光の教会 by 安藤忠雄


「目をつぶっても感じる建築」

友人がそう評価した建築を観に茨木市まで。

安藤忠雄作「光の教会」(1989)

生憎の雨。ちゃんと光は見れるだろうか。

訪れたその建物は安藤お得意のコンクリート打ち放し。

とても教会には見えない。

恐る恐る中へ。

十字の光が出迎える。

席に座り目を閉じる。

雨音だけが耳を占める。

瞼の奥に光の記憶。

「静」の持つ躍動感。

ある歌手のある歌を思い出す。

「僕らが見ていたいのは 希望に満ちた光だ」

技術的なことは何もわからない。

でも

そこは紛れもなく崇高な場所。

最近の安東建築では見られないものがここにはある。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR