fc2ブログ

清水裕貴 微睡み硝子 @ PGI

8月都内で観た展示まとめ。

清水裕貴 微睡み硝子 @ PGI (-10/5)
IMG_1828_20220824225430181.jpg

IMG_1829_2022082422543237e.jpg

IMG_1830_20220824225433fe9.jpg

IMG_1831_20220824225435cc6.jpg

IMG_1832.jpg

IMG_1833_20220824225438b15.jpg

IMG_1834.jpg

IMG_1836.jpg

IMG_1837.jpg

IMG_1838.jpg

IMG_1841.jpg

IMG_1842_20220824225517577.jpg

IMG_1843_20220824225519a03.jpg

IMG_1845.jpg


とある美術館の夏休み @千葉市美術館 (-9/4)
IMG_1657_20220824225752057.jpg

IMG_1681.jpg

IMG_1682.jpg

IMG_1683.jpg

IMG_1685.jpg

IMG_1687.jpg

清水さんの展示2発。
まずは始まったばかりのPGIの個展。
今回のシリーズは、昨年稲毛の旧神谷伝兵衛稲毛別荘に発表された「百年硝子の海」から派生したもの。こちら
その時は伝兵衛邸の窓が主人公だったけど、今回はそれに加えて銚子の灯台や琵琶湖疏水、神戸のポートアイランド、東北の防潮堤など日本の様々な地域が映し出されています。
さらに清水作品につきもののテキストも配られています。

「瞼がないから過去も現在も同時に見る。視界は私の体全体に張り付き百年の間一度もこの子の光から逃れたことがない。」
(清水裕貴「微睡み硝子」より)

窓は昔から絵画のメタファーになっていたこともあり、その面全体が視界なんだな、ということにこのテキストを読みながら想いました。
そしてその窓が観た風景たちは、黴や海水、砂によって傷つき、清水裕貴という現代の写真家が撮った新しい写真なのに、誰がいつどこを撮ったのかもわからなくなっていました。
まるで数年越しに届いた誰かからの絵葉書のようで、不思議な郷愁に襲われ泣きそうになります。
写真に加え、コールドスリープの時に出てた海底ワインの空ビンや、微生物が潜んでそうな瓶のようなオブジェも一緒に展示されていて、博物館のような様相も呈しています。

同時に千葉市美術館のグループ展にも参加されています。
今回清水さんには珍しくポートレイト作品が発表されているのです。
この展示は、千葉市美術館というもの自体をテーマにしていて、清水さんはそこに佇む監視員の方々にスポットを当てていました。
まるで風景のように普段展示空間に溶け込んでらっしゃる方々ですが、そこにも個があり、その彼らを主人公にするという視点はさすがだなぁと。
彼らの好きな場所で撮影し、それぞれの写真が独特の技法で刷られています。
個人がわかるかの瀬戸際を写していて、ドラマチックなものからカラフルなものまでその技法の幅広さも必見。
今回清水さんご本人にアテンドして頂いたのですが、途中で撮影して監視の方達に声をかけられてて、とても心温まる光景でした。

ところでこの展覧会、メチャクチャに攻めてて、目[mé]展のキュレーター企画だと聞いて納得笑
今回目[mé]も出品してますが、搬入途中のようなさすがの内容w
写真撮れなかったけど8階の展示が特に攻め攻め。
中崎透さんの学芸員インタビューと共に自作とコレクションを織り交ぜた空間も千葉市美コレクションの成り立ちを垣間見れたり、豪華すぎるコレクションを一望できたりと面白かった。
(中崎さんって名前どこかで聞いたことあると思ってたらNadegata Instant Partyの人か!ってなりました)
ミヤケマイさんの展示も鳥籠作品と若冲、花の作品と田中一村など、とてもマッチしていて最高。
津田直子さんの空間は、展示ケースがひたすら並んでる中で、十八番の映像が繰り広げられてて素晴らしい!
と、ここまでは良かったんですが、後半7階の展示がめちゃくちゃ中途半端だった。。。
小川信治さん、普段あんな絵描いてたとは。。。なんか無駄に心配になった。。。
美術作家じゃない人コーナーは写真撮れたけどどれも中途半端。。。MITOSAYA呑ませろ!
井上尚子の匂いの展示、よくこのコロナ禍で実現したな。。。
とまあ、尻切れとんぼ感はありましたが、前半凄かったので来た甲斐があった。
広報のビジュアルと実際の展示内容がかけ離れすぎてどうかとは思いましたw

5階の常設展では、ミヤケさんの影響か鳥の作品勢揃いで楽しかった!
特に曽我二直庵の「架鷹図屏風」は凄まじかった。。。
これ以前、東京の工芸館閉まる時に観た、鈴木長吉の「十二の鷹」(1893)の原型ですよね。。。
いやはや、めちゃくちゃかっこよかったなぁ。。。
他に秋岡美帆の作品も特集展示されてて、説明にはNECOという特殊プリントされた写真(?)なのだそうだけど、途中で何言ってるのかわからない状態に。。。
とても不思議な作品群でした。
関西の人らしいんだけど、ご遺族の方が千葉の方なのかな?

ところで、この日は千葉市美の周辺グルメを回りました。
駅と美術館の間にある喫茶ヨーロピアンのマロングラッセに舌鼓を打ち、美術館近くの竹田屋さんでステーキのコースを頂いた上に、途中にある蓮池金寿司にハシゴというとんでもないコースw
どれも素晴らしいので千葉市美行く方は是非!
惜しむらくは千葉市美の地下になぜかあるせんべろに行けなかったこと!
美術館の開館時間と関係なく16時半からオープンする謎過ぎるせんべろ。
メニュー見てたら宝焼酎100円だったwww
緊急事態宣言でもないのにコロナの影響で閉まってたのも謎。。。
次回絶対リベンジしたい!


布施琳太郎 個展 「新しい死体」@ PARCO MUSEUM TOKYO (会期終了)
IMG_1509.jpg

IMG_1514.jpg

IMG_1518.jpg

IMG_1512.jpg

IMG_1513.jpg

IMG_1517.jpg

IMG_1522.jpg


久門剛史「RIVER」@ Ota Fine Arts (-10/8)
IMG_1809_202208242300437eb.jpg

IMG_1810.jpg

IMG_1812_20220824230046a23.jpg

IMG_1813_202208242300472a3.jpg

IMG_1815_2022082423004957a.jpg

IMG_1816_20220824230050612.jpg

IMG_1817_2022082423005266e.jpg

IMG_1819_2022082423005324d.jpg

IMG_1821_20220824230055956.jpg

IMG_1822_20220824230056440.jpg


安喜万佐子 絵画展 「松林図」うつろう境界、あらわれる時 @ オリエ アート・ギャラリー (-9/1)
IMG_1895_20220825185004076.jpg

IMG_1896_20220825185005c04.jpg

IMG_1897_202208251850073e8.jpg

IMG_1898_20220825185008cfd.jpg

IMG_1899.jpg

IMG_1902.jpg

IMG_1904_20220825185013d16.jpg

個展3発。
まずは「惑星ザムザ」も記憶に新しい布施琳太郎のPARCOでの個展。
こうした若手の展覧会をしっかりお金をとって観せるのはとても素晴らしいことだと思います。(ちゃんと作家に回るのであればの話ですが)
さて、布施さん、お名前は方々で聞くものの、個人的にしっかり彼自身の作品を観たことがなくて、こうしてまとめて観られるのはとてもいい機会でした。
まあ、結果的に作品自体はよくわからないなぁというのが正直な感想なのですが、青をベースに会場もメディアも統一していて、とてもキュレーションの上手い人だな、という印象。
また、渋谷の街頭ビジョンに映した作品もとてもよかった。
以前ソフィ・カルを観た記憶が蘇りました。こちら

関西から、久門さんと安喜さんの展示はさすがの安定感。
久門さんの東京での展示は4年ぶりとのことだったのだけど、相変わらず美しい。。。
円環をテーマにしてるのか、どれも永遠運動を示唆していて、「River」というタイトルも美しかった。
安喜さんは、前回の横浜展とそこまで作品変わってないけど、空間のスケール変わっても展示方法が柔軟に変わってて、雑多にならないバランス感覚さすが。


MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ @ 東京都現代美術館 (-10/16)
IMG_1427.jpg

IMG_1428_20220824231131bea.jpg

IMG_1430_202208242311321e2.jpg

IMG_1432_202208242311345c7.jpg

IMG_1433_20220824231135355.jpg

IMG_1435_2022082423113708e.jpg

IMG_1436.jpg

IMG_1437.jpg

IMG_1439.jpg

IMG_1442.jpg

IMG_1444.jpg


ヴォイド オブ ニッポン 77 – 戦後美術史のある風景と反復進行 – @ GYRE (-9/25)
IMG_1530_20220824230626055.jpg

IMG_1533.jpg

IMG_1534_20220824230629776.jpg

IMG_1535.jpg

IMG_1536_20220824230632cb4.jpg

IMG_1541_20220824230633b0f.jpg

IMG_1538_20220824230750c84.jpg

IMG_1540_20220824230751b23.jpg

IMG_1539_20220824230752a43.jpg

IMG_1544.jpg

IMG_1537.jpg

IMG_1545.jpg

IMG_1548_202208242307587c8.jpg

IMG_1550.jpg


鈴木大拙展 Life=Zen=Art @ ワタリウム美術館 (-10/30)
IMG_1908.jpg

IMG_1912.jpg

IMG_1916_202208252053354f0.jpg


グループ展3発。
都現美のMOTアニュアルは個人的にとても嫌悪感。
「悲しみも苦しみも何もかも分け合えばいいんじゃないなんて
カンタンに言うけどねそんなこと出来るならやってる」

とは浜崎あゆみ様のお言葉ですが、本当にそういうことだと思います。
言いたいことはわかるけど、他人の悲しみや憎しみをそんな簡単に引き受けられますか?って思っちゃう。
そもそもその他人はそこをシェアしてほしいと思っているのか?
特にヤマユリ園をテーマにした工藤春香さんの作品は受け入れられなかったなぁ。。。
大久保ありの個人のストーリーをあそこまでの空間にしたのは本当にすごかった。
他の2名には何も感じなかった。。。

GYREの方は、いつも掲げてるテーマや参加作家は凄まじいんだけど実際の展示が毎度中途半端。。。
今回もロラン・バルトや三島由紀夫を出してきて、「戦後日本」を謳いながら、ハイレッド・センターのお三方、河原温、三島喜美代、青山悟に大山エンリコイサムと超豪華なんだけど展示というかほぼ陳列って感じでさらっと観てしまう。。。

最後はワタリウムの鈴木大拙展。
ワタリウム、ちょっと目を離した隙にとんでもない展覧会やってる。。。
テーマもやばいけど出品作家もやばすぎる。。。
木喰明満/岡倉天心/南方熊楠/西田幾多郎/鈴木大拙/柳宗悦/棟方志功/ジョン・ケージ/ヨーゼフ・ボイス/ナムジュン・パイク/谷口吉生/坂本龍一/山内祥太/仙厓義梵/カジミール・マレーヴィチ/J・D・サリンジャー
もはやアート展と言っていいかも謎だけどとにかく凄い。
実際観てみるとほとんどが資料なんだけど、とても勉強になります。
鈴木大拙と西田幾多郎が同級生だったなんて初めて知ったよ。。。
写真はないけど南方熊楠の手紙やメモもやばい人感出てて最高だったw
地下のオンサンデーズでは民藝の器が売ってたりカオス過ぎて最高。
1階のショップではうちのお客様のMalaNocheitiitiのジュエリーが並べられてるのでこちらもチェックしてみてください!


以上!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.05.30-09.06
カルダー:そよぐ、感じる、日本 @ 麻布台ヒルズギャラリー

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 @ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.10-23
椿組「かなかぬち」〜ちちのみの父はいまさず〜 @ 新宿花園神社境内特設ステージ

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ @ 青森県立美術館

・2024.07.13-09.28
石田尚志 絵と窓の間 @ 神奈川県立近代美術館 葉山館

・2024.07.28-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.10-2025.01.19
アレック・ソス(仮) @ 東京都写真美術館

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「『不在』―ソフィ・カルとトゥールーズ=ロートレック @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.11.30-2025.02.16
鉄とガラス 青木野枝/三嶋りつ惠(仮称) @ 東京都庭園美術館

・2024.11.30-2025.02.09
原田裕規展(仮)@ 広島市現代美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2024.02.27-2025.06.08
鷹野隆大 @ 東京都写真美術館

・2025.03.04-06.15
ヒルマ・アフ・クリント展(仮称)@ 東京国立近代美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR