Novartis Campus 4 by SANAA


SANAAの建築があると聞き、トラムで「Novartis Campus」駅へ。
製薬会社ということで入れるか不安だったが、そこはもう戸惑いを見せたら終わりなので歩を止める事なく、何食わぬ顔で受付を通ったら普通に通れた笑 やっぱ自然が一番。まあ中に入ってカメラぱしゃぱしゃ撮ってたわけだけど。
そしてまず現れるのが光の道。早速の洗礼にもはや虜に。ガラスに転写された柄が光で地面に。


そして現れるやわらかなガラスのファサード。
いつもならイラっとする前の木も今回は心地いい。


空の青に溶けるファサード。
伊東豊雄のコニャック・ジェイ病院にも似た感じだけど、こっちはもっとやわらかい印象。伊東さんのが反射率の高いガラスを使っているのに対して、こちらはガラスを2枚重ねる事でやわらかなリフレクションを生んでいる。


しかしこれらのファサードはまだまだ序章に過ぎなかった。
中庭に入った途端に僕はもう感極まってしまいそうになった。
















降り注ぐ光。水面の反射。どれをとっても「神聖」という言葉がしっくりくる。
この中庭を見た時、今回の旅のナンバーワンはこれだと確信しました。
ザハの建物もそりゃよかったけど、やはり形で驚かすのは簡単だと思うんですよ。
それをSANAAは四角いありふれた形で実現させてしまった。素晴らしいです。
彼らが最近コンペで負け知らずなのはこの底力のせいなのでしょう。
これから建つ彼らの作品も見守っていきたいものです。ルーブルも楽しみ。

にしてもこのノマディック製薬さん、恐ろしいです。
なんと同じ敷地にこの10年で、安藤忠雄、谷口吉生、槇文彦、フランク・ゲーリー、アルバロ・シザ、レンゾ・ピアノが建つってんだからただ事じゃありません。全部建ったらどんなことになるんだろうか・・・。
ちなみにこの隣のDiener & Dienerによるキャンパス3。やっぱこういうことじゃないんだよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR