FC2ブログ

Taipei Biennale 2014

IMG_4094.jpg

台湾最後の記事。
ニコラ・ブリオーのキュレーションする台北ビエンナーレに行ってきました。
ニコラ・ブリオーといえば、パレ・ド・トーキョーのディレクターとしても有名ですが、なんといっても90年代を席巻したアートセオリー「関係性の美学」の著者。そんな彼がこの台北でどんなキュレーションをするのか非常に楽しみにしていました。
それにしても、日本はいつまで国内人だけでビエンナーレトリエンナーレをまわしていくつもりなんでしょうか。お隣の韓国も台湾もとっくの前から各国のキュレーターを呼んできて革新的な展覧会を開催しているというのに。。。正直ヨコトリはもう行く気にすらなりませんよ。
あと、この「関係性の美学」もいつになったら邦訳が出るのやら。名前だけが先行している。
韓国や中国では続々と重要書籍が訳されて出版されてます。やばいなぁ。

それはそうと台北ビエンナーレです。
会場は台北市美術館のみ。といっても1階から3階まで結構なボリュームでした。
なぜかこの日は無料。ラッキー。
タイトルは「THE GREAT ACCELATION (大加速時代)」。
副題(?)に'A TRIBUTE TO THE COACTIVITY AMONGST HUMANS AND ANIMALS, PLANTS AND OBJECTS'とついてて、展覧会のタイトルとは思えない不思議な雰囲気。
どうやらブリオーは人間中心と批判されてきた自身の「関係性の美学」を大きく刷新しようとしている模様。
実際「関係性」を感じさせるのは冒頭のブラジルグループOPAVIVATA!の作品や、Surasi Kusolwong の毛糸の山から、金のネックレスを捜すインスタレーションぐらい。

IMG_4152_2014092721414547a.jpg

IMG_4162.jpg


大加速時代を物語るのに「労働」というキーワードがあって、それを示唆するのが台湾の作家Po-Chin Huangの服をひたすら清算してる作品と、同じく台湾のHung Chin Pengの3Dプリンターで船を造ってる作品。

IMG_4093.jpg

IMG_4144.jpg

IMG_4146_20140927214601933.jpg

IMG_4148.jpg

人間の営為の空しさを感じたのはイギリスのRoger Hironsの飛行機のエンジンを粉々に砕いて床に敷き詰めた作品と、シマブクの亀師匠(笑)、それからMika Rottenbergの謎の行為をひたすら繰り返す映像。これは麻薬感があってずっと見ちゃう。

IMG_4204.jpg

IMG_4172.jpg

IMG_4170.jpg

IMG_4224.jpg

あと不思議な進化を遂げた生き物の骨を展示したChun Teng Chuや、猿の惑星のような猿人がひたすら何か喋ってるNathaniel Mellorsのインタビュー映像なんかも今回のテーマに合ってたと思う。

IMG_4214.jpg

IMG_4114.jpg

全体的に、美術館の空間を大幅に変更するような規模の大きい作品が多かったのも特徴的。特にJonah Freeman & Justin Loweの作品は、地図からもはみ出る程美術館の内部を侵略しててすごかった。

IMG_4176.jpg

IMG_4182_20140927215316a1b.jpg

IMG_4188.jpg

まあ、こんなとこでしょうか。
正直展覧会としてそこまでおもしろいものではなかったけれど、キュレーションを読み解いていく楽しさはやっぱりありましたね。
現在韓国で開催中の光州ビエンナーレも気になるところですが、これはさすがに行けない。
最近世界的にビエンナーレトリエンナーレが改めて活気づいてる気がする。
それはやはりスターキュレーターの台頭が大きいですよね。
来年のヴェニスやインスタンブールなんかも気になります。
日本も早くこの世界的な潮流に乗っかってほしいところですがどうなんでしょう。

台北ビエンナーレは来年の1月4日まで。http://www.taipeibiennial2014.org
ブリオーのインタビューはこちら
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.09.14-11.04
DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術 @ 埼玉近代美術館

・2019.09.27-11.24
岡山芸術交流2019 @ 岡山市内

・2019.08.27-12.08
ジャコメッティと Ⅱ @ 国立国際美術館

・2019.09.14-11.10
アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS- @ 神戸市内

・2019.10.24-10.31
地点「ハムレットマシーン」 @ THEATRE E9 KYOTO

・2019.11.01-30
山元彩香「organ」@ void+

・2019.08.10-12.25
加藤泉展 @ 原美術館

・2019.11.02-12.28
目 非常にはっきりとわからない @ 千葉市美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2019.10.25-2020.01.01
Anish Kapoor @ CAFA Art Museum | Imperial Ancestral Temple

・2020.01.11-03.22
白髪一雄展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR