fc2ブログ

内海聖史展 Coriolis -コリオリ- @ Bunkamura Box Gallery

IMG_5560.jpg

内海さんの個展初日にお邪魔しました!
作品が凄いのは言うまでもないですが、今回も「仕掛け」が凄いです。
入り口入るとキャンバスに描かれた作品と鏡とカラーアクリルが組み合わされたものが壁にずらりと並びます。
鏡の作品は那須の個展で初めて見たけど、今回カラーアクリルと組み合わさられることで、「あらゆる時間」とのリンクも見られました。
そこに映し出される他の作品の在り方も面白かったです。

IMG_5559.jpg

IMG_5548.jpg

IMG_5547.jpg

IMG_5544_20220428094611d78.jpg

IMG_5545_20220428094613310.jpg

IMG_5538_202204280946160d4.jpg

IMG_5536_20220428094617a43.jpg

IMG_5537_20220428094619194.jpg

IMG_5535_20220428094817a00.jpg

IMG_5532_202204280948170a5.jpg


そしていよいよ大作のお目見え。
作品自体が壁となっていて、観客の動線を作っているという「仕掛け」でした。
タイトルになってる「コリオリ」とは慣性の法則を発見した人の名前だそう。
内海さんは元々かなりの展覧会ウォッチャーなのですが、動線に着目するのはその辺りの観客側の目線もわかっているからこそですよね。
ちなみに内海さんの作品をいつも観ている方が、大作はどうせ裏側しか見せないんでしょって観る前に引き返してきたってエピソード凄い笑
前の三越の時も確かに見えない作品ありましたもんねw

それにしてもこの大作凄い。
色彩もそうですが、いつも以上に荒々しい絵の具の染みみたいなのが見受けられて面白かった。
写真に撮ると床に映る色彩も美しい。。。
色彩に包まれる感覚は内海作品の真骨頂。至福でした。
そして、普通観られない絵画の裏も見えるのがお得。
僕は絵画を見る時淵の部分も見るのが好きなんです。
そこにその絵画の描かれるプロセスが垣間見えるから。
今回更にその先の裏側も見れて楽しかった。
内海さんの作品はまた、この「仕掛け」を作り出すための小道具も凄い。
今回額屋さんに頼んで作ってもらったとのこと。
搬入大変だったろうな。。。

IMG_5521.jpg

IMG_5519.jpg

IMG_5522.jpg

IMG_5523_202204281006136cb.jpg

IMG_5527.jpg

IMG_5529_20220428101517be6.jpg

IMG_5540.jpg

IMG_5530_202204281015204da.jpg


そして、実は「仕掛け」はこれだけではありません。
外にも展示があるんですが、なんと色付き鏡は外の作品の色とサイズが同じ作品があり、同じく外の色付き鏡はギャラリー内の作品と色とサイズが同じなのです。
この補完関係はアートフロントの時の展示とリンクしますね。
プライスリスト見てたら作品と鏡がセットで販売されてた笑

IMG_5561.jpg

IMG_5556.jpg

IMG_5557_20220428102936e23.jpg

IMG_5554.jpg


この展覧会は5月5日まで。会期短いので急いで行ってください!こちら
ちなみにお隣のギャラリーでは金子國義展がやってました。
あまり期待せず観ましたが、版画を中心に大型の油彩画なんかもあってびっくり。
下のミュージアムでもボテロ展が開催されてるのでGW予定ない方は合わせてどうぞー。


<関連記事>
内海聖史「highball paintings」@ 殻々工房
内海聖史「dual」@ A'holic 終了しました。
内海聖史「dual」@ A'holicのお知らせ
『dual』内海聖史展 @ 三越コンテンポラリーギャラリー
内海聖史「squid」@ ART FRONT GALLERY
内海聖史さんのこと。
内海聖史「あらゆる時間」@ GALLERIE ANDO
「panorama すべてを見ながら、見えていない私たちへ」@京都芸術センター
内海聖史「ボイジャー」@eN arts
風景ルルル@静岡県立美術館
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR