FC2ブログ

渡邉洵「リュウの首を補完する」@ 四谷未確認スタジオ/「 EDITION BOX -VIDEO WORKS as MATERIAL-」@ HIGURE 17-15 cas

EMipIE0UwAInYs2.jpg

昨年のクリスマスにTwitterで流れてきた都内のオルタナティブスペースマップ。
こんなにあるんや!
この中で行ったことあったのはオンゴーイング駒込倉庫ASAKUSAのみ。
まだまだ奥深いぜTOKYO!

ということで、店から一番近い四谷未確認スタジオに行ってきました。
名前からして怪しい笑
到着して衝撃!銭湯!
IMG_9998.jpg

そう、元銭湯を自分たちで改修したスペース。
改修といってもSCAIのように、ガチガチにホワイトキューブにしてないゆるい感じがいい。
男湯はサロン、女湯はギャラリーです。
サロンの下駄箱もそのままギャラリーや本棚になってたり。
下駄箱にはなぜか古道具もあって、いくつか買ったら土囊袋で渡されました笑
女湯では渡邉洵の個展がやってました。
いわきの石炭化石館から炭坑夫が抜け出してきて、200キロくらい歩いて上野の国立科学博物館に行くという映像と、石炭と塩で描いたでかい絵画が展示されてます。
映像のタイトルが「Eureka」となっていて、これはアルキメデスが風呂に入ったとき、浴槽に入ると水位が上昇することに気づき、上昇した分の体積は彼の体の水中に入った部分の体積に等しいとわかり、"Eureka! Eureka!"と2回叫んだというエピソードからきてるらしくて、映像の最初と最後に風呂場のシーンがあります。
この展示は終わっちゃったけど、結構定期的にやってるようです。
ウェブサイトもあるけど更新されてないのでTwitterで確認するのが一番。
スペースとしてめちゃくちゃ面白いのでオススメ。四谷三丁目駅からも近い。入場料500円。
サロンは土日のみ緩くやってるそうです。ビールなんかも出るみたい。
IMG_0010_20200302155614224.jpg

IMG_0009.jpg

IMG_0004.jpg

IMG_0006.jpg

IMG_0007.jpg

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg


そしてもう一つ、日暮里にあるHIGURE 17-15 casへ。
IMG_9863.jpg

ここでは「EDITION BOX -VIDEO WORKS as MATERIAL-」という展示がやってました。
これがめちゃくちゃ面白かった!
映像をどうやって売るかというのがテーマになってる展覧会で、映像ってそもそもモノではないから、売るときにデータになっちゃうわけだけど、それだと味気ないし作品感がないので、映像作家は箱とか仕様とかをめちゃくちゃ凝ったりしてるんですよね。
映像作家の友人とかもいるし、なんとなくそれは知ってたのだけど、実際こうやって、コレクターの人に渡す前の状態をこれだけの数見られるのはとても新鮮。
中には宝箱みたいになってるのや、本のようなもの、いろんな仕掛けがある。
中でも面白かったのが、ファミコンになってる映像作品。
そうか、これも映像だったのかという気づきと、実際操作できることの楽しさ。
まあ、操作といっても、ボタン一押しで落ちるマリオやすぐに積んじゃうテトリスとか笑
お話聞くと、実際映像作家さん自身どうやって売るかを悩んでる人が多いらしく、今回の展示は映像作家さんたちが他の作家さんがどうしてるのかを知る機会でもあって、来場者の多くが映像作家さんなんだとか。
3/3までやってるので興味ある人はぜひ。

上野の美術館からSCAI経由で歩いたんだけど、このエリアって色んな不思議なお店があって楽しい。
途中で岡倉天心の生家跡地があって拝んできました。
IMG_9862.jpg

また色んなオルタナティブスペース回りたい所存です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.20
「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」ライアンガンダーが選ぶ収蔵品展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2021.04.20-06.13
― リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント ― フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる @ 松濤美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.17-09.20
加藤翼 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.02.02-03.21
Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― @ ⼤阪中之島美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

QRコード
QR