作品に見る東アジアの「共通感覚」

topic.jpg

韓国のニュースサイトに展覧会記事が掲載されています。
http://www.mr-e.co.kr/news/articleView.html?idxno=3659
以下google翻訳で訳してみました。。。

作品に見る東アジアの「共通感覚」
韓国、日本、台湾の三国キュレーターと作家の芸術的探求展示オープン

三つの国のキュレーターと作家たちが、東アジアの「共通感覚」に注目した展示が開催されている。

O'NewWall(代表ソジュンホ​​)が22日から12月13日までの安国洞にあるGallery175で「Common Sense of the East」展を開催中。韓国芸術総合学校美術院とパラダイス文化財団が後援する今回の展示は、韓国、日本、台湾のキュレーター3人が選んだ7人の作家の作品が一同に展示されている。

去る19、​​20日にかけて共同企画者、Shanglin Wu(キュレーター兼作家)と原田明和(キュレーター、HRD Fine Art代表)の講演がO'NewWall、トータル美術館で、22日のGallery175で開催されたオープニングには、キュレーターと作家たちが参加したトークイベントが行われた。

展示には、経済的にますます緊密になれど、政治·文化·軍事的には葛藤が高まっている、いわゆる「アジアパラドックス」についての質問や議論の過程を経て作家たちは、東アジアの言説が欠如した芸術的、感覚的な側面を独特の分離した個別な声で表わした作品を発表している。

韓国のLee Wanは台湾のサトウキビ農場を訪問し、直接ひとつまみの砂糖を作る過程を映像とインスタレーションで発表した。実際に台湾は韓国と日本の砂糖を輸出した後に、成長の基盤を形成したとされる。巨大な経済システムが日常に影響を与える制御された社会とそのフィクションに興味を傾けてきたLee Wanの新作「Made in Taiwan」は、日常的に使用される砂糖をめぐる東アジアの経済の浮き沈みと文化史の関連性を思い起こさせる。

森川穣の作品は特に、今回の展示の企画意図を象徴的に表わす。彼は日本各地から集められた雨水がカップを通過して垂直につながり落ちるように作成したインスタレーションを披露した。日本での地域と時期ごとに様々に呼ばれるこの雨水は、作家が用意した様々な形のカップを通り過ぎながら落ちる。展示会場の文脈に移されたこのデバイスは、最終的には雨は水でしかないということを物語っている。

このように、森川は、複数の地域や文化を象徴する多彩なカップを通過する雨水を提示することで、雨水が持つ相互に矛盾的二進的な特性、すなわち、地域的でありながら、脱地域的な二重性を効果的に露出する。



他の作品に対して、かなり地味な作品だったので、そこをちゃんと見てくれて記事にして頂いてるのは本当に嬉しいです。
特にこの展覧会の為に作った作品ではないのですが、こうして文脈が様々に移り変わることが可能だということが改めてわかりました。
雨は局所的に、地面の一カ所に向けて降る、ある種超サイトスペシフィックなものですが、同時にそれは国境もなにもない一続きの空を雲に乗ってやってくる、脱サイトスペシフィックなものでもあります。
そしてそれらは例え韓国であろうがインドであろうがドイツ、ブラジルであろうが、見た目には単なる水。
その超越的存在感に魅かれるんですよね。
また、雨は循環のメタファーでもあり、降っては昇りを日々繰り返しています。
ここ3年程雨の作品を作り続けていますが、まだまだ未知な部分が多いので、探求を続けたいテーマです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR