スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Martin Creed @ Hauser & Wirth Coppermill


WHOLE WORLD + WORK = WHOLE WORLD

かつて作品は無だと唱え、電気をつけたり消したりしただけで2001年のターナー賞を手にした男、マーチン・クリードの展覧会のオープニングに行ってきた。
前回受付をホテルにしてたので、今回ちゃんとしたギャラリーの姿を初めて見た。
倉庫をまるまるギャラリーにしててすごい広さ。
入ってすぐ目の前の壁にでかでかと映し出された映像は、なんつーかアレにアレが出たり入ったりするスローモーションの映像。なんか見てるうちに何を見てるのかわかんなくなってくる。
他には木の板を積み重ねたモニュメンタルな彫刻、鉄の塊、ストライプに塗られた壁、女の人の肖像、黄色いFRIENDSという形のネオン管。まあ、わけがわからんのなんのって。
あと、色んなタイミングでピアノを弾くパフォーマーさんがいた。オープニングのみなのかな。後ろに電車が走ってて、その音とのコンビネーションもよかった。
にしても、スタッフが映像が終わる度に電気つけるの大変そうだった。
7月29日まで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。