SURPRISE, SURPRISE @ICA


ICAでやってる企画展へ。
なんといっても出品作家が半端ない。以下リスト。
Doug Aitken, John Baldessari, Matthew Barney, Christian Boltanski, Jake and Dinos Chapman, Larry Clark, Martin Creed, John Currin, Thomas Demand, Peter Doig, Michael Elmgreen and Ingar Dragset, Olafur Eliasson, Nan Goldin, Douglas Gordon, Rodney Graham, Andreas Gursky, Thomas Hirschhorn, Damien Hirst, Carsten Höller, Jenny Holzer, Anish Kapoor, Martin Kippenberger, Barbara Kruger, Robert Mapplethorpe, Paul McCarthy, Mariko Mori, Juan Muñoz, Takashi Murakami, Ernesto Neto, Albert Oehlen, Chris Ofili, Raymond Pettibon, Elizabeth Peyton, Richard Prince, Neo Rauch, Ed Ruscha, Tino Sehgal, Cindy Sherman, Santiago Sierra, Wolfgang Tillmans, Rikrit Tiravanija, Kara Walker (with Klaus Bürgel), Christopher Williams

こんな作家の作品を一気に観られるなんて!という期待とこの作家数とギャラリーの規模から考えて原美術館でやってた「舞い降りた桜」みたいになるんじゃねぇの、っていう不安が4:6くらいのノリで来訪。
入場料を払って中へ。まずはバーバラ・クルーガーの作品。相変わらず文字を使った作品なわけですが、彼女らしさが薄い気がした。うーん、と思って次の作品へ。この秋テートモダンのタービンホールを占領するカールステン・フラーの映像作品。最初日本人の作品かと思った。だってギャラリーの両サイドに置かれたテレビから発せられるのはなんと日本語!日本人の双子がお互いまったく逆のことを言ってる作品。さすがフラーです。一筋縄ではいかん。その横はグルスキー。これまた大きな写真プリントなわけだけど、いつもの「群集」の姿はなく、何かの本のページを写した作品。これはこれできれいだけどなんだろ、この違和感。そして違和感が決定的になったのがティルマンスの展示。彼に至っては写真ですらありません。自画像です。うわぁ、やっちゃったよ、この人…と思いながらずんずん進む。チャップマンの作品。彼も彼でいつものジェイクとの兄弟名義ですらない(ジェイクの作品は別に2階で展示)。あとはエルネスト・ネトの壁に立てかけられた鉄ポールに上着をかけたコンセプチュアルとも思える作品。いつものあのやわらかい素材はいずこへ?
オラファー・エリアソンの歌う(!)BGMが流れる廊下を渡りながら、必死にこの展覧会の違和感を考えてた。もしかして同姓同名の作家の展覧会!?それはさすがにないか(おもしろそうだが) うーんなんなんだ。ってかなんでオラファー歌ってんの??
2階に行くと最初にお目見えするのはカプーアの作品。壁に2つ上下に穴が開いてて上の穴から赤い液体が流れて下の穴に吸い込まれてくみたいな作品。やっと作家らしい作品に出会えたと思ってホッとしたのも束の間。2階も2階で違和感のオンパレード。マーティン・クリードもキャンバスに黒ガッシュで荒く塗っただけの作品やし、デミアンも普通のコラージュ。動物はいずこへ…?マシュー・バーニーもよくわからんコラージュのような作品だったし、ボルタンスキーなんて本当に趣味の悪い絵画…。
次の部屋でも村上隆のスーパーフラットではない金箔と銀箔を板に貼り付けた作品だったし、ダグ・エイケンも映像ではなくコラージュ。クリス・オフィリも普通にこれまた悪趣味なペインティング…。ジェニー・ホルツァーなんて骨に指輪をつけた作品でしたからね…。

結論。
観るのがとても大変でした。僕みたいなアートオタになると、もうキャプションとか見なくてもどれが誰の作品かとかって結構わかったりするんだけど、今回はまったくその能力が効かず焦りました。必死でパンフレットの作品と作家を照合させながら観てたから疲れた…
そもそもこの展覧会は「作家の作家らしくない作品を展示する」っていうコンセプトだったようです。あの違和感はこのコンセプトからだったのですね。作家のスタイルって作品を作品足らしめる上で重要な要素なわけで、それを取り除いた時にどう見えるかってことなんかな。確かに観客は○○の作品には△△みたいな感じで期待して観に来るわけで、今回はそれをあえて裏切る試みだったわけです。やられたぁ…まんまとやられました。観た直後はイマイチ負に落ちなかったわけだけど後でじわっと効いてくる展覧会です。
あとは、作品の中には作家が学生の頃に作った作品とかもあって(ハーストやクリス・オフィリなど)、普通の展覧会では観られないような作品が観れたのがよかった。すごい貴重な機会だと思う。「この作家も今ではすごいけど昔は…」なんてことも思ってみたりなんかして。はい、すんません。
オススメとまではいかなくとも結構おもしろい展覧会だと思います。9月10日まで。
それにしてもこの展覧会タイトルはどうなんやろ…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR