FC2ブログ

Anish Kapoor @ Lisson Gallery



リッソンギャラリーの2会場を使いカプーアの展覧会が行われていました。
そしてこの展覧会・・・僕の今年のベスト3に確実にランクイン・・・。
マジでよかった・・・鳥肌もの。カプーア天才。ってか神。
えっと、まず第一会場ではお馴染みリフレクションの作品郡。
最初の作品は、いくつも自分の像が反射して映ってて、左右に移動すると、その反射した像がまるで円を描くような動きをするなんとも不思議な作品。リフレクションシリーズでもこういうのは見たことなかったので新鮮でした。
隣の部屋ではメタリックな塗装を施された彫刻と、マットな仕上げのものが置いてた。特に後者は遠近感が失われる・・・って書いてても実際本人が体験しないとわかんないですね・・・記述表現不可。
そして鏡面のゆるいおわん型作品。去年SCAIでの展覧会完全に逃してしまったので見れてよかった。行った先輩が像が反転する瞬間がやばいんだよーって言ってたのを実際体験。遠くから見るとスプーンに映った像と同じく反転してるんですが、近づくといきなりグルンって像の上下が普通になる!これは本当にびっくり!何が何だかって感じで近づいたり遠ざかったりをくり返してました。
で、1番大きな部屋では上の画像の大きなカーブを描いた鏡面作品。これまた像の反転がさっきのやつより激しく起こって凄まじかったです・・・やっばいわ・・・
下の階では建築家とのコラボ作品の模型が置いてあった。そのうちの1個が直島だったんだけどどういうことなんですかね・・・新しくできたのかな?今調査中です。
にしてもリッソンかなり力入ってますね。こんなスペース広かったっけ?ってくらいもう全部のスペースを開放しちゃってましたよ。

で、問題はもうひとつの会場です。
これはもう本当に神様を見てしまった感じです。
なんといっても「Past,Present,Future」は圧巻。下写真参照
マテリアルは多分絵の具の類だと思うんだけど、これが真ん中の壁がゆっくり動くことで半球に形作られ、壁には生々しい絵の具の残骸が。そしてこの血の色にも似た絵の具が本当にすごい神々しい印象を放ってました。
芸術とかあまりわからない友達と行ったんだけど、彼ですら感動で言葉が出てませんでした。カプーアの作品は本当に心の深くまでズシンとくる。宗教的とはまた違う何かが。この空間に入った瞬間にもうカプーアの世界にどっぷりといった感じ。この人と去年会って握手したなんて・・・はぁ
これは今ロンドンでやってる1番熱い展覧会です。必見。

GILLIAN WEARING @ Maureen Paley
いつも独特な視点から人間の内面を抉り出すような映像作品を作るジリアン・ウェアリング。今回彼女が選んだテーマは「家族」。自分の叔父と叔母の本当に精巧に作られたマスク(制作に1万ポンドもかかるらしい・・・)を被って成りすましたポートレートと彼女の子供の頃を再現した映像作品。前者はマジで精巧すぎて最初何が何だかわかりませんでした。毛穴とかまで表現されてる・・・。後者は正直文章読んでも100%理解はできなかったんだけど、とりあえず2種類映像があって、1つは子供のジリアンがテレビを見続けてる映像。こっちはまだわかるとして問題はもうひとつの方。実際の番組The Familyという多分ジリアンが子供の頃にやってた番組を再現。実際インタビューアーを招いて、Heatherというこれまたジリアンとはどういう関係の人なのかわからない人の子供時代の話を延々と聞くっていう・・・わからーん。誰か説明してくれ・・・。ってことでちょっと評価放棄です(爆) 彼女の作品ってコンセプチュアルだからやっぱ英語完璧にならんとわからん・・・

RICHARD WILSON @ Barbican Curve
前回から始まったバービカンのカーブを描いた展示室を使った作品を飾るシリーズ第2段はサーチギャラリーの油の部屋でお馴染みのリチャード・ウィルソン氏。どんなすごいものを展示してくれるのかとかなり期待してたらなんのこっちゃない、普通に車を加工しただけの作品。サイトスペシフィックでもなんでもありません・・・期待して損した。まあ、規模はすごいんだろうけどね、最後のキャンピングカーぐるぐる回してたやつとか。でもやっぱこの展示会場を生かせてなかったってのはかなり痛いところ。残念でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 感動した

はじめまして。僕もその作品を見てカプーアのことを知って、とても感動しました。
今では僕の最も尊敬するアーティストの一人です。
彼の作品はどれも神聖を帯びていて、本当にすごいです。日本でも彼の個展やってほしいですね。
こちらの記事に詳しく書いてるのでよかったら読んでみてください。
http://aholicdays.blog118.fc2.com/blog-date-20091006.html

感動した‼

この夏金沢の21世紀美術館に行ってきました\(^o^)/
カプーアの世界の起源という作品が展示されていて今回その作品を見て始めてカプーアという人の存在を知ったのですがとてもスゴかったです!(◎_◎;)うまく表現できないのですが他の展示作品とは異なるオーラがありました。
インド人の血を受け継いでいるからなのか作品から仏教思想を感じました。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.03.20-06.20
マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在 @ 東京都現代美術館

・2021.03.20-06.20
アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話 @ 世田谷美術館

・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.20
「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」ライアンガンダーが選ぶ収蔵品展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2021.04.20-06.13
― リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント ― フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる @ 松濤美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.17-09.20
加藤翼 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

QRコード
QR