FC2ブログ

青木淳 @ taro nasu bambi


大阪に出来たばかりのtaro nasu bambiにて青木淳氏の展覧会がやってた。
そもそもここの内装は青木さんが手がけていてちょっとした話題に。
内装自体は、木毛セメント板を白く塗って張り合わせられた壁と真ん中には可動式の柱。展示によって配置を変えられる仕組み。でも正直邪魔なような・・・。
今回はこの壁の延長線上としての光のオブジェを制作。白い空間でとても綺麗。
ところで青木淳氏。東京のルイヴィトンの建築で有名ですが、どうもこの人建築家というより内装デザイナーといった方がしっくりくるような気が個人的にする。ヴィトンに関してもモアレを引き起こすパターンをガラスにプリントされてるデザインなわけだけど、それってウインドウディスプレイって感じがするし。
最近の注目作はなんといっても青森県立美術館。先日行ってきました。こちらに関しても外装は正直大したことなく。三大丸山遺跡との関係性とかコンセプトはわかるんだけどね。内装は色々趣向が凝らされてました。土壁とか土の床とか、超無機質なトイレとか。ってことで写真でお届け。

劇的な夕焼けと美術館。んー、外観普通・・・


恒例のトイレ。白い・・・異常な白さ。


美術館のトレードマーク。暗くなると電気がつく。


点灯前。


点灯後。


夕方に行くのが1番いいです。
あと内部空間白すぎて既に汚れが目立ってました・・・メンテナンス大変そう。
やっぱこの人内装はいいと思う。今回のtaro nasuもよかったし。taro nasuは青森の延長線上にあるとかで、確かに青森ではレンガが白く塗られてました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.11.02-12.28
目 非常にはっきりとわからない @ 千葉市美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2019.10.25-2020.01.01
Anish Kapoor @ CAFA Art Museum | Imperial Ancestral Temple

・2020.01.11-03.22
白髪一雄展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.01.16-03.22
増田信吾+大坪克亘の個展「それは本当に必要か。」 @ TOTOギャラリー・間

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.04-06.14
ヤン・ヴォ―展 @国立国際美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2020.05.14-08.09
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2020.07.03-10.11
ヨコハマトリエンナーレ2020 @ 横浜美術館、プロット48

・2020.09.25-12.20
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.01.16-03.07
ボイス+パレルモ @国立国際美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR