FC2ブログ

Pierre Labat 'Les Circonstances' @ BIKINI

IMG_8251.jpg

IMG_8255_2.jpg

IMG_8257.jpg

IMG_8265.jpg

IMG_8272.jpg

友人のPierreの展覧会を観にフランスのリヨンまで。

彼と初めて出会ったのは4年前の日本。
フランスが運営する京都のレジデンス機関、ヴィラ九条山にレジデンスアーティストとして彼はやってきました。
彼は日本に来る前に、京都のアートシーンをリサーチしていて、どういうわけか、僕らが当時運営していたstudio90のウェブサイトに行き着いたそうです。
当時京都のギャラリーの中でバイリンガルでサイトを作ってるところはほとんどなくて、僕らのサイトは曲がりなりにもバイリンガルで作っていたので、朧げながらそれがアーティスト・ラン・スペースであるとわかり、さらに僕の知人でPierreの友人でもあるパリ在住のKさんに「studio90って知ってる?」と話が進み、そのことがKさんを通して僕らに届きました。何があるかわかりませんね。
で、ついに来日し、初対面となり、なんとそこでいきなりstudio90でやりたい作品があるとプレゼンしてきたのです!
事前にサイトで彼の作品を見ていて、ものすごくカッコよかったので、僕らとしてはむしろ、ここでいいの?ってぐらい恐縮だったのですが、目をキラキラ輝かせながら話を進める彼を今でも忘れることができません。
それから京都にいる間、僕らは親交を深めました。
しかし、その年、日本を大地震と津波が襲い、さらに原子力事故まで発生しました。2011年3月のことです。
フランス政府は、日本にいるフランス人を半強制的に帰国させ、Pierreたちも例外ではなく、僕らのプロジェクトは幻に終わってしまいました。
しかし、そこからも僕とPierreはメールでやりとりを続けていて、カタログを日仏で送りあったりと、親交を絶やすことなくいたのですが、昨年彼が日本でプロジェクトするというので、僕も参加し、3年ぶりに再会を果たしました。
http://aholicdays.blog118.fc2.com/blog-entry-745.html
そこで、Martialというレジデンスを主催している人とも出会い、僕らは友人になりました。
さらに僕のスイス行きが決まり、今回こうして会って、ついに作品をこの目で見ることが叶いました。そう、僕らはお互いの作品を生で見たことがなかったんです。

そんなこんなで4年越しの想いで、ようやく彼の作品の前に立った時の感慨といったらなかった。
もう、嬉しくて嬉しくて、そして全く期待を裏切らない美しさ。
今回の作品は以前にも発表したことのある作品で、(確か日本から帰国してすぐに発表したもの)写真では見たことあったけれど実物は初。
写真で見るのとは印象が全く違って、その凛とした緊張感のある佇まいがたまらなかった。
最近読んだカントの現象と物自体の関係を思い出した。
カントは僕らは現象しか見ることができないって言ってたけど、僕が目の前にしてるのは、その現象を超えた物自体な気がした。
あたかも平然となんの違和感もなく、そこにあるんだけれど、よく見るとそのねじれは不自然、でも自然。もともと物事はこうなんじゃないかって思えるぐらいの説得力。
やはりものとしてのクオリティがその説得力を支えているんだと思う。
さらに、もう一人の友人Martialがこの展覧会に寄せたテキストが美しかった。
définitionと題されたそれは、辞書からそのまま取ってきた言葉と意味が並ぶ。
démarche(step)/empreinte(mark)/courbe(curve)/espiègle(play)/vide(void)
このBIKINIというスペースは元々グラフィックの人たちが運営しているスペースで、今回のMartialのテキストもそれそのものが作品のようにデザインされていた。
とても小さいスペースだけれど、友人同士の本気が見れて本当に嬉しかった。
Pierreは本当に絵に描いたようにいい人で、作品もものすごくカッコよくて、僕のヒーロー。
これまで友人でいてくれたことに感謝してるし、これからも友人でいてほしい。

Pierre Labat website: http://www.pierrelabat.net
BIKINI website: http://capsule-bikini.com/

途中で別のヴェルニサージュに参加したのだけれど、終わったの夜中の2時。。。
日本みたいに二次会とか三次会とかじゃなく、ずっとその場にいながら。
僕は途中で疲れて退散したのだけど、彼らのエネルギーは見習わなければと思った。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.02.20-05.30
コンスタブル展 @ 三菱一号館美術館

・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.13
驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で @ 世田谷美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.17-08.06
Lost in Pandemic ――失われた演劇と新たな表現の地平 @ 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

・2021.04.03-06.27
Artists’ Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま @ 市原湖畔美術館

・2021.04.10-09.26
最後に @ museum as it is

・2021.06.05-08.29
「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界」@ 資生堂ギャラリー

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.06.26-08.09
「アイヌの装いとハレの日の着物 @ 松濤美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.10-18
劇団チョコレートケーキ「一九一一年」@ シアタートラム

・2021.07.17-09.20
加藤翼 縄張りと島 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.18-2022.03.30
「ロニ・ホーン」展(仮称)@ ポーラ美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.16-2022.01.23
戸谷成雄展 @ 市原湖畔美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.23-12.12
白井晟一 入門 第1部 @ 松濤美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.01.04-01.30
白井晟一 入門 第2部 @ 松濤美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.02.02-03.21
Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― @ ⼤阪中之島美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

QRコード
QR