fc2ブログ

上海藝術紀行番外 まとめ

上海 - 1

6回に渡って上海藝術紀行をなんとかまとめまてまいりました。
上海藝術紀行① プラダ榮宅 (Prada Rong Zhai)
上海藝術紀行② Thomas Heatherwick
上海藝術紀行③ 外灘・浦東地区
上海藝術紀行④ 曲阜路地区+M50
上海藝術紀行⑤ 西岸地区
上海藝術紀行⑥ 第十四届上海双年展:“宇宙电影”
こんだけ観て回ってもまだまだ行けなかった場所も多いのです。。。
エリアをかなり絞ったので、そこからはみ出た所はバッサリ切りました。
上海当代芸術館、芸倉美術館、余徳耀美術館、ヒマラヤ美術館、昊美术馆、宝龍美術館、K11、明当代美術館、、、。
ギャラリーも今回ほとんど見れてないし。。。
全部回ろうと思ったら1週間はいるだろうし、足がちぎれてしまう。。。
でもまあ、主要な場所はほとんど回ったと思います。
今回回る上で以下はかなり参考にさせていただきました。

【上海】現代アートマップ2022(artscape)
金澤韻連載「中国現代美術館のいま」 (美術手帖)
上海建築観光案内

今回紹介した場所も、数年後には変わってしまいそうだし、そもそも殆どの人にとっては何の役にも立たない情報w
というわけで、最後にまとめとしてもう少しプラクティカルな情報を書こうかと。
といっても皆が行くような豫園や新天地、虹口、旧フランス租界、上海ディズニーも行ってない。。。
田子坊とコロンビアサークルはギリギリ行ったけど何も面白くなかった。。。一応写真載っけときます。
上海 - 1 (2)

上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (3)

上海 - 1 (4)

上海 - 1 (5)

上海 - 1 (6)

上海 - 1 (7)

上海 - 1 (8)

上海 - 1 (9)

上海 - 1 (10)

上海 - 1 (11)

まずは準備。
僕はtrip.comのホテルと航空券セットを購入しました。
4泊5日で10万円弱!まあまあ上出来だと思います。
ただこの時は知らなかった。。。まさか観光にもビザがいるなんて!!!
北京に行った時はいらなかったビザがコロナを経て、ないと入国できなくなっていたのです。。。
仕方なく取ったわけですがこれがまあ面倒臭かった!!!!!!
まずオンライン上で詳細な申請書を記入。こちら
たった数日滞在の為に家族構成から学歴職歴何から何まで書かないといけないのです。
さらに写真が必要なのですがこれがまた指示の多いこと。
背景は白とのことで、街の写真機使って撮ろうと思ったらそのほとんどがブルーバック!!
仕方なく写真屋さんで撮りました。。。2500円もした怒
書類が揃ったら中国ビザセンターの事前予約をする。(現在事前予約制なし)
予約が取れたら東京の場合はビックサイトにあるビザセンターまで行くことに。遠いよ!!
行った時はさほど混んでなかったけど、混んでたら何時間も待たされるって話もありました。
申請書と写真とパスポートを預けて5日以内にまたピックアップに来なきゃならない。
しかも8500円も払った。。。最悪。
無事取れたものの釈然としないモヤモヤ感はあります。。。
そもそもコロナ前の15日以内の短期滞在ビザ免除は日本とシンガポールとブルネイの3国のみだったそう(何故??)
それが中国の「ゼロコロナ」政策で一旦全部閉じて、昨年7月にシンガポールとブルネイのみまた免除復活。
さらに12月にはコロナ前は免除じゃなかったフランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、マレーシアの6国にも1年間の期限付きでビザ免除になりました。
そこにすら日本は含まれてません。
福島原発の汚水処理問題への制裁措置とも言われてますがどうなんでしょうか?
ただ、このビザ、取らないで入る方法があって、それはトランジットで入るという方法です。
トランジットの場合は144時間ビザなしで滞在可能とのこと。(上海の場合)
台湾でも香港でも良いのでセットで行っちゃえばこの煩わしいビザプロセスはスルーできちゃいます。
まあ、それはそれで面倒臭いけど。。。
IMG_F3B3C01BFA04-1.jpeg

ビザに続いてネックなのがネット問題。
デジタルガラパゴスと言われてる彼の国に行くには事前準備が超重要。
北京の時も書いたけど、普段通りネットを使いたければ「金盾」と呼ばれるネット規制を突破する必要があります。
前回は香港のSIMカードで何とかなったけど、香港のデモ後の影響で使えなくなってるのではと懸念がありましたが、どうも使えるようなのでamazonで事前に購入しました。こちら
実際ちゃんとつながりました。元のAPNは削除する必要はありましたが。
そして相変わらずGPSはズレます。
Googleマップに行きたい場所を保存しようにも出ない場所も多いので、なんとなくの場所にピンを打って保存するしかありません。
その点中国独自の地図アプリである百度地図は精度抜群。こちら
但しこちらは中国の電話番号がないと場所を保存できないので、両アプリで照らし合わせながら目的地へ。
同じ百度が出してる翻訳アプリも便利でした。こちら
そして前回は使えなかったWechatpayとAlipayも昨年の7月から海外クレジットカードとの連携が可能になりました!
現地の決済はほぼこの両アプリなので日本で必ず設定しておきましょう。
因みに日本の電話番号で登録したものの、SIM入れ替えたら使えなくなるかも!と不安だったんだけどそんなこともなく使えました。
但しまだ少しシステムが不安定でたまにエラーが起きます。。。これに関しては事件が起きたので後ほど。。。
あとはパッキングして空港にGO!
楽天プレミアムカードな私は、空港ラウンジが使えるプレミアムパスを持ってるので優雅に過ごしました。
ただ以前は使い放題だったのが年5回までに改悪されたので帰国してから解約しました。。。
上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (2)

上海の空港に着いたら外国人は指紋を取られます。。。
何とか入国を終えて地下鉄で街中へ。
なんとAlipayのアプリで公共交通機関が乗れちゃいます!!
アプリ内でQRコードを出せるので改札にかざすだけ!便利!
毎回海外行く度にまずは現地の交通機関の乗り方を調べるのでその手間が省けた。
しかもこの交通機関が異常に安過ぎ!!!
街中まで大体1時間ぐらいあるんですが、何と7元(140円)で行けちゃいました!
最初1桁間違ってるのでは??と思ったんだけど合ってた。
これ以降も地下鉄初乗り3元(60円)だし、バスなんか2元(40円)で乗れちゃう。
他の物価は日本とさほど変わらないのに謎すぎ。
タクシーも安いらしいんだけど、これがまたアプリじゃないと呼べない。。。
街中で流し捕まえるのはかなり至難の業です。
というわけで今回はタクシー使ってません。
お陰で旅中交通費千円も使ってないけど4日間で11万歩も歩いてた。。。
(25,773歩+27,090歩+32,446歩+25,483歩=110,792歩)
北京の時も歩き過ぎて後半びっこ引いてたけど今回は無事でした。
上海 - 1 (3)

あと街中がめちゃくちゃ綺麗。ゴミ一つ落ちてない!!!
そして治安が最高に良い。
気候は日本よりほんの少し暖かかった。
乾燥が酷いので乾燥肌の人は対策を。
ほぼ毎日晴れてたけど何となくもやがかかってたのは大気汚染のせい?
街中は相変わらず電動バイクが無音で走ってくるので恐い。
しかも信号無視や携帯見ながら運転もあるのでめちゃ危険。。。
おばちゃんたちのクソダサ風除けが可愛かった。
そして日本のキャラクターたちは中国でも人気でした。
上海 - 1

上海 - 1

上海 - 1 (1)

泊まったホテルは人民広場にある金門大酒店(Jin Jiang Pacific Hotel)。
これが1926年開業のクラシックホテルで最高でした。。。
一々素敵すぎて着いて早々写真撮りまくってた。
午前中に着いて荷物だけでも預けようと思ったらチェックインできてめちゃ助かりました。
アメニティも素敵な箱に入ってるけど中身は普通笑
やや古くはあるけど安くて街の中心にあって何の文句もなかった。
因みに目の前の人民広場はいつか散歩しようと思ってたけど毎日疲れ果てて結局一度も行ってない。。。
上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (2)

上海 - 1 (4)

上海 - 1 (5)

上海 - 1 (6)

上海 - 1 (7)

上海 - 1 (8)

食に関しては、レストランを探す余裕がなくて毎晩テキトーな店に入って食べてた。。。
最終日に至っては羽田のラウンジから持ってきたそばを年越しそばにコンビニ飯で済ませました。
小籠包も上海蟹も食ってない!!!!泣
因みにコンビニはファミマにセブンにローソンと日本のものが殆どでラインナップは中国っぽいのもあって面白かった。
上海 - 1 (2)

上海 - 1 (3)

上海 - 1 (4)

上海 - 1 (5)

上海 - 1 (6)

上海 - 1 (7)

その代わりカフェとバーは充実。
今の中国にはこんなネット用語があります。
「早C晚A 」
朝はコーヒー、夜はアルコールという意味らしいです。
というわけでまずは早C。
中国といえばお茶のイメージですが、今の中国は空前のコーヒーブームなのです。
なんでも上海のコーヒーショップの店舗数は東京やロンドン、ニューヨークを超えて世界一らしい。
特にスタバは東京の3倍くらいあって街中のそこかしこで見かけました。
そんな中で大人気なのが2017年にオープンしたスターバックスリザーブロースタリー上海。
本社のあるシアトルに次ぐ2番目のリザーブで、世界最大規模。
コーヒーはもちろん中国茶もあったしパンやスイーツに酒も楽しめます。
店内の巨大な漢字の書かれた焙煎機が凄い。
僕はなぜかコーヒーとマリトッツォを食べました。
上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (2)

上海 - 1 (3)

上海 - 1 (4)

上海 - 1 (5)

上海 - 1 (6)

続いて晩A。
上海に行ったら絶対行きたかったのが「Speak Low」
2014年に後閑信吾が始めたバーで、その年のBest cocktail bar、Best new barの2部門を受賞。
その後2018年に渋谷に「The SG Club」がオープンして、僕も以前行きましたが、やっぱりオリジンの「Speak Low」にどうしても行きたかったのです。
ここが面白いのは、道からは「OCHO」というバーツールショップになってて、店内の隠し扉の向こうにバーへと繋がる階段があるという仕組み。
コロナ禍で増えた「スピークイージー」のはしりなのです。
ワクワクしながら階段を登り、3階まで行くとさらに仕掛けが。
スタッフさんがヒントをくれるのでそこを突破するとようやくバーに辿り着けます。
メニューも一々面白くて、氷に「SPEAK LOW」と刻まれてる!
お酒美味かったなぁ。
上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (2)

上海 - 1 (3)

上海 - 1 (4)

上海 - 1 (5)

上海 - 1 (6)

上海 - 1 (7)

もう一つはRICE BAR。
こちらは日本語の話せるママさんがいるゲイバー。
ワンコがいて可愛過ぎた。
しかしここで大問題発生。
ここに来てPayにエラーが出てしまいお会計できないという事態に。。。
嫌な予感がしてたので1杯目の時点で試してもらったのですが案の定。。。
カードも使えず現金もその1杯分しかなかったのでそれだけ飲んで帰ろうと思ったんだけど、ママに「気にしなくて良いからマティーニも飲んでって!」と言われ、その日はなんとツケで帰ることに。。。日本でもやったことないのに汗
次の日朝からお金下ろしに行ったんだけど何故か下ろせなくて焦りつつ調べたら引き出し限度額がなぜか0円になってたことが発覚して、変更したら何とか下ろせました。
というわけでその日無事にツケ払いに行けて改めて美味しくお酒を頂きました。
ロックダウンの時に補償もなく別の仕事してたとかいう話を聞いて、それでも続けてて偉さしかない。
そんな苦労もしてるのに全く知らない外国人にツケさせるってどんだけ良い人なんよ!!!
そもそも上海マジで良い人しかいなかった。。。
何となく中国人って荒いイメージあったけど完全に払拭しました。多謝!!
因みにPayのエラーの原因は、紐付けてた三井住友のVISAが勝手に不正だと思い込んで止めてたらしい。。。セキュリティが強すぎるのも考えものですね。。。
というわけで上海行ったらRICE BAR皆も行ってみてね。
上海 - 1

上海 - 1 (1)

上海 - 1 (3)

上海 - 1 (2)

最後は年越し。
北京も何もなかったけど上海も何もなし。
なにわの配信見てから、それでもとりあえず外灘まで行きました。
大勢の人が来てて、警察も総動員で規制してました。
少しずつしか進まず結局途中で年越したんだけど、誰もカウントダウンしないので一体いつ越したのかわからないままw
やっと辿り着いたと思ったら無慈悲にもライトアップが突然消えましたw
以前はカウントダウンイベントもあったみたいなんだけど、2014-15の時に将棋倒しになる事故があったらしくそれから全くやってないらしい。
2020年の時はドローンショーやってる動画があったんだけど、実は事前収録だったらしい。。。
まあ、無事越せたので良しとしましょう。
謝謝上海!!!!!再見!!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.05.30-09.06
カルダー:そよぐ、感じる、日本 @ 麻布台ヒルズギャラリー

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.10-23
椿組「かなかぬち」〜ちちのみの父はいまさず〜 @ 新宿花園神社境内特設ステージ

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ @ 青森県立美術館

・2024.07.13-09.28
石田尚志 絵と窓の間 @ 神奈川県立近代美術館 葉山館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.11.30-2025.02.16
鉄とガラス 青木野枝/三嶋りつ惠(仮称) @ 東京都庭園美術館

・2024.11.30-2025.02.09
原田裕規展(仮)@ 広島市現代美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.03.04-06.15
ヒルマ・アフ・クリント展(仮称)@ 東京国立近代美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR