スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOBE ART ANNUAL'05


神戸アートアニュアルを観て来ました。
今年のアートアニュアルは「眺めるに触れる」と題し、10人の作家が選ばれ、そのうち3人がなんと我が精華大学の洋画から選ばれました!同年代ということもあり、それぞれの作品を見ながら身の引きしまる思いで鑑賞してました。皆すごいよ
ってことでおこがましくもそれぞれの作品レビュー(50音順・敬称略)
・井野敬裕(1980年生まれ)
携帯が透明のケースにたくさん詰まった作品。
会場のどこかにアドレスが書かれていてそのアドレスに送ると実際にその中のどれかに届くってやつ。これらの携帯がいっせいになったらどうなるんやろ、と想像してみたが作者によるとさすがにすべては契約してないとのこと。そりゃそやね。
この作品自体は好きなんだけど、過去の作品を見るとちょっと一貫性がないっていうか、「気になったもの」というあまりに私的になりかねない危険性をはらんだテーマはどうかなと思われました。
・上野友幸(1982年生まれ)
この作品は僕の中で大ヒットです。
説明がなんとも難しいのですが、とりあえず時間をテーマにした映像インスタレーションと片付けておきます(ぉ
こないだ見た宮島達男と通ずるものがあり面白かったです。
以前にもアートコートギャラリーで彼の作品を見たことがあるんやけど(その時は金魚の入った水槽がぐるぐる回ってる作品)とにかく学生の作品とは思えないくらい完成度が高い!!あんなのどうやって作るんでしょうか…金かかりそう<マタソレカ
時間の話とか中々興味深く個人的にお話してみたかったけど全然話せなかった
・表恒匡(1981年生まれ)
我らが精華洋画のTA(アシスタント)の表さん
反射をテーマに作品を作られてて今回は能面を黒い鏡面状に磨き上げた作品を出品。今までの表さんの作品は作品そのものというより、ホントその反射した像などにピントがあってたのですが、今回は能面という具体的な像の上に反射させるという新しい展開。多分まだ発展段階じゃなかろうかと勝手に解釈してて、そういった具体的な像の上での反射という新しい展開を含んだまた新しい展開につながりそうな予感。この作品そのものというより作品に込められてる可能性にわくわくしました。これからも期待してます。(実はこのブログ本人も見てるらしくて書きにくい・笑)
・金澤麻由子(1981年生まれ)
ウィリアム・ケントリッジを思い出させるパグの絵が動く映像
色合いとかは好きですが、モチーフ選びとかがどうなんかな…
・木下寛明(1980年生まれ)
人の動きに合わせて変化するインタラクティブな映像
こういうメディアアートって正直苦手…(汗)
・田中健司(1981年生まれ)
建物の正面の格子状のファサードを生かした布の作品。
コレ自体はなんかわからんけど、パフォーマンスとの競演は中々。途中で降り出した雨も演出のひとつのようですごかった。
・坪田千佳(1981年生まれ)
我が洋画の院2回生の坪田さん
360度部屋の絵を何枚もの紙を繋げて描いた木炭デッサン。今回は彼女の祖父の家を祖父の視点で一ヵ月半かけて描いた大作。ホントその人の視点に立ったような感覚になれてとても心落ち着く作品です。どこまで描けるのだろうという最初の動機もとても自然でスッと心に入ってくる良い作品です。
・寺島康平(1983年生まれ)
洋画4回で友人のテラ
準備段階から色々知っていたので、今回初めて完成を見て勝手に感動。ホントお疲れ様でした。作品はというと、白い空間に白い正方形。そこには水が張ってあって床には白い粉(石膏?)が。とにかく白い空間で埋め尽くされたインスタレーション。彼の作品の魅力は理論とかなんとかをふっとばしてくれる作品のありよう。なんていうか、ホントものがあるって感じで、難しいこと考えなくなれる快感っていうかそんなものを感じるんですね。ただ奥にあった白い長方形のやつは正直なくてもよかったんじゃなかろうかと。あれがなかったらもっと素直に見れた気がする。でも純粋によかったです。彼とは色々気が合うとこがあって、作品の考え方とかは違うかもしれないけどインスタレーションという形態とかイギリス好きなとことか(笑) イギリスを僕に教えてくれたのは彼です。彼がいなければ今頃どうなってたのでしょうか。この場を借りて感謝です。ありがとう。
・中村浩一郎(1978年生まれ)
すんません、ちょっと理解できませんでした…
・八木良太(1980年生まれ)
彼の作品こそ詩的というものだと思った。
それほど強烈に彼の作品は詩的でステキでした(韻)
氷のレコードを作って実際ターンテーブルで回して溶けていく様を見せたり、黒い画面に黒の英語の文書があってピリオドやコンマとかだけが白く塗られていて星空みたいになってる作品とかホントロマンチックな感じでよかったです。ただ展示をもうちょっとわかりやすくした方がいいかも。説明ないとわかりにくくて損してると思う。

まあ、そんな感じで全体としてはよかったと思われます。
今日は出品作家の座談会があり、3時間にも及ぶ大層なもの。作者の考えとか直接わかってよかったけどやっぱ長かったかも…
あと2週間ありますががんばってください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。