fc2ブログ

名和晃平 生成する表皮 @ 十和田市現代美術館

IMG_9818.jpg

IMG_9820.jpg

IMG_9824.jpg

IMG_9827.jpg

IMG_9826.jpg

IMG_9872.jpg

IMG_9873_20220702234732d39.jpg

IMG_9874.jpg

IMG_9876.jpg

IMG_9879.jpg

IMG_9880.jpg

IMG_9881.jpg

IMG_9882.jpg

IMG_9884.jpg

IMG_9886_20220702234744801.jpg

IMG_9887.jpg

IMG_9888.jpg

IMG_9889.jpg

IMG_9892.jpg

IMG_9895.jpg

IMG_9896.jpg

IMG_9897.jpg

開館した2008年以来の14年ぶりの訪問!!こちら
そんなに時が経ってたなんて。。。恐ろしや。。。
当時も曇りでしたが今回も曇りw
この美術館は曇りが似合うと言い聞かせてます。
外には鈴木康広のリンゴの彫刻や奈良美智の壁画が増えてました。

で、現在この十和田市美術館では名和晃平展が開催されております。
名和さん、最近の作品、お世辞にもいいとは言い難いので正直ほぼ期待せずでした。
が、なんと今回の展示されてる作品はどれも良質な名和晃平でした!!
何と言っても今回の目玉である新作のBiomatrix(W)は最高でした。
シリコンオイルがグリッド状に気泡を生成する様は一生見ていられる。。。
2018年のSCAIでの個展でも出してましたが、いい作品ですね。
そして、この冬にNomartで展示してた学生時代のドローイングと新作のドローイング。
新作のドローイングもここ最近の中では特に良かったけど、やっぱり学生時代のドローイングが良い。。。
最近のドローイングはシステムに縛られてる感じがあるんですよね。
これはサンドイッチという工房システムに依るところも大きいとは思うんだけど。
僕はGUSHぐらいまでの名和さん自身が没入するように描いてたドローイングがやっぱり好きだな。
で、常設に新たに加えられた名和晃平を代表するPixCellの鹿の作品。安定の良さ。
やっぱり、名和さんって、無形のものや既にあるものに付け加えるような作品は安定感あります。
正直彫刻家という肩書きなんだけど、造形センスはそこまでないかと。。。
最近の3Dの作品とかは絶句するぐらい良くないと思います。
この辺の作品まだ深化できそうなのでこっちで行って欲しいな、と改めて思いました。


さて、14年ぶりの訪問でしたが、前回は室内の展示撮影不可だったのかブログに載せてないので、前回載せてない分を載せていきます。
塩田千春とレアンドロ・エルリッヒが新収蔵。
エルリッヒの作品、示し合わせたように子供達が入ってきてくれて良い絵が撮れましたw
こんなのあったっけ?ってやつ何個かあったけど記憶にないだけだった。。。

ロン・ミュエック「スタンディング・ウーマン」
IMG_9833.jpg

山本修路「松 其ノ三十二」
IMG_9836.jpg

塩田千春「水の記憶」
IMG_9837.jpg

IMG_9840.jpg

IMG_9842.jpg

IMG_9843.jpg

IMG_9845.jpg

ハンス・オプ・デ・ビーク「ロケーション(5)」
IMG_9846.jpg

IMG_9847.jpg

トマス・サラセーノ「オン・クラウズ(エア・ポート・シティ)」
IMG_9853.jpg

IMG_9854.jpg

オノ・ヨーコ「念願の木」「三途の川」「平和の鐘」
IMG_9857.jpg

アナ・ラウラ・アラエズ「光の橋」
IMG_9859.jpg

栗林隆「ザンプランド」
IMG_9863_20220703002754d17.jpg

フェデリコ・エレーロ「ウォール・ペインティングミラー」
IMG_9904_2022070300285472a.jpg

IMG_9908.jpg

マリール・ノイデッカー「闇というもの」
IMG_9919.jpg

ボッレ・セートレ「無題/デッド・スノー・ワールド・システム」
IMG_9920.jpg

ラファエル・ローゼンダール「RR HAaiku 061」
IMG_9923.jpg

レアンドロ・エルリッヒ「建物ーブエノスアイレス」

IMG_9924_20220703003200093.jpg

IMG_9925.jpg

IMG_9930.jpg


あといくつか誰のかわからないものも。。。(そもそも作品なのか?)

IMG_9870.jpg

IMG_9932.jpg

IMG_9946_20220703004942214.jpg


カフェでは大岩雄典さんがトークしてた。これは後述。
ショップで探してた飯川雄大さんのヨコトリの冊子が売ってて大興奮で購入!
飯川さんは市内を走るバスのデコレーションを担当してます。ステキ!

IMG_9900.jpg

IMG_9901.jpg

IMG_9812.jpg


14年前になかったと言えば美術館前の道路渡ったアート広場。
街をアートが侵食していくようで面白い。

エルヴィン・ヴルム「ファット・ハウス/ファット・カー」
IMG_9934.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9941_20220703005014840.jpg

IMG_9937.jpg

草間彌生「愛はとこしえ十和田でうたう」
IMG_9943.jpg

ジャウメ・ブレンサ「エヴェン・シェティア」
IMG_9947_20220703005234e59.jpg

インゲス・イデー「ゴースト/アンノウン・マス」
IMG_9948.jpg

IMG_9949.jpg

ニュー-テリトリーズ / R&Sie(n)「ヒプノティック・チェンバー」

IMG_9953_20220703005402f9b.jpg

IMG_9955.jpg

IMG_9957_20220703005405254.jpg


最後に、今回最も観たかったのが目[mé]が作った「space」。
スナックの入ってた空き家の2階をスパン!とくり抜いてできたような空間。相変わらずクレイジー。
そこに前述の大岩雄典さんが個展を開催していました。
正直わかりにくい作品で、美術館の中にもPにまつわるものが置いてたらしい。
って、さっき誰のかわからない作品書いてたのそうやん!書いてて今気づきましたw (プラモデル、ペット、パラシュート?)
今後も惑星ザムザに参加してた青柳菜摘さんや百瀬文さんがここで個展するそうで今後も楽しみ。

IMG_9960.jpg

IMG_9962.jpg

IMG_9963.jpg

IMG_9964.jpg

IMG_9967.jpg

IMG_9969.jpg

IMG_9970.jpg

IMG_9971_20220703010724613.jpg

IMG_9974_20220703010725912.jpg

IMG_9973_202207030108118d2.jpg

IMG_9975.jpg


名和晃平展は11月20日まで。こちら
大岩雄典展は9月4日まで。こちら


それにしても十和田、寂れてますね。。。
バスの時間とか潰せる場所がほとんどないです。。。
僕は八戸を拠点に動いてて、八戸からは前投稿のブックセンターの目の前のバス停から出てるバスで1時間半ぐらい。
グーグルマップではそのルートなぜか出てこないのでご注意ください。こちら

で、八戸はというと、昨年八戸市美術館がリニューアルして話題になりました。
が、実際行ってみると、これは美術館と呼べるのか??という代物。。。
ジャイアントルームというでっかい吹き抜け空間が売りなのですが、特に展示室というわけでもなく市民の憩いの場って感じで、それだったら美術館って呼び方しなくて良いんじゃない?とすら思いました。
やってる展覧会もアレだったので観てないですが、あまりに勿体無かった。。。
せっかく八戸いい街なのに本当に悔しい。。。
次回の佐藤時啓の展示はちょっと期待できるけど。。。
また八戸行きたいのでぜひぜひ凄い展示やってください!!!

IMG_9763.jpg

IMG_9766_20220703011927df0.jpg

IMG_9769.jpg

IMG_9773.jpg

IMG_9778.jpg

IMG_9781.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR