ハイライト2008

あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方々にこのブログを見ていただきありがとうございました。
今年もブログ名に恥じることなくばしばし観に行きたいと思っております。
ってことで、今の時点でわかっている注目美術イベントをご紹介。

2月9日-3月8日:名和晃平「TRSO」@nomart project space
2月9日-4月13日:川俣正「通路」@東京都現代美術館
2月16日-5月11日:宮島達男「Art in You」@水戸芸術館
4月26日-7月13日:英国美術の現在史 ターナー賞の歩み@森美術館
4月26日:十和田市現代美術館オープン
7月1日-9月15日:塩田千春「精神の呼吸」@国立国際美術館
7月20・27・31日:パリ国立オペラ「トリスタンとイゾルデ」@兵庫県立文化センター/Bunkamura
8月2日-10月26日:アネット・メサジェ@森美術館
9月13日-11月30日:横浜トリエンナーレ2008

今の所わかってるのはこれだけです。
美術展に関しては、多くの美術館が年間スケジュールを3月に発表するのでまだまだ出てくるはず。
森美術館の2つは私すでに見てますがどちらも素晴らしいのでおすすめです。
十和田市現代美術館は西沢立衛設計の建築に大物作家が常設で作品を設置するのも話題。
パリ国立オペラの舞台は、ビル・ヴィオラの映像がふんだんに使われてます。
そして、昨年は、ドクメンタ、ミュンスター彫刻プロジェクト、ヴェニス・ビエンナーレとヨーロッパが世界のアートシーンをにぎわせましたが、今年はアジアの年です。日本でも横浜トリエンナーレや、まだ日程は発表されてませんが福岡アジアトリエンナーレが開幕。中国や韓国でも目玉ビエンナーレがスタート。シンガポールビエンナーレも今年です。
まあ、今年は国内にずっと留まる予定なので、日本のアートシーンをくまなく見ていきたいです。
ではでは本年もよろしくお願いします。

追伸:昨年の国立新でのスキン+ボーンズ展がロンドンのサマーセットハウスに巡回する事が発覚・・・遅せぇよ!!坂さんの移動美術館がロンドンに行かない事を祈る(ぉ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR