「エレメント」構造デザイナーセシル・バルモンドの世界@東京オペラシティ


金曜の延長時間に行くとチケットが半額になるらしいy
ということでなんとか東京最終日、滑り込みました。
待ちに待った、セシルの日本初個展です。
今まで建築家の展覧会はあっても、構造エンジニアの展覧会は珍しいと思う。
ただ、セシルの場合、構造エンジニアという枠を大きく逸脱している。
ただただ建築家の案を実現する構造原理を導き出すだけに非ず、セシルの場合はさらなる創造性をそこに加えて、建築という静的な物体を一気に動的な、まるで自然界に生きる生物のように生命を与えてしまう。
伊東さんやOMAとの仕事を見ていればそれは歴然。
どっちがデザイナー?と首を傾げてしまうほどである。
建築家にとってこれほど刺激的で驚異的なパートナーはいないのではないだろうか。
展覧会の冒頭はカラフルな垂れ幕で生い茂る森で始まる。
その垂れ幕を掻き分けながら進んでいく。たまにセシルの言葉が書かれていたりするが、それを全部読みながら進むも、好き好きに進むもまったくもって観客の自由。
僕は後者を選んだ。
それはまるでセシルの思考の森。
言葉や彼に啓示を与える自然界の「エレメント」が生い茂っている。
そこを抜けると、今度は数学のトリックをさらっと見せてくれる。
一つ一つはちゃんと説明してくれないとわかんないけど・・・。
度肝を抜かされたのが「H_edge」と言うインスタレーション。
これほど構造の凄みを端的に、そして能弁にあらわしたものはない。
X型の鉄のフレームと鎖で構造物が出来上がっている。
そこには支えなどまるでなく、ただただそれらの生み出す張力で成り立っている。
そして足元にはV&Aで発見した黄金比率のタイリング。
それを延長するように向こう側の壁にはタイリングの映像が滝のように流れている。
滝といえば岩。映像の手前には黒と白の岩のようなオブジェ。
これは正直よくわからなかった。。。
通路にはこれまでのプロジェクトを一台一台テレビ画面で見ていくコーナー。
というかこの通路の使われ方は毎度こんな感じですね。
まあ、こんな感じだけれど、ちょっと簡単に見れすぎてしまったのが残念。
会場にいろんなエレメントが多すぎて、なんだか散漫な印象を受けてしまった。
なんだったらあの大部屋は「H_edge」だけでもよかった気がする。
でもまあ、やっぱりセシルは刺激的。
バタシーの計画もものすごく楽しみです。3月22日まで。
<関連記事>
Cecil Balmond+伊東豊雄@NHK大阪ホール
Temenos by Anish Kapoor x Cecil Balmond
伊東豊雄


他に東京で見た展示をまとめてざざっと。


村山悟郎 shiseido art egg vol.4@SHISEIDO GALLERY

もはや恒例になりつつあるshiseido art egg。今年で第4回。
すでに若手作家の登竜門的位置を占めていて、この国における乏しいアートコンペの中ではかなり質の高いコンペだと思います。
毎年3人選ばれて年のはじめに順番に行われていく。
今年の応募総数は336件。昨年よりは多いものの、第一回が650件という脅威的な数字なのでなんともいえない。でもまあ狭き門なのは変わりなし。
今回僕が見た村山君は第4回の最後を飾る展示。
同い年なのでなかなか気になって見てきました。
最近の作家ではめずらしいほどに大きな作品。
壁面をまるまる覆い尽くさんばかりの大きさでした。
縄を編んでどんどん成長を遂げていくらしいです。
その上に描画していくんですが、その描画方法にもルールがあるそうな。
また奥の展示室にも、壁に直接描いたドローイング。こちらもルールあり。
なんだかルールを設定しすぎて、逆に縛られないのかな?と心配になる。
もう少し自分の創造性を信じてもいいと思った。
あと、そのルールのわりに、縄と描画の関係がイマイチ見えなかった。
関連記事>>宮永愛子「地中からはなつ島」@資生堂ギャラリー


森末由美子「ある日静かに」@INAXギャラリー2
昨年の京都芸大の政策展で気になってて今回たまたまやってたので寄ってみた。
んー、ほそかわの時同様インスタレーションの仕方がまずい気がする。
この若さですでに回顧展みたいな雰囲気。これはまずい。
せめて作品のシリーズをしぼるべきだったんじゃないだろうか?
あれもこれも見せたいというのもわかるけれど、手の内はある程度隠すべき。
作品はおもしろいので、発表の仕方をもう少し考えるべきじゃないかなぁ。
えらそうですんません。
ところでこのギャラリーでやってる展覧会圧倒的に関西の人ばかりなのは気のせい?
<関連記事>
森末由美子「無重力で右回り」@ギャラリーほそかわ
京都市立芸術大学学内展@京都市立芸術大学


東信「鎧松」@POLA MUSEUM ANNEX
「ジャンルの横断」という点において最も作品の精度が高い作家の一人。
華道だけど、ものすごくインスタレーション感覚に恵まれた人だと思う。
今回も会場にこの「鎧松」ひとつ。
奥には映像もあったけどなくてもよかった。
この「鎧松」の佇まいが本当に異様で、会場を飲み込んでた。
実際の鎧松にパンチングメタルでできた鎧を着せてしまうというもの。
一部普通にその鎧からはみ出てる部分があったのだけどあれはどうなんかな?
あと、パンチングメタルってのが、確かに遠くから見るとかっこいいのだけど、近くで見るとその中身がメタルと穴の部分で「見える」「見えない」が完全に分離しているので、もっと曖昧に見える素材ならもっとかっこよかったと思う。
そういえば名和さんも松をプリズムボックスに閉じ込めてたっけ。
エレベーター降りてぱっと見たときの異様さは確かにすごかった。


小谷元彦「Hollow」@エルメス銀座
今回最もがっかりした展示。
もともとそんなに期待してなかったけど、写真で見るとその浮遊感が空間にすごい緊張感漂わせていたのだけれど、実際会場で見てみると、ただただテグスとかで吊ってるだけやし、壁に設置してあった作品はビス丸見えやし、樹脂の継ぎ目がまるわかりで、げんなり。
展示の緊張感が驚くほど欠けていた。こんな作品は緊張感が命なのではないのか?
逆に床に置かれた作品がもっともよかった。
細い足でその大きな頭(?)を支えてる様にこそ浮遊感を感じたからだ。
年末森美で展覧会だけどどうかな?うーーん。


半田真規 変生態-リアルな現代の物質性VOL.8@ギャラリーaM
いいと言われて行ってきたけどそんなでもなかった。
元のスペース知ってたらもっと印象は違ったかもしれない。
この人去年ロレックスのプログラムでレベッカ・ホルンと一緒に作品作った人ですよね。
これどうやて選ばれるんでしょうか。
次のメントー(指導者)がカプーアらしく、喉から手がでるほどそのプロトジェ(生徒)の権利がほしいんですが。。。
知ってる人がいたら教えてください。
って、全然レビューになってませんな。


あと、今週からオープンする某アートセンター(わかる人はわかりますね)に友達の配慮でその準備中のところを特別に見せてもらった。
んー、ついに東京にもこんなところができるのかぁと驚嘆。
うまくネットワークが広がるといいけれど。
また出来上がったら行ってみたいと思います。
以上東京報告でした。
あとやなぎさんの展示とか見たかったなー。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR