スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉本博司「光の自然」@IZU PHOTO MUSEUM


昨年末オープンした杉本博司が設計も手がけた美術館IZU PHOTO MUSEUMに行ってきました。
静岡県は三島駅からシャトルバスで約20分。
クレマチスの丘というところにあり、ここにはヴァンジ彫刻庭園美術館やベルナール・ビュッフェ美術館なんかも近くにあります。
写真専門に扱う美術館として、今回の杉本氏の展覧会は�落としとしてぴったりでした。
発表されていたのは、「放電場」の新作とタルボットのネガを起こした「光子的素描」。
写真の創世記に迫るすごい展示でした。
「放電場」は近年杉本氏が力を入れている新しいシリーズで、ギャラリーコヤナギで見た水中放電を使ったすさまじい像を見せ付けてくれてます。
フラクタルという言葉ではもはや言い表せられない美しさ。
まるで狼の毛皮のような肌理と、嵐の風景を思わせるような全体像。
ホントこの人どこまでいっちゃうんでしょうね。。。
これは写真の産みの親タルボットが実験していたものらしく、それを杉本氏が受け継いで形にしてるとのこと。
さらに新作「光子的素描」は、タルボットの現存している貴重なネガを、独特の技法で現在に蘇らせた作品。タルボットの作品が杉本さんの作品に生まれ変わってる!
この「放電場」も「光子的素描」もドイツのK20で最初に見たのだけれど、確実に進化していて、特に「光子的素描」はK20で見たときの印象とまったく違うのにびっくり。
杉本氏はすっかりタルボットの意思を現代につないでいます。
この「つなぐ」というのが、今回の展覧会の根底だと思う。
特にアートの世界において、この「つなぐ」という意識は本当に少ないと思う。
やはりアートにおけるオリジナル信奉は根強く、常に新しいものではないといけないという強迫観念のようなものが渦巻いていて、それが表現の幅を狭めている要因のように思える。
アートもひとつの伝統芸能として、後世につなぐ必要があると思う。
自分も作家として、誰の意思を継ぐかというのを最近考え始めている。
それをパクりと呼んでしまうのは本当に残念な発想だと思う。
そのアイディアを如何に自分のフィルターに通して昇華するかが、後世に残された作家の腕の見せ所なんだと思う。
そもそも実際まったくのオリジナルなんて今更存在するとも思えない。
そこに対して正々堂々と挑んでるのが杉本博司という作家のすごいところ。
今回の展示で改めて思い知らされました。

ところで建物に関してははっきり言ってだめでした。
杉本さんの趣味全開といった感じで、すごく食傷気味。
今後どういう展示が来るのかわからないけれど、遊びもすくないのである程度の幅でしか見せられないのではないかと思う。
美術作家が下手に他の分野に手を出すのはいけませんね。
そこは尊敬できません。


ちなみにこんだけ書いておいてなんですが、今回の鑑賞時間わずか15分です。
というのも、18切符で大阪から始発に乗ってやってきたわけですが、この後東京で用事があり、一時間に一本のシャトルバスを待ってるわけにはいかない。かといってタクシーに乗るのも金がかかりすぎて何のために18切符で来てるのかわからん。
そう思いながら見てたら、美術館自体が小さかったため、なんと折り返してきたシャトルバスに乗れたのです。運転手さんに怪訝な顔で見られました・・・。
ホントはヴァンジのアイラン・カンの展示も見たかったのだけど・・・。
貧乏暇なし。これにて!


<関連記事>
杉本博司「Lightning Fields」@ギャラリー小柳
杉本博司「歴史の歴史」@国立国際美術館
杉本博司「歴史の歴史」@金沢21世紀美術館
Hiroshi Sugimoto @ K20
棚田康司展「十一の少年、一の少女」@ヴァンジ彫刻庭園美術館
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。