スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真の美術×美術の写真@大阪市近代美術館(仮称)心斎橋展示室


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お詫びと訂正。
本記事におきまして、以下2点のご指摘を受けました。
・橋下府知事を橋本府知事と誤って表記している。
・大阪近美は「市立」なのでこの場合、府の問題というより市の問題ではないか。
まず、最初のご指摘は全くもって当方のミスですので、改めて訂正させていただきました。
2つ目に関して、僕は政治に疎いのでよくわからないのですが、だったら府はまったく関係ないんでしょうか?確かに市政によるところが大きいものの、やはり大阪市も大阪府の一部なわけで、って思ってしまうんですが・・・。なんにせよ、今裏金問題で湧く腐敗政治の大阪市ですので、この「近美問題」が決着するには時間がかかりそうです。平松さんにはがんばってほしいですが。
今回の記事は、大阪府知事選の翌日に書いたということもあり、時事性を優先して橋下さんに呼びかける形の記事となってます。上のご指摘はごもっともですが、記事の特色を優先してそのままでいきたいと思います。ですので以下の記事はその点も考慮して読んでいただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日最年少大阪府知事が誕生しました。
大阪は財政赤字が甚だしく、橋下さんはこれから地獄に立たされることになるでしょう。
そんな大阪の抱える数あまたある問題の1つとして大阪市近代美術館があります。
プロジェクト発足から10年以上。建物が建つ目処もつかぬままコレクションだけを確保し続けてます。今は心斎橋の東急ハンズの隣のビルの最上階に仮の展示室をもうけて、コレクションの展覧会を行っています。
そんな近代美術館が今写真美術に関するコレクション展を行ってます。
まあ、近く寄ったついでって感じで何の期待もせず観に行ってみました。
内容としては戦前からの写真表現から現代写真に至までを年代順に展示。
さすがにコレクションは確かにいいもの持ってます。
戦前の写真というのもおもしろかったし、80年代のもの派や植松奎二、90年代の石原友明、森村泰昌、やなぎみわなどもあり。杉本博司の海景シリーズの夜バージョンは闇に潜む水平線が何度見ても美しかった。
ただ、展覧会としては相変わらず凡庸。紹介って感じで見るのがちょうどいい感じ。僕みたいに色んな展覧会見てる人が見ても仕方のないです。キュレーションのかけらもない感じですから。
もう少しおもしろい展覧会できないんだろうか。せっかく心斎橋のビル、しかも最上階という美術館としては中々ありえない場所にあるんだから、そういった場所のコンテクストを活かすとか・・・まあ、そんなの期待するのは酷なんかな。
なんか、所詮展示室っていう主催者側の気持ちが伝わるんですよね。
もうこうなったら、開き直って現状に甘んじることなく妥協なき展覧会を行ってほしい。
しかし、果たしてこの美術館本当に必要なんでしょうか?
どうも僕には、府の抱える莫大な赤字を無視し、府民の血税を切り崩してまで建てる価値をこの美術館に見いだすのは中々困難なように思えてなりません。
一応中之島を予定地としてるんですが、もう既に中之島には国立国際美術館があるし、コレクションが相当かぶっている。もうこうなったら近代美術館のコレクションを国立国際に寄贈してしまえばいいのに、なんて思ってしまいます。もし、ゴッホ展やプーシキン美術館展などの、いわゆるおばちゃんが集まりそうな展覧会を近代美術館でやって、国立国際では現代美術のみをやってくれるならいいかな、とも思いますが、美術館としてはそういう美術展の方が動員数を稼げるのではずしたくはなさそうですしね。
この問題どう考えますか?橋下さん。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。