菅野美術館 by 阿部仁史


仙台でメディアテークの次に見たかった建築。
今やUCLAの学科長にまでなった、仙台出身の建築家阿部仁史の作品。
小高い丘の住宅街にあって、ロダンなどを所蔵する個人の美術館。
いきなり現れるこの建物のインパクトはかなり大。
銅でできた外見と独特のフォルム。やられました。

なんといってもこのエンボス加工された銅がすごい存在感です。


雨がつたって錆がコンクリに移ってるのもかっこいい。


窓の取り方とかがすごく不思議。


別方向から。


ドア。最初やってないのかと思って焦った。


中。隠し撮り(死) ジャコモ・マンズーの展覧会が開かれてました。


中は中で、外の印象とはがらりと変わった白。
壁が斜めに入ってたり、中はかなり複雑。
どういう方程式でこんなことになったんだと、ショップにある本で読んでたら、四角い箱にシャボン玉を吹き込んだようなイメージらしい。なるほどと言えばなるほど。
いやー、かなり面白かったです。行った甲斐あり。

菅野美術館:http://www.kanno-museum.jp/

仙台出身だけあって、市内にもいくつか建ってるのでご紹介。

SOB





義足などを作るアトリエ。特におもしろくはなかった・・・。

FRP Ftownビル





外観の箱を積み上げた様なフォルムは、SANAAのニューミュージアムっぽいけど、菅野美術館同様、外壁には不思議な幾何学模様で構成されている。
中は飲食店舗が入るビルで、あまりよく見れなかった。個人的にはイマイチ。

仙台市内にはまだまだ、青葉亭や雪月花といった、レストランの内装を手がけていたりして、入ろうかと思ったけど、高すぎてアウトでした・・・。
あと古川市にある関井レディースクリニックも興味あったけど遠かったのでやめ。
見た中では菅野美術館がダントツの好感度でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR