ルイーズ・ブルジョワ逝去


彫刻家ルイーズ・ブルジョワが98年の生涯を終えました。
彼女の蜘蛛ママンは世界に一体何匹存在してるのでしょうか。
六本木で、ロンドンで、ソウルで、ビルバオで。
たくさんの場所で出遭いました。
正直あまり好きではないですが、それでも彼女は巨星です。
近頃荒川修作や針生一郎など、20世紀の巨人達の死が相次いでますね。
荒川氏は奇しくも国立国際と京都工芸繊維大で個展中の死。
しかも国立国際の展覧会のタイトルは「死なないための葬送」。
ブルース・リーの遺作が「死亡遊戯」というタイトルだったのを思い出します。
彼は死ぬことで「永遠の命」を手に入れたのでしょうか。
イギリスのコインにはアイザック・ニュートンのこんな言葉が刻まれています。
'standing on the shoulder of giants'
彼らの肩の上で僕らは更に遠くを眺められるのです。
彼らのご冥福をお祈りします。

<関連記事>
Louis Bourgeois @ Tate Modern
養老天命反転地 by 荒川修作+マドリン・ギンズ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR