FC2ブログ

岡山芸術交流2019「もし蛇が」@ 岡山市内

IMG_5329.jpg

IMG_5355.jpg

IMG_5359.jpg

IMG_5369.jpg

IMG_5368.jpg

IMG_5375.jpg

IMG_5379.jpg

IMG_5387.jpg

IMG_5394.jpg

IMG_5400.jpg

IMG_5397.jpg

楽しみにしていた岡山芸術交流に行ってきました。
何と言ってもピエール・ユイグがアーティスト・ディレクターですからね。
もうこの時点で期待MAX。
前回のリアム・ギリックも素晴らしかったけど。

岡山芸術交流2016「開発」@ 岡山市内

そして発表されたタイトルが「もし蛇が」。
想像の斜め上行くわけわからなさすぎるタイトル笑
もう行くっきゃありません。
事前にある程度どんな感じか美術手帖の記事をいくつか読んでました。

緩やかにつながるアート。ピエール・ユイグがディレクションする「岡山芸術交流2019 IF THE SNAKE もし蛇が」が開幕
ピエール・ユイグが岡山芸術交流で目指すもの。「超個体(スーパーオーガニズム)」とは何か?
なぜ「IF THE SNAKE」なのか? ピエール・ユイグに聞く「岡山芸術交流2019」に込めた意図

で、早速総合的な感想ですが、

「わけわからん!!最高!!」

です笑
こんな展覧会観たことありません。
こんなものが日本で観られるなんて。
多分他の国でもここまでのものは観られないでしょう。
ただ、ほとんどの人にはお勧めできません笑
攻めすぎ!ある意味あいちより攻めてる!
上に写真載せてますが、もはやどれが誰の作品とかはどうでもよくなる。
どの作品がどうとかいう批評はこの展覧会では全くもって無力です。
互いの作品同士が干渉しあって、ぐちゃぐちゃに混ざり合う。
もう、この感覚は本当に最高。
一応キャプションもありますが、途中からもう見ませんでした。
やっぱりユイグはすごいなぁ。泣きそう。
ここ最近あいちのこともあって、美術業界内で「連帯」とかいう単語が飛び交ってますが、そもそもアーティストなんてそれができないからアーティストなんじゃないの、って思うんですよね。少なくとも僕はその言葉聞くだけで吐き気がします。
その点この岡山では「ただ共にある」という押し付けもない本当に清々しいと言っていいぐらいの在り方を見せられた気がします。
あと、展覧会見てたらわけわからんと思ってたタイトルもしっくり馴染んでくるのが不思議。
作品が生命体のように見えてくるのはすごい。
こういう展覧会の在り方があるのかーと目から鱗落ちまくりました。
アートクラスタは必ず行くべき展覧会です。
会場も固まってるので午前中から見始めれば余裕で観られます。(シネマ・クレールでやってる映像除く)
11月24日まで。こちら


ところで前回、ライアン・ガンダーによって破壊されてた駐車場が修復されてて小さく感動!
IMG_5342_20191102173413874.jpg


そして、芸術交流ではないですが、岡山県立美術館でやってる熊谷守一太田三郎の展覧会が素晴らしいです。
熊谷の絵改めて観ると本当に不思議な絵。
あの独特の輪郭線、描いてるんじゃなくて、避けて塗ってるんですね。
そして太田三郎、前から好きだったけどまた好きになった。カタログ買いました。
津山に住んでらっしゃるんですね。
ってか、この美術館前回も参加してないんだけど、なんか確執でもあるんだろうか。。。
オリエント美術館すら参加してるのに。。。
大原美術館でやってる黒宮菜菜の展示も観たかったけど力尽きました。。。

IMG_5360.jpg



蛇足。(蛇だけに)
岡山行かれる方にお勧めご飯情報。

味司 野村
讃岐の男うどん
カフェ キツネ ロースタリー

ご当地の「デミグラス丼」が食べたい人は野村へ!
岡山で讃岐うどんってって思うかもですが、男うどんうますぎ。
そして最近できたおしゃスポットカフェキツネ。
芸術交流会場の旧福岡醤油建物のすぐ近くです。
隣は近代名作家具を扱うGALLERY SIGNさんが!

IMG_5341.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.02.20-05.30
コンスタブル展 @ 三菱一号館美術館

・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.13
驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で @ 世田谷美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.17-08.06
Lost in Pandemic ――失われた演劇と新たな表現の地平 @ 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

・2021.04.03-06.27
Artists’ Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館

・2021.04.10-09.26
最後に @ museum as it is

・2021.06.05-08.29
「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界」@ 資生堂ギャラリー

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.06.26-08.09
「アイヌの装いとハレの日の着物 @ 松濤美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.10-18
劇団チョコレートケーキ「一九一一年」@ シアタートラム

・2021.07.17-09.20
加藤翼 縄張りと島 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.18-2022.03.30
「ロニ・ホーン」展(仮称)@ ポーラ美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.16-2022.01.23
戸谷成雄展 @ 市原湖畔美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.23-12.12
白井晟一 入門 第1部 @ 松濤美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.01.04-01.30
白井晟一 入門 第2部 @ 松濤美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.02.02-03.21
Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― @ ⼤阪中之島美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

QRコード
QR