「確かなこと」:暗室

a0141647_21271455.jpg

センターで発表する写真作品を作ってます。
今日は一日その現像作業。疲れた。
風呂場を暗室に改造し、風呂場はすっかり酢酸臭。おかんすまん。
風呂入る時はシャンプーを多めに使って匂いを払拭。
もう先月からひたすら試行錯誤を繰り返してます。
写真は学生の頃やってたのですが、合わずにやめてました。
なんか作ってる感じがしないんですよね。
当時は普通に一眼レフで撮って、ラボに現像出して終了。
あまりに自分の手を離れてる時間が多いし、何と言っても楽過ぎる。
楽なのは確かに嬉しいんだけど、充実感が全く得られない。
その上金が死ぬ程飛ぶ。
もうやるまい、と決めてました。
しかし今回再挑戦したのは、全部一から自分で作ることにしたからです。
カメラも手作りピンホール。現像ももちろん自分で。
そうすることで、作ってる充実感が得られる。ものすごくしんどいけど。
そして、下手したら頼んだ方が安くついたんじゃね?ってくらい金が飛ぶ。
ここまで来るのに何度失敗したことか・・・。
でもこういう研究も経験になってます。楽しい。
さてあと一歩。年内には完成したいなー。
その苦労の結果は是非会場でご覧下さいませ。
関連記事

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR