哲学

今年度はたくさんを本を読みたい。
特に今まで手を付けあぐねていた哲学書。
ジャン=ポール・サルトル
ミシェル・フーコー
ジョルジュ・バタイユ
ジル・ドゥルーズ
ルネ・デカルト
フリードリヒ・ニーチェ
イマヌエル・カント
等々
挙げていけばキリがない。
そこが哲学の恐ろしいところ。
もしやプラトンまで遡らなければいけないのか?
学生時代何度か挑戦してほとんど挫折・・・。
この苦手を克服したいです。
誰かどれがおすすめか教えてください。

とりあえず美術者として読むべき本。
「表徴の帝国」ロラン・バルト著
「エクリチュール零度」同著
「明るい部屋」同著
「悲しき熱帯」レヴィ・ストロース著
「パサージュ論」ヴァルター・ベンヤミン著
「複製技術時代の芸術」同著
「知覚の現象学」メルロ・ポンティ著
近くの図書館に借りに行こう。
引っ越して一年以上経つのにまだ1度も利用したことがない。

と、その前に昨日買った本から読まなきゃ。
「空間<機能から様相へ>」原広司著
「The Story of Art」E.H.ゴンブリッチ著
原広司は知人のおすすめで。建築やけど。
後者は日本語版も出てるけど敢えて英語で。
てか日本語版高すぎ。
んー、読めるかなぁ。がんばろう。
関連記事

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR