fc2ブログ

ドイツ写真の現在@京都近代美術館


今日は色々チェックしてた展覧会を京都にて拝見。
まずは京都芸術センターの「CRIA」展。版画の院生中塚氏が出してるので観に行ったけど微妙。去年も観に行ったけど結局どういった趣旨でやってるものなのか謎…その後近くのneutronでこれまた中塚さんと映像学科の呉鴻さんのコラボレーション展。ってか中塚さんこの半年で一体いくつ展覧会してるんだって勢い。しかももうすぐ卒展やし…見習おう。
その後はねうさぎにグループ展の時知り合った斉木さんの展覧会へ。斉木さんともお話できてよかったです。
で、今日のメインは授業にて京都近代美術館でやってる「ドイツ写真の現在:かわりゆく「現実」と向かい合うために」を観に行きました。ドイツは写真において多分世界No.1だと思う。ベッヒャー派と言われるデュッセルドルフアカデミー出身者の出現が大きいと言われてます。今回出てなかったけどトーマス・ルフやトーマス・ステュルートなどがそうで、このベッヒャーというのがドイツ写真を大きく変えた人なのです。正確にはベッヒャーは夫婦なので「人たち」ですね。今回はそのベッヒャー夫妻の作品を始め、ベテラン勢と新鋭作家たちを一堂に展示した豪華な内容。展示も1人1部屋みたいにかなり贅沢。それにしても彼らの作品はなんといってもでかい!あんな印画紙があるのかってほど。特にデマンドやグルスキーの作品なんておそろしいです。それもやはりドイツの写真技術の賜物。ドイツでは写真作家の印刷だけで賄える会社があるらしい。日本ではやはりそれだけでは会社つぶれてしまうからどうしてもそうはいかない。その写真作家オンリーの印刷会社はやっぱり写真のクオリティが並外れて高い。美術作品はなんといっても質をあげてなんぼの世界。それに対して普通のメディアは量をあげてなんぼの世界。どっちもやってたらやはり質の向上より生産性を優先させてしまって美術には向かなくなってくるのです。写真やる人はやっぱドイツに行くべきやと思わされた展示でもありました。あと今回ベテラン勢と新鋭の違いが結構はっきり出てて、前者の特徴がでかさなら、新鋭作家たちはデジタルで勝負みたいな感じ。写真を合成したりして写真を「作ってる」って感じですね。僕としてはあまり新鋭は好きな感じではなかったです。少なくともこのままずっと続く感じはしませんでした。まあ、でも全体的には想像よりよかった。
観終えた後そのまま私のゼミ担当の小松氏の展示を観にギャラリー16へ。鏡を使った作品を展示してるのかと思ってたら写真作品でした。僕は彼の鏡の作品が好きなので正直ちょっとがっかりだったりなんてのは此処だけの話。
その後近くの喫茶で皆でゆっくりして解散。友人の呑み助が居酒屋で呑みに行くってんでノリで参加。本気居酒屋で会社帰りの方々に混ざる学生2人。当の呑み助は慣れてるので何の違和感もなし。もう注文とか全部彼に任せて出てくるものをつまんでました。にしてもそこの料理がうまいのなんのって!!スズキの刺身、白子の和え物、ナマコの酢の物、牡蠣フライ、、、マジでうまかった!特に刺身はホンマ新鮮で甘い!あぁ、生きててよかった。

突然ですが明日から1泊2日で東京行って来ます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR