ZAHA HADID


アンビルトの女王。女性初、最年少のプリツカー受賞者。
数々の伝説を作り続ける女性建築家ザハ・ハディド。
近年の彼女の活躍は目覚ましく、時代がやっと彼女に追いついてきたといった感じ。
ザハ関連のイベントがいくつかロンドンで開催中。

まずは先月テートモダンで行われたディベートロンドンというイベント。
オリンピックに向けて、未来のロンドンを話し合うという内容でザハが参加。
ものすごい貫禄。遠くからでもフォルムでわかる笑
ど太い声は日本語にしたら確実にバリバリ関西弁だわ。京唄子師匠的。
さすがに20年間ひとつも建たなくてもへこたれなかった根性。
内容は正直ぐだぐだでした。。。完全にディベートではなかったな。

続いて、今デザインミュージアムで行われてるザハの展覧会。
ザハのこれまで、今、これからを展望できるすごい展覧会。
なんといっても初期のドローイングを生で見れたのはよかった。
香港の'The Peak'コンペで磯崎新に見初められて一等をとったが結局無茶過ぎて建てられなかったという伝説のドローイングも見れた。まあ、建たない、ってか何がなんだかわからんってのがノーマルな感想でしょう笑 模型も意味わからんかった。
そして初めて建ったヴィトラ消防署のドローイングもよかった。いやー嬉しかったでしょうね。
他にも竣工した建物から建設中のものまでのプロジェクションも楽しかった。
これの前にいくつか実際のザハの建築を見れたのはよかったですね。
ドイツにある科学センターやBMWの工場も見てみたいな。
にしても札幌にあった「モンスーン」は行ってみたかった。なんで取り壊したんだ。
上の階ではザハが手がけたインテリアを展示。
やっぱイスが鬼のようにかっこいい。


ヴィトラの展示会にも出てた机が出てた。かっけー


他にもパリのヴィトンで見た鞄の彫刻なども。
設計中の建物の模型たちもかっこよかった。来年はいよいよロンドンに初のザハ建築Architecture Foundationが建ちますね。楽しみ。グラスゴーにも交通博物館も建つしなんといっても2012年の水泳競技場はすごい。
ザハがデザインした車も展示されてたけどそれはイマイチだった。11月25日まで。

今サーペンタインの前にザハの手がけたインスタレーションも展示中。
これは毎年建つパビリオンが遅れに遅れるため、代わりになんか建ててってことで。
今月12日から21日までの短い展示。
ゴムで出来た森のような感じ。その下に座るとまるで木陰にいるかのよう。
夜には下からスポットライトが当たってきれいらしい。夜も見てみたいな。


そういやこないだウエストミンスター近くでザハをみかけた。
バイトに行く途中で急いでチャリこいでたのにあのフォルムはそれでも見つけられた。
あれは完全に魔女だわ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR