スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「此方」:工場制作

9月から始まる第24回UBEビエンナーレに「此方」という作品を出品します。
その制作がいよいよ始まりました。
今回は野外彫刻ということで、なんと2tもの鉄を使います。
自分一応洋画出身だったはずなんですが。。。
もう初めてのことが多すぎて、始まるまでかなり紆余曲折ありました。
が、なんとかここまで辿り着いた。経験値格段に上がりました。

ってことで日曜日に作品の肝となる鉄板への穴あけをやってきました。
工場は大阪茨木市にある山堀建設株式会社さん。
日曜なら人もそんなおらんし作業してもらってええですよ、とのこと。
素人に場所提供してくれて作業までさせてくれるなんて、本当にありがたい。
節電の影響とか大丈夫なんやろうか。。。
と、人の心配する前に自分の心配。
厚さは9mmと言えど、鉄に300近くも穴を開けるのだから。
相当な作業になるだろうと、かなり気を揉みました。
で、鉄です。でかい。。。
IMG_1358.jpg

隣で作業するからちょっと移動させますわ、とかいって、1tもある鉄が紙切れのように軽々と浮き上がりました。。。感覚狂うわ。
IMG_1366.jpg

で、作業。
予め穴の位置を決めておいた紙をアトリエで作ってたので、その上からスプレー。
あたりをつけます。
IMG_1373.jpg

さらにその上を穿っていく作業。
IMG_1380.jpg

いよいよ穴あけ。
マグネットつきの強力ドリルで開けていきます。
IMG_1375.jpg

最初はかなり手こずりましたが、なれると早い早い。
IMG_1382.jpg

一応穴あけ期間は2日頂いてたんですが、それでも間に合うかすごく心配でした。
結果的に半日で作業終了してしまいました。
あー、よかった・・・。
これであとは溶接やらなんやらは技術者の方々におまかせです。
次は溶接の現場を見学させてもらう予定。楽しみです。
こういう作業はやり始めるまでが相当大変で、形になってくるとやっぱり楽しい。
こうして制作がやめられなくなるんですね。
改めてもの作りの楽しさを知ることができました。
山堀さんありがとうございました。以降もよろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。