スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palazzo Vecchio - Gallerie degli Uiffizi - Ponte Vecchio - Palazzo Pitti

image_20130717163407.jpg

image_20130717163413.jpg

image_20130717163431.jpg

image_20130717163443.jpg

image_20130717163432.jpg

image_20130717163804.jpg

image_20130717163737.jpg

image_20130717163802.jpg

image_20130717163755.jpg

image_20130717163814.jpg

image_20130717164101.jpg

image_20130717164102.jpg

image_20130717164114.jpg


フィレンツェはメディチの街と言っても過言ではないぐらい影響がすごい。
特にヴァッキオ宮殿からウィフィツィ美術館、ヴァッキオ橋、ピッティ宮に至る道程は見事。
そしてそこに召し仕えたヴァザーリの創作物が連なる。
ヴァッキオ宮殿内では戦いを描いた巨大絵画群。
確かその下から近年レオナルドの絵が見つかって物議を醸しました。
上ではなぜかZhang Huanのブッダ彫刻が設置されてました。
ウィフィツィとヴァッキオ橋はヴァザーリの設計。
特に橋は面白かった。あんな橋見たことない。
橋の上にはジュエリーの店がひしめいていて、川を渡ってる気がしない。
ウィフィツィではボティチェッリの有名な「ヴィーナスの誕生」や「春」、レオナルドの「受胎告知」にミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、カラヴァッジオ、リッピなどの有名絵画たちが。。。
「ヴィーナスの誕生」は思ったより小さく、彼の「受胎告知」がすごくよかった。
それにしても、どれもさりげなく飾られてて、つい見過ごしそうになってしまう。。。
ウィフィツィはルーブルほどでかくないので、混んでなければけっこうすぐ見れます。
朝一だったので結構贅沢に名画たちを独占して見られました。
ピッティ宮内のパラティーナ美術館でもラファエロやティツィアーノが紛れてて衝撃。
先月まで日本に行ってたラファエロの作品群も戻ってきてて安心。
それにしてもヴェルサイユ同様豪華絢爛な空間でした。。。
関連記事

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。