自由学園明日館 by Frank Lloyd Wright








またまたまたまたまた東京に行ってきました。
今年7回目です。来年はもっと回数を減らしたい。
で、本当は東京ガスのSUMIKAプロジェクト見たかったのだけれど、年内は見れないとわかったので、ライトの自由学園明日館を見てきました。これで国内にあるライトの建築は全制覇ッ!
池袋から少し歩いたところにある実際に今も使われてる重要文化財。
周りの高いビルとの対比がシュールでいい感じです。
中もすごくノスタルジックな感じで、ライトの意匠もたっぷり味わえます。
でも、こないだのヨドコウ迎賓館ほどの感動は正直なかったかな。
なんか密度がヨドコウに比べて薄かった気がする。
トイレも実際使われてるってのもあって、改装されちゃってたし。。。
でも都心にこんな建物があるなんて素敵ですね。
中には喫茶店なんかもあるので、デートコースにどうでしょ。なんて。

安藤忠雄建築展「挑戦-原点から-」@ギャラリー間
住吉の長屋の1/1模型が展示されてるってんで、超話題の展覧会。
最初聞いた時は聞き間違いかと思ったけど、本当にビルの中に再現されててびっくり。要の中庭もちゃんと野外へのアプローチとして再現されてて、内部体験ができます。ファサードは見れるけど、さすがに中は個人宅なんで見れないですからね、普通。
行った日は晴天でこれが安藤さんの言う「都会の中の自分だけの空」か、と納得。
雨の日は傘さして部屋から部屋へ移動しなきゃならないなど、数々の問題で批判されていたこの建物ですが、やっぱり晴れた日はこんな狭い敷地でも贅沢な空間体験ができるのだなぁ、と。
あとは安藤さんの現在進行形のプロジェクトから、光の教会のコンクリ模型などが展示されてた。
こちらは特に興味なし。やっぱ住吉の長屋原寸大模型のインパクトでかすぎ。
大阪にも巡回するそうですが、こっちではこの原寸大模型ないので、この展覧会の9割方の魅力が失われるかと。でもまあ、大阪には本物があるんやけどね。

セカンド・ネイチャー展@21_21 DESIGN SIGHT

同じ六本木にある安藤さんデザインの21(長いので略)。
吉岡徳仁がついに展覧会をディレクションするってんで観に行ってきました。
「第二の自然」をテーマに徳仁さんがセレクトしたデザイナーやアーティストが各々の表現で挑んでます。
でもはっきり言って徳仁さんの一人勝ちでしたね。
もうあのインスタレーションは美し過ぎる。
クリスタルの生成を利用して作られる椅子「ヴィーナス」。
クリスタルに覆われた椅子そのものと、生成中の液体の中に浸かった椅子。
彼のデザインの強みはそのプロセスまでもが美しいというところ。
他のものを見ていてもそのプロセスがイマイチ見えてこない。
徳仁さんのデザインの作り方は結果が全てではないところがなによりも魅力。
今回それのデザインの方法論が本当に美しく表現されたインスタレーションでした。
上からぶら下げられた紐の束もすばらしかったですね。
あと良かったのはフラワーアーティスト東信の氷の中の松!
これは本当に不思議なのときれいなのと、永遠の命をパッキングしてる様がかっこいい。
昔ロンドンのサイエンスミュージアムで見たマーククインの凍ったヒマワリを思い出した。
ってか、ほぼ丸かぶりな気もしなくもないけど気にしない気にしない。


ところで、叔母からとても素敵なクリスマスプレゼントもらった。
これはジョジョの百人一首ぐらい凄い。。。描かれてる建築も相当マニアック。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR