スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会のお知らせ

本年も残すところあと数日となりました。
少し早いですが、来年もよろしくお願いします。

さて、新年早々以下のグループ展に参加します。
2010年の暮れからスタートしたこの企画。
この1年は本当にこのプロジェクトに心血注ぎました。
ぜひご観覧いただければ幸いです。
僕は芸術センター以来の大掛かりな作品(でも地味)を出品してます。
クリスマス返上で死にものぐるいで仕上げました。。。
今回比較宗教学の濱田陽さんとコラボレーションさせていただいております。
また、会場内にいくつか散らばる形で小作品も。こちらもよろしくお願いします。
以下展覧会詳細です。


『IPP♯0「風景の逆照射」』

_.jpg

2012年1月6日(金)–1月21日(土)
10:30-18:30
※8(日)9(月)13(金)14(土)15(日)は休廊
入場無料

出品者:
柏原えつとむ/美術、木下長宏/芸術思想史、杉浦圭祐/俳句、坪見博之/脳科学、林ケイタ/映像、森川穣(濱田陽)/インスタレーション(比較宗教)、安喜万佐子/絵画、山中信夫/ピンホール写真、RAD/建築

1月6日(金)15:30~ 会場にて木下長宏氏による講演があります。
その後、出品者や関係者を交えて、ささやかな会を予定しております。

IPP(Inverse Perspective Project)

これは、美術、思想、宗教、建築、詩歌、科学など、多様な専門家が参加し、<風景>と<人間>の相関関係を捉え直すことで、自然や環境に対する近代的な固定概念を、相対化しようとする試みです。

「風景の逆照射」

ここで言う<風景>とは、自然・環境・世界などと呼び変え可能なものの総称とします。それぞれの地域、時代条件の中で、人間がそれをどう眺め、どう関わろうと願望したかが文化の軌跡とさえ言えると私たちは考えます。 今現在も我々の思考の根幹に根付く西洋近代的ものの考え方は、1990年代半ば以降に起きた一連の出来事により、その更新を迫られています。人類にとっ て、壮年期ともいえる段階に足を踏み入れた今、このことを、<人間>が主体となって<風景>を眺める思考への依存とその限界への示唆として受け止めてみよ うと、このプロジェクトは始動しました。その後、3.11の大震災を経て、<風景>の中にしか生きられない私たちの姿を改めて知らされることとなりまし た。
ここでタイトルが示そうとしているのは、近代的思考ベクトルと異なる次元に立ち、<人間>と<風景>の相関関係を逆転させようとする思索であり、<風景>の中にしか生きられない私たちが謙虚さを取り戻すことへの意志でもあります。

遠く起源においては畏怖と尊敬の対象であった筈の<風景>の側から、その中の『偶然の滞在者』としての私たちの意識の所在とその身体感について改めて浮かび上がらせ、次世代の暮らしに繋がる新しい視座を探るきっかけとなればと思います。
IPP 実行委員会(林ケイタ/安喜万佐子)


京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
tel:075-702-5291
URL: http://www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/
IPP OFFICIAL WEB: http://www.ipp2011.org/

尚、この展覧会に先駆けて、RADディレクションによる冊子も製作しました。
ご希望の方はこのブログ右上のメールフォームにて送付先とお名前をお送りください。無料です!


また、同じく1月6日から同級生の宮崎敬三君が同じ精華大学の7号館にある7-23galleryというところで展覧会を開催します。
彼は震災以降、ヒッチハイクで被災地に赴きボランティアをしながら撮った写真と、世界中の子供たちが日本に向けて描いてくれた絵も一緒に展示されます。
畠山さんの写真でも思いましたが、やはり美術家が撮る写真は報道写真とは違います。
こちらも併せてご観覧くださると幸いです。

宮崎敬三『IMAGINATION』

_DM.jpg

2012年1月6日(金)-1月16日(月)
12:00-20:00(日・祝は17:00迄)
※13(金)14(土)15(日)は休廊

京都精華大学7号館 7-23gallery
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
京都精華大学キャンパス内 7号館2F 7-23gallery
tel:075-702-5238


あと精華大学では、21日に元学長であった中原佑介の業績をたどるシンポジウムが開かれるようです。
これはぜひ拝聴したいですね。
展覧会最終日でもあるので、興味のある方はご一緒に!
以下詳細です。

批評の技法(アート)――現代美術の実践とことば

中原佑介の業績をたどる
人の死が何らかの時代の終わりを人びとに感じさせることはよくある。美術評家、中原佑介の訃報も、それに先立つ東野芳明、針生一郎の訃報とあいまって、 多くの人にある時代の終焉を感じさせた筈である。しかし実際のところ、それは何の終わりだったのだろう。戦後美術?  モダニズム美術? あるいは日本語で言う「現代美術」?
本シンポジウムでは、研究と批評の境目を乗り越えて活躍する方々を迎えて、戦後日本美術における批評と実践の複雑な相互作用を問い直したい。これはただ歴史を回顧するだけにとどまらず、現在の「アート」と批評の関係をも再考することになるに違いない。

日時:2012年1月21日(土)13:30~17:30
   報告 13:30~15:30
    <20分間休憩>
   全体討議 15:50 ~17:30
会場:黎明館2F L-201教室
出演:加治屋健司 / 林道郎 / 吉岡洋
司会・コーディネイト:佐藤守弘
WEBSITE: http://info.kyoto-seika.ac.jp/event/lecture/2012/post-315.php


それでは、2012年がよい年でありますように。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。