FC2ブログ

ピーター・ブルック「BATTLEFIELD」@新国立劇場



帰国以来初の東京に行ってきました。
色々目的はありましたが、現地で見つけて思わず駆けつけたのがこのピーター・ブルックの新作です。
ブルックは以前「魔笛」を見て以来ですが、また観てみたいと思ってたのでタイミングが合ってラッキーでした。
今回の舞台は、1985年に発表した伝説の「マハーバーラタ」の続編とも言えるもの。
ただし、「マハーバーラタ」が9時間を超える超大作なのに対して今回はたった70分の舞台。
今回もそぎ落とし方が半端なかった。
舞台装置は布と棒のみ。
この布が川になったり炎になったりミミズになったりと大忙し。
「魔笛」でも竹の使い方が印象的でしたが、観客も想像力を試されているかのような挑発的な演出。
内容も、演劇というか、ストーリーテリングという感じで、演者の演技もこれが演技なのか?と考えさせられる。
棒読みとまでいかないけれど、感情が篭ってるような篭ってないような微妙なテンションが終始続く。
そもそも演技の定義とは?という根源的な問いが湧いてくる。
あとは土取利行さんのジャンベという西アフリカの太鼓の音が印象的。
最後、演者も観客のように座り込み、土取さんの太鼓を聞き入るシーンは、観客と舞台の垣根が超える瞬間を見た気がした。
ひたすら単調だし、特に起伏も感じられないし、終わった後も感動がこみ上げてくるということもないんだけれど、見ながらいろんな思考が巡っていって、この演目の隙間を自分で埋めていかざるをえない演出はやっぱり巧みだと思う。まあ、それがあざといと云う印象もなくはないんだけれど、退屈さは感じずに70分過ごせました。
今年で90歳のブルック。本当にその活発さには感服ですが、彼が生で演出している舞台はできるだけこれから見続けたいなと思いますね。
会場ではこの舞台に合わせたカタログも販売されてて、これまでの軌跡をたくさんのレビュアーがテキストを寄せてるとても充実した内容で思わず買ってしまった。これが2000円なんて安い!
なんとか観られて良かったです。


以下今回の上京で観てきたリスト。

地点×空間現代「ミステリヤ・ブッフ」@にしすがも創造舎
今回の上京のメインの目的がこれ。
「ファッツァー」以来の地点×空間現代。
今回はマヤコフスキーの革命劇です。
これまで何本も地点の舞台を観てきていますが、円形舞台は初めて。
今回もまた大に叫び、大に走り、大いなるエネルギーに満ちた舞台で大満足。

日産アートアワード2015@BankART
ミヤギフトシが圧倒的だった。
あのスペクタクルな空間を諸共しない静謐な世界。
普段なら5分以上ある映像ってほぼ見ないけれど、22分釘付けだった。
ファイナリストになった毛利悠子の作品は、リサーチの方が面白かった。

鴻池朋子個展「根源的暴力」@神奈川県民ホールギャラリー
オペラシティでやってた展覧会が素晴らしかったので期待してたけど、かなり期待はずれだった。。。

鏡―Reflected Images@川崎市民ミュージアム
出てる作家とテーマが気になったのでわざわざ行ったけど、ただただ作品が陳列されてるって感じの展示でがっかり。

Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演 @東京国立近代美術館
なんで今1972年に開催された幻の展覧会を再演するのかと思って観に行ったけど、むしろこの美術館が最近続けている「美術館の裏側」的な展覧会だった。映像作品を保存や修復するのがいかに大変か的な。
確かにそういう美術館の裏側って興味深くはあるんだけど、ひたすら続けられると食傷気味かも。
山中信夫のあの作品が見られたのは良かった。
上でやってる「藤田嗣治、全所蔵作品展示」はすごかった。
ちなみに最近オダジョーがやってる「Foujita」を映画館で見たけれど、B級を通り過ぎてC級な映画だった。

村上隆の五百羅漢図@森美術館
せっかくなのでと思ってみたけど、何を観たらいいのかさっぱりわからなくて15分ぐらいで出てしまった。。。
「観るべきものは何もない」ことを徹底しているとすればすごい。

LABYRINTH OF UNDERCOVER @ 東京オペラシティアートギャラリー
ブルック観たついでに行ったけど相変わらずこのブランドの魅力がわからないまま。
次のサイモン・フジワラ展は非常に楽しみ。

以上。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.02.20-05.30
コンスタブル展 @ 三菱一号館美術館

・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.13
驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で @ 世田谷美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.17-08.06
Lost in Pandemic ――失われた演劇と新たな表現の地平 @ 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

・2021.04.03-06.27
Artists’ Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館

・2021.04.10-09.26
最後に @ museum as it is

・2021.06.05-08.29
「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界」@ 資生堂ギャラリー

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.06.26-08.09
「アイヌの装いとハレの日の着物 @ 松濤美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.10-18
劇団チョコレートケーキ「一九一一年」@ シアタートラム

・2021.07.17-09.20
加藤翼 縄張りと島 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.18-2022.03.30
「ロニ・ホーン」展(仮称)@ ポーラ美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.16-2022.01.23
戸谷成雄展 @ 市原湖畔美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.23-12.12
白井晟一 入門 第1部 @ 松濤美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.01.04-01.30
白井晟一 入門 第2部 @ 松濤美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.02.02-03.21
Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― @ ⼤阪中之島美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

QRコード
QR