_7936.jpg

さらに後半。
60年代に描かれた「ルディ叔父さん」や「8人の女性見習看護師」の写真バージョンや映像、オイル・オン・フォト、ラッカーを使った「アラジン」シリーズ、そして最新のドローイング等実験的な作品が所狭しと並ぶ長い廊下。
ちょっとどれもピンと来なくて正直尻つぼみ感が。。。
これ順路逆にした方が良かったのでは??と思うんですがどうなのリヒターさん!

IMG_7938.jpg

IMG_7940_20220610155347675.jpg

IMG_7942.jpg

IMG_7943.jpg

IMG_7945.jpg

IMG_7949_202206101553546e4.jpg

IMG_7947_20220610155353fde.jpg

IMG_7951.jpg

IMG_7952.jpg


さらに今回常設でも東近美所蔵のリヒターが何点か出てます。
本展でも出てるスイスのシルス・マリアの風景が印象的。
ここはニーチェ所縁の土地で、ハンス・ウルリッヒ=オブリストが1992年にリヒターの個展を企画してから、リヒターにとってもお気に入りの場所になったようです。
このことはユリイカ2022年6月号の杉田敦さんの文章に詳しく書かれています。
赤い抽象画もめちゃいい。
写真作品はやや謎でした。。。

IMG_7976_20220610155816283.jpg

IMG_7982.jpg

IMG_7981.jpg

IMG_7978.jpg


今回の常設は正直いつもよりパッとしないけど、リヒターに因んでドイツ所縁の作家(ベッヒャー、バゼリッツ) や会田誠の作品が観られたのは良かった。会田さんのやつ、元はビールケースに置かれてたように思うんだけど。。。
あと新収蔵のボナールの特集展示も。

IMG_7977.jpg

IMG_7984.jpg

IMG_7975.jpg

IMG_7970_20220610160253d3a.jpg

IMG_7973_202206101602546f0.jpg

IMG_7974_20220610160256aa3.jpg

東近美のリヒター展は10月2日まで。こちら
まだまだ会期あるのでリピートしたい。
その後は10月15日から豊田市美術館に巡回。こちら
今回の展示やや消化不良なので豊田市美の展示も楽しみ。行かねば。
さらに現在3箇所でリヒター作品観れます!合わせてどうぞー!
モネからリヒターへ―新収蔵作品を中心に @ ポーラ美術館
自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで @ 国立西洋美術館
ゲルハルト・リヒター Drawings 2018-2022 and Elbe 1957 @ WAKO WORKS OF ART


蛇足ですが、、、
今回の平林奈緒美さんによるフライヤーが個人的にイマイチ過ぎて。。。
HYKEやARTS&SCIENCEのグラフィック担当されてる方だけど、英語との相性は良くても日本語との相性は良くない印象。。。
カタログもどうなることやらと思ってたらこちらは須山悠里さんによるデザインで素敵!!
マーク・マンダースや昨年の写真美術館の新進作家展のカタログデザインされた方なんですね。さすが。
下の写真のは会場限定のデザインらしいので是非展覧会行ってゲットしましょう。

IMG_8248.jpg

IMG_8220.jpg

横手太紀「even a worm will turn」@ parcel

IMG_7584.jpg

IMG_7583_20220603150604b0a.jpg

IMG_7570.jpg

IMG_7573_20220603150607bc0.jpg

IMG_7572_2022060315060965c.jpg

IMG_7578_2022060315061060d.jpg

IMG_7579_20220603150612ced.jpg

IMG_7574_20220603150700984.jpg

IMG_7576_202206031507023fd.jpg

IMG_7581_20220603150704329.jpg

先月の「惑星ザムザ」で最も気になったのが横手大紀さんでした。
その彼の個展が馬喰町のparcelでやってると聞いて行ってきました。
このギャラリーの入ってるまるかビルも4月にオープンしたばかりのアートコンプレックスビルで、気になってたのでちょうど良かった。

横手さんは1998年生まれで現在藝大の彫刻科の大学院生。若!!
この若さでこの作品のクオリティは凄い。
今回の個展を拝見して、ザムザの展示はサイトスペシフィックなものでないとわかって衝撃。
ブルーシートが蠢く作品も、スマホに映った埃の作品も場所に合いまくってたので。。。
ああいう特異な場所で展示するってなると、大概テンション上がっていつもと違うことやろうとしたりするんですが、いつも通り平熱であの展示をやってのけたと思うと末恐ろしい。。。
今回の個展ではザムザで見せてた作品をより鮮明に観せていました。
会場中に物体が蠢きまくってるのでかなりキモいですw
途中横手さん本人が蠢くビニール袋を調整してるの面白かった。。。
スマホに映った埃の作品もとても新鮮。
埃に着目した作家ってデュシャン以外に思いつかないんだけど。
ビニール袋が風で街中を彷徨う映像も良かった。
田中功起さんの「原因は結果」を思い出しました。
床に置かれた壺はよくわからなかった。。。本人いたから聞けば良かった。
白眉は入り口にあった瓦礫のような作品。
一部宙に浮いて回ってるんですが、テグスとかで吊ってるのかと思いきや完全に浮いてるんです!
多分磁石かな。。。
とにかく見所の多い展示。この若さでこれだけ観せられるのマジで凄い。
6月19日まで。こちら

上の階にはNEORT++とCON_というギャラリーが入ってます。
NEORT++はNFTのフィジカルスペース。
NFT、お店で聞かれるんですがほとんどわかりません。。。
ていうか、わかってる人に会ったことすらありません。レクチャー希望。
そんな僕でも知ってるShunsuke Takawoさんの「Generativemasks」が展示されてました。
まあ、実際見てもふーんって感じなんですが。。。
CON_では「界面体」と題したグループ展がやってましたが、カオス過ぎてどれが誰の作品かわからず。。。
そんな中セクシー下着一丁で鏡を舐め続けるやばい人がいたんだけど、以前曳舟で観た小寺創太さんだったw
唯一無二すぎる。。。会期中ずっとやってるのかしら。。。
NEORT++のShunsuke Takawo展は6月12日まで。こちら
CON_の「界面体」展は6月5日まで。こちら

IMG_7590.jpg

IMG_7587_20220603153622dd6.jpg

IMG_7591_202206031536248dc.jpg

IMG_7595_20220603153626413.jpg

IMG_7596_20220603153627fd9.jpg

IMG_7600.jpg


にしてもこのまるかビル凄い。。。
リノベの具合が絶妙。廃墟感漂わせつつ。
このビルだけでも十分面白いので新たなオススメスポットですね。

IMG_7528.jpg

IMG_7602_20220603154045e49.jpg

IMG_7603_20220603154046ced.jpg

IMG_7566_20220603154037237.jpg

IMG_7585_20220603154039022.jpg

IMG_7597_20220603154040101.jpg

IMG_7599_2022060315404248a.jpg

IMG_7601_20220603154043990.jpg


そんなまるかビルを手がけたのが、近くのDDDhotel1階にあるPARCEL。
ホテル入口横の駐車場から入ります。分かりづらい。。。
今は小畑多丘さんの個展が開催中。
画像で見てた時バルーン的なものでできてるのかと思ってた立体作品はガッツリ木の彫刻でびっくりした。
彫刻の横に敷かれてた絵も小畑さんと思ったらギャラリーの人が慌てて片付け始めたので違ったw
ガラスに描かれたドローイングもかっこよかった。ホテルにもあります。
6月26日まで。こちら

IMG_7554.jpg

IMG_7556.jpg

IMG_7557.jpg

IMG_7558_20220603154846088.jpg

IMG_7562.jpg

IMG_7563_20220603154850923.jpg

IMG_7564.jpg


さらに同じ馬喰町にあるギャラリーαMへ。
ちょうど高柳恵里さんの展示がやってた。
豊田市美の千葉真智子さんをゲストキュレーターに迎えて、「判断の尺度」をテーマに一年かけて開催する企画の第一弾。
高柳さんの作品は、日常の物体から意味を引き剥がすような作品だけど、今回特に難解だったw
最後までこれは一体。。。という空間で唖然としました。。。
2017年に発行された作品集が買えたのはよかった。
6月10日まで。こちら

IMG_7604.jpg

IMG_7605_202206031557593b8.jpg

IMG_7607_20220603155801491.jpg

IMG_7609_20220603155802f29.jpg

IMG_7611_202206031558043ec.jpg

IMG_7612.jpg

IMG_7613_202206031558078de.jpg


最後は所変わって両国のGALLERY MoMoへ。
来月うちの店で展示して頂く大坂秩加さんが参加してるグループ展が開催中です。
「In Those Days」というタイトルで、4人の女性作家の作品が展示されてます。
タイトルでも示されているように、どの作品もどこか懐かしいような時代がわからなくなるような不思議な作品ばかりでとてもよかった。
どの作家も顔がない人間像を描いていたのも印象的。
最初の大久保如彌さんの超絶細かい装飾的な画面はマティスを思わせてくれて個人的には大ヒット。
朴愛里さんの版画作品も観ていてえも言えぬ感情になりました。
大坂さんも相変わらず不穏な雰囲気で、細部の描き込みがまたエグくて最高。
絵画内に登場するワンピースが実際かけられてるのもギョッとします。
奥の部屋の小作品も訳がわからなくて最高でしたw
6月25日まで。こちら

IMG_7532_202206031606218fe.jpg

IMG_7533.jpg

IMG_7535.jpg

IMG_7537.jpg

IMG_7538_20220603160627acf.jpg

IMG_7539_20220603160628da1.jpg

IMG_7540_2022060316063081d.jpg

IMG_7542_20220603160631f1c.jpg

IMG_7546.jpg

IMG_7549_20220603160634f0d.jpg

静岡おでんPARTY終了&新メニュー

IMG_7240.jpg

28日の土曜日、無事静岡おでんPARTY開催できました!
お越し頂いた皆様誠にありがとうございました。
昨年は予約制でしたが今年は予約不要にしたところ、なんと開始5分で席は埋まり、スタンディングにまでなりました。。。
怒涛のスタートラッシュの中早々になくなるネタもあったりでしたが、後半ゆったりでした。
一昨年の第一回もスタートラッシュがエグくて死にましたが今年も再演でした。。。
また次回も開催できたらと思います。


本日より新メニュー追加です。
お酒は養命酒から出たクラフトジン「香の森」。
クロモジをメインに風味づけされてます。
養命酒からジン!?ってなりましたが、考えたらハーブを知り尽くしてる会社。
ジンとの相性は抜群でした。
BBA定食はコーンライス、冷しゃぶ梅肉和え、赤だし、無限ピーマン、インゲンの胡麻和えです。

IMG_7001_2022053011393566a.jpg

IMG_6996.jpg


そしてこれからの梅雨の季節に重宝する傘立てが入りました。
アルミ作家の永瀬二郎氏によるもの。
傘立て、ずっとかっこいいの探してたので嬉しい!

IMG_6896.jpg


暑くなってまいりましたがクールビズで元気にお待ちしてます!
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2022.07.12-10.30
鈴木大拙展 Life=Zen=Art @ ワタリウム美術館

・2022.07.16-09.04
とある美術館の夏休み @千葉市美術館

・2022.07.16-10.16
「ジャン・プルーヴェ」展 @ 東京都現代美術館

・2022.08.10-11.07
李禹煥展 @ 国立新美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

・2022.08.27-12.18
第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界 2nd SEASON “QUEST” @ SHISEIDO GALLERY

・2022.08.18-26
劇団チョコレートケーキ「追憶のアリラン」@ シアターウエスト

・2022.08.29-09.04
劇団チョコレートケーキ「ガマ」@ シアターイースト

・2022.09.02-04
MUM&GYPSY「cocoon」@ 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

・2022.09.01-11.23
柳宗悦と朝鮮の工芸 陶磁器の美に導かれて @ 日本民藝館

・2022.09.03-10.30
装いの力―異性装の日本史 @ 松濤美術館

・2022.09.30-11.27
岡山芸術交流2022

・2022.10.01-2023.03.05
時を超えるイヴ・クラインの想像力 ―不確かさと非物質的なるもの @ 金沢21世紀美術館

・2022.10.07-11.13
Scape on Wonder 内海聖史 @ Artstay maison FUWARI

・2022.10.07-11.13
はじめての牛腸茂雄。 @ ほぼ日曜日

・2022.10.07-2023.01.22
野口里佳(仮称) @ 東京都写真美術館

・2022.10.08-12.18
川内倫子展 @ 東京オペラシティ アートギャラリー

・2022.10.15-2023.01.29
ゲルハルト・リヒター展 @ 豊田市美術館

・2022.10.22-2023.01.09
すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合 @ 国立国際美術館・大阪中之島美術館

・2022.10.22-2023.01.22
内藤 礼 すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している 2022 @ 神奈川県立近代美術館葉山館

・2022.12.01-2023.03.26
六本木クロッシング2022展 @ 森美術館

・2022.12.17-2023.03.05
交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー @ 東京都庭園美術館

・2022.12-2023.06
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ @ 東京都現代美術館

・2023.01.13-04.02
生誕100年 柚木沙弥郎展 @ 日本民藝館

・2023.01.18-03.26
泉太郎展 @ 東京オペラシティ アートギャラリー

・2023.01.26-04.09
エゴン・シーレ展(仮称) @ 東京都美術館

・2023.02.25-05.14
戸谷成雄展 @ 埼玉県立近代美術館

・2023.03.20-06.04
ヘザウィック・スタジオ展:共感する建築 @ 森美術館

・2023.04.27-08.20
マティス展 Henri Matisse: The Path to Color @ 東京都美術館

・2023.12.09-2024.03.10
横浜トリエンナーレ2023 @ 横浜美術館、プロット48

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2022.05
ピナ・バウシュ 「春の祭典」@ Bunkamuraオーチャードホール

QRコード
QR