FC2ブログ

ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ @ DIC川村記念美術館

IMG_9860.jpg

平成が終わる前に観覧記事。
4月に観に行ったやつ羅列。

展覧会
ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ @ DIC川村記念美術館
志賀理江子「ヒューマン・スプリング」@ 東京都写真美術館
荒木悠展 : LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ @ 資生堂ギャラリー

映画
「マックイーン モードの反逆児」
「ROMA」
「新宿タイガー」
「ハイ・ライフ」
「ザ・バニシング 消失」

舞台
「毛皮のマリー」

なんか映画をやたら観てますね。
今月からお店が始まったけど案外支障もなく色々見れてます。
まずは展覧会。

何と言ってもコーネル。
川村記念美術館は遠いのであまり行きたくないのだけど笑
内容は行った甲斐があって素晴らしかった。
タイトルにもあるようにコラージュとモンタージュがメインなのだけど、それでも箱の作品も50点と充実の内容。
冒頭のコラージュは面白かった。
箱に至る前にコラージュで力を鍛えていたんだなぁと思わせる内容。
本当にセンスの塊。
箱50点がずらりと並ぶ様は圧巻。
どれも素晴らしい。。。欲しい。。。
あとはデュシャンとの手紙なんかも超貴重!
最後の映像はよくわからなかった。。。
久々のロスコルームも泣きました。
ニューマンルームがトゥオンブリールームになってたけど中途半端感。。。
敷地内はツツジや八重桜が咲いててGWでもお花見が出来ました^^
コーネル展は6月16日まで。

志賀理江子展は中身言っちゃうとネタバレになっちゃうから言えないけど、もっと広い空間で見たかった。
写真がボロボロになるだろうけど、野外のだだっ広い草原とか海岸とかでも良さそう。
写真美術館だとちょっとやっぱ狭かった。
上の階でやってる「写真の起源 英国」も中々面白かった。5月6日まで。
次の宮本隆司展も楽しみ。

荒木悠は期待はずれ。個展よりグループ展で生きる珍しいタイプかも。


今月見た映画は全体的に当たり多し。
マックイーンは期待してたけど期待を上回る内容。
最後は号泣してしまった。。。
マックイーンの貴重な映像や家族や周囲の証言などはもちろん、映像も美しく、ナイマンの音楽も最高。サントラ買っちゃった。
伝説となった1999SSのショーの舞台袖で頭抱えて感動してる無邪気なマックイーンが泣ける。


「ROMA」はNetflixで話題になったアルフォンソ・キュアロン監督作。
冒頭のオープニングシーンで心鷲掴みにされました。
映画が始まらない始まり。
ソフィア・コッポラの「Somewher」もそんな始まりかたで好き。
白黒の映像が本当に美しいし、緻密に計算されたカメラワークも素晴らしい。
惜しむらくは上映時間が長すぎること。
自分がここだろ!ってとこで終わることは稀だけど、今回は3回も肩透かし。
こういう映画は90分ぐらいにまとめてほしい。
にしてもなんでタイトル「ROMA」なん?

「新宿タイガー」は観に行こうか迷った末に観に行って大正解。
ミスター新宿と言っても過言ではない「タイガー」さん。
新宿で見たことない人の方が少ないんじゃないかな。
それほど見た目のインパクトがすごい。真ピンクの出立にタイガーマスク。。。
上映15分ほどであっさりマスク脱いだの笑ったw
見た目とは裏腹にめっちゃ明るいおっちゃん。御齢69歳。
もう50年ぐらいこの格好で新宿をうろついてる。
彼を追うと自ずと新宿の歴史に繋がって、新宿好きとしては見逃せないシーンがいくつか。
特に彼がよく通ってるゴールデン街の元青線の現場を見られたのは嬉しかった。
映画館出て歩いたら即効タイガーさん目撃したw

「ハイ・ライフ」はオラファーがアート監修してるってので観に行ったけどイマイチ。
「2001年宇宙の旅」の劣化版みたいでした。。。

「ザ・バニシング」は1988年のオランダ映画でなぜか今更日本初公開。
キューブリックも震撼したというサイコサスペンス。
脚本もカメラワークもめっちゃうまい。最後は確かに震撼した。
犯人役の人の存在感がめっちゃいい。
最後、地面を舐めるようなカメラワークは本当に怖かった。。。
なんで今まで公開されてなかったんだろう。。。素晴らしかったです。


最後に舞台。
近年樹木希林に市原悦子に訃報が多いので、美輪様がお元気なうちに。。。と思って。不謹慎ごめんなさい。
とは言え実際見るとあと20年ぐらい出来んじゃね?ってぐらい元気w
寺山修司の舞台だけど、前半は完全に美輪さんの趣味。食傷。。。
後半不安になりながら観てたけど、しっかり寺山ワールドになっててよかった。
今まで見た寺山の舞台で一番よかったかも。
美輪様、これからも元気に舞台にお立ちくださいませ!


来月は怒涛の舞台三昧!
令和も宜しくお願い致します!

IMG_7258.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.08.01-10.14
あいちトリエンナーレ2019 @ 愛知芸術文化センター等

・2019.10.13-10.15
藤田貴大「蜷の綿(になのわた)- Nina's Cotton - / まなざし」 @ 彩の国さいたま芸術劇場

・2019.09.14-11.04
DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術 @ 埼玉近代美術館

・2019.09.27-11.24
岡山芸術交流2019 @ 岡山市内

・2019.08.27-12.08
ジャコメッティと Ⅱ @ 国立国際美術館

・2019.09.14-11.10
アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS- @ 神戸市内

・2019.10.24-10.31
地点「ハムレットマシーン」 @ THEATRE E9 KYOTO

・2019.08.10-12.25
加藤泉展 @ 原美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR