S-House Museum

IMG_4499.jpg

IMG_4500.jpg

丸亀途中に岡山寄るので前から気になりすぎてたS-House Museumへ。
岡山駅からバスと徒歩で約30分。想像以上に遠かった。。。
本当にこんなところに?という場所に本当にありました。

元々個人住宅だったこの建物。なんと設計は妹島和世!
奈義現代美術館の元学芸員である花房香さんが昨年開館させた個人美術館。
困難なアクセスの上に土日のみの開館というハードルの高さ。
しかしそのハードルを越えてでも行く価値がありました。

恐る恐るチャイムを鳴らすと館長自らお出迎え&ご説明。
まずはChim↑Pomの間。
有名なSUPER RATや震災の被災地で撮った気合の映像がお出迎え。

IMG_4502.jpg

IMG_4506.jpg

建物内部は箱の中に箱があるような構造で、周囲をぐるっと廊下が囲む。

IMG_4572.jpg

IMG_4549.jpg

引き戸を開けていくとそれぞれ部屋があって、それぞれ作品が展示されてます。

目「Distribution Works #2017」
IMG_4511.jpg

伊東宣明「生きている/生きていない」
IMG_4512.jpg

高田冬彦「Cambrian Explosion」
IMG_4513.jpg

下道基行「漂う/泊まる」
IMG_4532.jpg

IMG_4536_20170903151703b24.jpg

IMG_4535.jpg

IMG_4534.jpg

毛利悠子「子供部屋のための嬉遊曲」
IMG_4540.jpg

IMG_4542_20170903152156a05.jpg

2階へ。

IMG_4566.jpg

加藤泉「Untitled」
IMG_4554.jpg

IMG_4556.jpg

伊東宣明「預言者」
IMG_4559.jpg

などなど。
現代美術好きならご覧いただいてわかるように、作家のラインナップが旬な作家ばかり押さえてます。
以前に観たことある作品もありますが、ここで展示されるとまた一味違います。
毎年少しずつ展示も変わってるそうです。
最後は奥様からお菓子とドリンクのサービス。至れり尽くせりです。
現代美術ファンなら一度は訪れてみるべき場所だと思います。難易度高めですが。。。こちら
最後は記帳と投げ銭お忘れなく。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR