FC2ブログ

KUNST

さて、こっちのアートに関して書こうかと思う

特に大した感想は正直ない。
先に書いた建築の方が衝撃的だった。
ファインアートに関しては今回の旅はある意味確認作業に近い部分があって、知識を経験にするってのが大きかったし。そしてその知識をあまり上回ることもなかったのも事実かも。でもまあ、ミッテやクロイツブルグのギャラリー界隈の空気を生で感じられたのはよかった。ミッテは非常に残念な感じでしたが。
といってもあまりジャーマンアートというのを意外に見れなかったのも事実。いわゆるドイツ写真とか1枚も見てないし。といっても来る前に日本でドイツ写真の展覧会も見たし、リヒターポルケも見てたから大して痛くもなかった。
と、ここまで書いててなんだかネガティブな感じかもしれないけど総じては良かったです。また是非来たい。
やっぱなんといっても展覧会には恵まれました。
そもそもART FORUMに合わせて来たわけだけど、蔡國強の新作展からレベッカ・ホーンフェリックス・ゴンザレス=トレスの回顧展、ベルリン東京展、SANAAの展覧会までかなり目白押しの内容でした。
特にフェリックス・ゴンザレス=トレスがやってたハンブルグ駅美術館はその規模にびっくり。かなり気に入りました。

あと話には聞いてたけど、こっちの現代美術の取り上げられ方がすごかった。
ライヒスタークの作品群のように、結構現代美術を重要な場所に置いたりする。こういった動きはナチス時代に退廃芸術運動と言ってヒトラーが巨匠たちの芸術を批判する政治をしたことへの反省らしい。日本もこうならんもんかね。
特にチェックポイント・チャーリーのFrank Thielという作家の作品は印象的。ここは東西分裂時アメリカ軍とソ連軍が占領していた場所で、ここを境に分かれていたわけですね。そんな歴史的な場所に現代美術を置くなんてすごい。にしても最初トーマス・ルフかと思ってた。ソ連軍の軍服来た若者の肖像。

あとはナショナルギャラリーのMAURIZIO NANNUCCIという人の蛍光管を使った作品。「ALL ART HAS BEEN CONTEMPORARY」と書いてる。柱邪魔で全部見れないけど・・・

街中にも作品が溢れてる。特にアメリカ作家の作品が多いのが気になりました。
左上から時計回りにオルデンバーグ、キース・へリング、リチャード・セラ、ジェフ・クーンズでございます。セラはさすがやったわ・・・。


そして最後はバルケンホール。素敵過ぎる・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2021.03.20-06.20
マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在 @ 東京都現代美術館

・2021.03.20-06.20
アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話 @ 世田谷美術館

・2021.04.05-06.20
オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所 @ 武蔵野美術大学 美術館・図書館

・2021.04.17-06.20
「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」ライアンガンダーが選ぶ収蔵品展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2021.04.20-06.13
― リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント ― フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる @ 松濤美術館

・2021.04.28-06.27
宇佐美圭司 よみがえる画家 @ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

・2021.05.01-05
マームとジプシー「路上 ON THE STREET」 @ LUMINE0

・2021.04.06-05.16
エントランス・ギャラリーvol.2 清水裕貴 @ 千葉市美術館

・2021.03.27-06.13
段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者@ 熊本市現代美術館

・2021.05.15-06.27
佐藤雅晴 尾行 存在の不在/不在の存在 @ 大分県立美術館

・2021.06.08-09.12
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.06.09-09.06
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 @ 国立新美術館

・2021.06.19-08.15
「10 Mame Kurogouchi」 @ 長野県立美術館

・2021.07.10-09.05
ボイス+パレルモ @ 埼玉県立近代美術館

・2021.07.17-09.20
加藤翼 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

・2021.06.29-09.23
鷹野隆大 毎日写真2001―2021 @国立国際美術館

・2021.08.07-10.17
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- @ 水戸芸術館

・2021.09.18-10.03
Christo "L'Arc de Triomphe, Wrapped"

・2021.09.15-12.13
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2021.09.23-11.03
美男におわす @ 埼玉県立近代美術館

・2021.10.21-2022.01.30
Chim↑Pom展 @ 森美術館

・2020.10.22-2022.03.20
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.10.23-2022.01.23
ホー・ツーニェン展 @ 豊田市美術館

・2021.10.26-2022.02.13
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年 @ 東京国立近代美術館

・2021.11.06-2022.01.23
日本の新進作家 vol. 18 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.09-2022.01.23
松江泰治 (仮称) @ 東京都写真美術館

・2021.11.20-2022.02.23
クリスチャン・マークレー展 @ 東京都現代美術館

・2022.02.02-03.21
松澤宥 生誕100年 @ 長野県立美術館

・2022.07.30-10.10
国際芸術祭「あいち 2022」

QRコード
QR