FC2ブログ

住吉の長屋 by 安藤忠雄



安藤忠雄作「住吉の長屋」(1976)
安藤を一躍有名にした初期の代表作。
1979年度日本建築学会賞受賞作品。
縦に長いという土地を生かした構造。
もちろん安藤の代名詞「コンクリート打ち放し」はこの頃から。
夏は猛烈に暑く、冬は深々と寒い…。しかも中には中庭があるらしく(not ダジャレ)、雨の日なんかは家の中なのに途中で傘ささないといけないらしい・・・これじゃ「ビフォーアフター」の「ビフォー」じゃん・・・。
安藤曰く、「良い住建築は住人が我慢しないと駄目」とのこと。
それってどうなんやろ・・・って普通に思ってしまうんだけど。
まあ、それでもこの建物を1976年に建ててしまった事実は普通に考えて凄いと思う。今見てもモダン建築。コンクリートは4半世紀過ぎた今でも美しいまま。
ただ、普通に人が生活を営んでる場なんで中までは見れなかったし、全貌がつかみにくくて、本当に良い建築なのかがわかりにくいのもまた事実・・・。

玄関。なんてミニマル・・・。


近隣の家々と比べてもやはりモダン。


横から。洗濯物が生活観を醸し出す。


ところでこの建築、業界内ではすごい有名なんだけど、なんせ個人の住居ってことで住所は一切明かされてないんです。大阪市住吉区ってことだけ。なのでネットで拾ったいくつかの「ヒント」を元に住吉区にとにかく乗り込む。途中住吉大社で「見つかりますように」と神頼み(ぉ なんせ方向音痴なんで見つける自信限りなく0だったんだけど、結構あっさり見つかった。「コンクリート打ち放し」と呪文のように頭で唱えてたら突如現れた。やっぱ他の家々とは異質です。あと、わし以外にも1人観に来てる人がいはった。こんな住宅街にも関わらずそこまで人を引き付けてしまうこの建築の力なのか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.08.01-10.14
あいちトリエンナーレ2019 @ 愛知芸術文化センター等

・2019.10.13-10.15
藤田貴大「蜷の綿(になのわた)- Nina's Cotton - / まなざし」 @ 彩の国さいたま芸術劇場

・2019.09.14-11.04
DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術 @ 埼玉近代美術館

・2019.09.27-11.24
岡山芸術交流2019 @ 岡山市内

・2019.08.27-12.08
ジャコメッティと Ⅱ @ 国立国際美術館

・2019.09.14-11.10
アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS- @ 神戸市内

・2019.10.24-10.31
地点「ハムレットマシーン」 @ THEATRE E9 KYOTO

・2019.08.10-12.25
加藤泉展 @ 原美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR