Farewell 2010

2010年も残すところあとわずかとなってしまいました。
ということで毎年恒例勝手にランキングです。
ただ例年と違いまして、今年は展覧会に限らず「観たもの」という大雑把な括りでお送りします。


1位:オラファー・エリアソン「あなたが出会うとき」@金沢21世紀美術館
2位:豊島美術館 by 内藤礼+西沢立衛
3位:瀬戸内国際芸術祭2010
4位:クリストとジャンヌ=クロード展@21_21 DESIGN SIGHT
5位:石上純也展@SHISEIDO GALLERY
6位:dots「カカメ」@栗東芸術文化会館さきら中ホール
7位:六本木クロッシング2010:芸術は可能か?@森美術館
8位:Art Court Frontier ♯8 @ Art Court Gallery
9位:宮永亮「メイキング」@Kodama Gallery
10位:ジェームズ・タレル「ガスワークス」@金沢21世紀美術館

次点
杉本博司「アートの起源 科学」@MIMOCA
石上純也「建築のあたらしい大きさ」@豊田市美術館
「ハーブ&ドロシー」by佐々木芽生
「玄牝」 by 河瀬直美
地点「――ところでアルトーさん、」@京都芸術センター
ヤン・ファーブル「Another Sleepy Dusty Delta Day」@AI HALL
「panorama すべてを見ながら、見えていない私たちへ」@京都芸術センター
なかもと真生「境界線/不在」@西院久田町貸家
川北ゆう「ゆらぎのあと 景色をそそぐ」@INAX GALLERY2
Plastic Memory いまを照らす方法@東京都現代美術
楊福東「将軍的微笑」@原美術館


とまあ、こんなとこです。次点多すぎですが笑
1位のオラファーは、もう神でしたね・・・。美しすぎる展覧会。
2位の豊島もそりゃすごいですが、こっちは美術館ごとやっちゃってますからね。ハンデ分での差。
瀬戸内はやはり今年一番の話題でしたね。楽しかった。2013年も開催決定したそうです!こちら
4位はもう途中から泣けてきて仕方なかった展示。絶対次のプロジェクトは観に行きます。
5位は敢えて豊田じゃなくてこっち。豊田は手伝ったので純粋に見れなかった。なので次点。
6位はすっかり舞台の素晴らしさを教えてくれました。ホンマに素晴らしかった。
7位は見てる時よりその後じわじわと効いてくる展覧会。さすが窪田さんです。
8位はここ数年でダントツおもしろかった。展示のバラエティも楽しかったです。
9位は唯一のギャラリーで個展ランクイン。それほどよかった。テンションあがりました。
10位はやっぱねー。これどこもってきたらいいか迷った挙句の10位です。

今年はこのブログ中でも映画や舞台が入ってきたり、範囲を少し広げてみました。
次点にもいくつかその辺りが反映されてますね。
建築に関しては、言い出したらキリがないので今年竣工のものならランクインしてもいいかな、と思いましたが、残念ながら豊島美術館のみ。これも純粋に建築と言えるのかどうか・・・。
その点やはり石上純也はすごい。あの跳躍は見ていてこっちまでワクワクしちゃいます。
藤本壮介は、色々観ましたが、なんか模型見てた時の方がワクワクしました。
武蔵美図書館も正直期待ほどではなかった。。。
今年の建築ニュースとしてはやはりSANAAのプリツカー受賞でしょうね。ローザンヌ見てみたい!
海外へは韓国、オーストラリアと足を伸ばしましたが、言うほどの展示には出会えなかったかな。
友人ジョンキの展示も見られたのは大収穫。あとはクオリティ上げていくだけ。
友人といえば次点の川北さんとなかもと君の展示は素晴らしかった。
こうして周りが頑張ってると自分も頑張れるとこってありますね。

ここで敢えて見たかったけど見れなかった部門。
James Turrell 'Wolfsburg Project' @ Kunstmuseum-Wolfsburg(2009.10.24-2010.04.05)
MARINA ABRAMOVIC 'The Artist Is Present' @ MoMA (2010.03.14-05.31)
Maison Martin Margiela '20' The Exhibition @ Somerset House(2010.06.03-09.05)
・維新派「台湾の灰色の牛が背のびをしたとき」@犬島(2010.07.20-08.01)
ローザス「ローザス・ダンス・ローザス」@愛知芸術文化センター(2010.10.26-10.28)
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス「3つの別れ」@愛知芸術文化センター(2010.10.30-10.31)
La Biennale di Venezia 'People meet in Architecture' @ Venezia, Italy(2010.08.29-11.21)
GWAGJU BIENNALE 2010 '10000 LIVES' @ Gwanju, South Korea (2010.09.03-11.07)
JAMES TURRELL @ GAGOSIAN GALLERY Britannia Street (2010.10.13-12.10)
木村友紀「無題」@IZU PHOTO MUSEUM (2010.09.05-2011.01.11)
加藤泉「日々に問う」@箱根彫刻の森美術館(2010.09.18-2011.01.30)
とりあえず思いつくままに。
アブラモヴィッチとタレルは観たかったなー。絶対無理やったけど。
特にWolfsburgの方はタレル史上最大の室内作品だったそうで・・・。はふ。
光州ビエンナーレはマジで観たかったです・・・。今年一番の悔いです。
こんなアカデミックで地味なビエンナーレ日本ではほぼ開催不可能ですからね。
今そのカタログ貸してもらってますが、ホンマに地味!色が少ない!観たかったーーー!!2年後!
ヴェニスは妹島さんディレクションってことで。石上伝説も生まれました。
マルジェラの展覧会は日本にも巡回する、はず。庭園美術館あたりで見たいなぁ。
維新派の舞台は埼玉でもやってましたが、絶対犬島で見るべきですよね。。。
ローザス観たかった!次来日する機会があったら絶対観に行こう。
木村友紀さんと加藤泉さんはまだやってますが、どう考えても行けません。残念。

また、今年も数々の巨星が旅立たれました。
荒川修作、針生一郎、ルイーズ・ブルジョワ、大野一雄、ジグマー・ポルケ等々
特に2月11日に亡くなったアレキサンダー・マックイーンの自殺は衝撃でした。
大好きなデザイナーだっただけに突然の訃報があまりにショック過ぎました。
彼らが残してくれたものを大切に受け取っていかなくてはなりません。
ご冥福をお祈りします。


最後に今年は自分にとっては、なんといっても芸術センターの展示が大きかった。
もうあれから1年弱か・・・早いなぁ。でも遠い昔のようにも感じる。
あとstudio90での展示もあったし、BIWAKOビエンナーレにも参加させていただきました。
やっぱ展示する度に自分のやりたい事が見えてくる感じがして、改めて展覧会って重要だと思いました。
観に来てくださった方々本当にありがとうございました。
また、studio90では今年最多の4本の展示を開催。4本が限度だと悟りました笑
来年からも僕個人とstudio90、そしてこのブログをどうぞよろしくお願いします。
それではよいお年をー!

過去のベスト10>>'09 '08 '07 '06

koubokac2010_morikawa_001.jpg
Photo by Nobutada OMOTE
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プレイバック 2010 (美術篇)

というわけで今年印象に残った展覧会を徒然と... ◎円山応挙展(三井記念美術館) ◎上村松園展(東京国立近代美術館) ◎小谷元彦展(森美術館) ◎ボストン美術館展(森アーツセンターギャラリー) ◎バーネット・ニューマン展(川村記念美術館) ◎...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR