fc2ブログ

仏蘭西日記2021 DAY11

IMG_5724_2021092104590899b.jpg

いよいよ明日がフランス最終日です。
早かったような長かったような。。。
来るまで本当に来られるのかドキドキでしたが、こうしてフランス旅も終わりを迎えようとしてると思うと感慨深いです。
てことで今日は食い道楽の日にしました。
食の国フランス、と言えども同じく食の国日本から来た者としては満足いくものに出会えるのは至難の業。
日本人は相当舌が肥えてるし、日本だとなんといってもコスパが良すぎ。
これまでも、まあうまいっちゃうまいけど、日本やったらこんだけ出したらもっとええもん食えんで、みたいなのが多くて正直満足いく料理に出会えてませんでした。
日本帰ったら美味しいもんたらふく食ったらええわとは思うものの、やっぱ現地でしか食えない絶品料理が食いたい!
と思いながら、何故か朝からミートボールスパゲティ食ってるASMR動画見てたんですが、昼間寄ったパレ・ド・トーキョーのレストランにドンピシャのミートボールスパゲティがあったので注文。そしたら僕の大好きな太麺タイプでめちゃ当たりでした。
そこからホテルへの帰り道で見つけたケーキ屋さん(La Pâtisserie Cyril Lignac)に出くわし、まんまと二つ購入。
ホテルでコーヒーと食べたらまあ美味くて2つペロリ。
夜は、テキトーに高級デパ地下的なところで摘もうかと考えて、シャンゼリゼ通りのラファイエットに行ったら、まさかの地下ががら空きで、ほとんどのお店が閉まってる。。。
計画が潰れ、シャンゼリゼ通りでまさかの「最後の晩餐」難民。
日本は「孤独のグルメ」天国だけど、こっちだと中々1人で入れる店がないんですよね。
そういやどこかでビストロなら1人でも入れると聞いたので、マップでビストロで検索して、辿り着いたのがガゴーシアン近くにある「Le Mermoz」というお店。
メニューがフランス語しなかったけど、店員さんがいちいち英語に訳してくれてめちゃ親切。
そもそもメニューが10品ぐらいしかないのも好感が持てる。
僕の中でメニューの少ない店はそれだけ自信のある証。
なんとか決めて、白ワインと共に登場したテリーヌが声が漏れそうなくらい美味かった。。。
そこから、タコのなんちゃらって料理も美しすぎてため息。
さらにトウモロコシのリゾットなんて初めて食べた。。。最&高。
調子に乗ってアップルパイも頼んだら、パイかと思ってた部分がアップルでめちゃびっくり。
もう、驚きと美味しさで、最高の「最後の晩餐」になりました。
メニューもしょっちゅう変わるらしいので近くにあったら通いたい!
満腹すぎてしんどかったけど、夜のシャンゼリゼ通りを歩きながら帰りました。

IMG_5704.jpg

IMG_5716.jpg

IMG_5717_202109210524065a1.jpg

IMG_5720_20210921052551595.jpg

IMG_5721_20210921052508382.jpg

IMG_5722_2021092105250800c.jpg


ここからは帰国準備に関して書きます。
ほとんどの人が無用な情報だと思うので、近日フランスから帰国する予定のある方のみどうぞw



さて、帰国に向けて動き出さねばなりません。
帰国の際、いくつか提出書類があります。こちら。(2021年9月20日時点)

検査証明書(出国まで72時間以内)
誓約書
質問票(ネットで事前回答後QRコード提出)
あとは日本で携行するスマホとアプリ(MySOS/COCOA)

これらを全部揃えて帰国するわけですが、最も入手難易度が高く、最も厳しいのが検査証明書です。
知らない土地でPCR検査を受け、さらに日本が決めたフォーマットに則って記入してもらわないとダメ。
これで折角陰性だったのに、記入法が違ってたりして強制送還なんて話も聞いてます。。。恐るべし日本の役所仕事!
てか、そもそも陰性じゃないと帰国すらできないんだけどね。
故に僕は日本にいる時以上に気をつけて過ごしてました。
外で誰もマスクしてなくてもするとか、消毒液あるところは必ず手指消毒するとか、過度の人との接触をしないとか。
日本だったら何とかなるか、と思っちゃうけど、こっちで陽性になったらシャレにならない。。。

で、検査証明書です。
パリだと、在フランス日本国大使館がHOPITAL AMERICAINをお薦めしています。
ここは日本語のわかるスタッフがいて、HPも何と日本語がある!こちら
そして、申し込みフォーム(word)に書き込んでメールすると予約ができる。これも全部日本語で出来ちゃいます。
で、僕もここに出国前にメールしてみたわけです。
そしたら月曜火曜のフライトの人は受け付けてないとのこと。。。
何でかというと、この病院は土日が休みで、PCRの結果が出るのが24時間かかる為、間に合わないんですよね。
火曜の夜出発だったら月曜の朝受ければギリギリ間に合うんじゃね?とも思いましたが、確かに当日に陽性とかなってたら焦るし、病院側も責任持てないしね。
水曜のフライトにしとけばよかったーーと思うも後の祭。
仕方なく他を当たる。
僕の場合は火曜の夜発なので、日曜やってるところを探すしかない。
またまた在フランス日本国大使館が提供している「厚生労働省が定めるフォーマットに基づく新型コロナウイルス検査証明書を取得できる検査機関リスト」を見て、日曜やってるところを探すもやっぱり中々なくて、パリ市内だと一箇所だけあった!!!
それが、Laboratoire BIOLAM-LCD FELIX EBOUEというところ。
もうここに賭けるしかない!!
念の為、予約とか出来るのか出国前にメールしたら、「予約もいらないし、ちゃんと日本政府が決めたフォーマットで発行してあげる」という心強い返信を頂いたのです。
ってことで、日曜日の朝そちらのラボへ。
そしたら人だかり。。。!!!
やっぱり日曜やってるとこなんて他にないものね。。。
入口に黒服の強そうな黒人スタッフが立ってて、フランス語で何か言ってる。。。わかんねぇ。。。
PCR-TEST?って聞いたらとりあえず列に並べとのこと。
列といってもラボの左右に列があって、どっちかわからないけど、とりあえず向かって左の列に。
自分の番が回ってきて、行こうとしたらQRコードは?って聞かれて、衛生パスのこと?って聞いたら、Nonと。
ここでめっちゃ血の気が引いた。予約いらないって言ってたじゃん!
そしたらスマホでその場でできるやつだった。こちら
列の端で、入力していく。
携帯番号はなぜかフランスナンバーじゃないとダメで、どうしたらいい?って聞いたら0606060606って打てって言われて言われるようにして、CPAM numberってのが最後にあって、これは?って聞いたら1を連打しろって言われて言われた通りやって何とか登録完了。
無事QRコードが発行され中へ。
そしたら機械にQRコードをかざせと言われたのでそうしたら入力した内容が出力されて、それを受付に持っていく。
受付ではID(パスポート)の提出とお支払い。
フランス人は多分今のところ無料なんだろうけど外国人は67.68ユーロ払いました。日本よりは安い。
そしたらまた外へ。今度は右の列に並ぶ。
そしたら検査員ぽい人が現れて「MORIKAWA?」と呼ばれたらついていく。
「フランス語話せる?」っていうフランス語の聞き取り完璧になって食い気味に「Non!」って返せるようになったw
検査室に行くと、登録した情報の確認と、検査結果の使用目的を聞かれる。
「日本に帰るので、日本のフォーマットで検査証明書が必要なんです」という旨を伝えて、印刷したフォーマットも見せる。
「OK」と言われ検査スタート。
2日目に受けた抗原検査と同じ、長い綿棒鼻に突っ込まれるやつ。
検査自体はものの1分ほどで終わり受付へ。
「明日また来なさい。陰性なら検査証明書に記入してあげる」と言われ終了。
その晩メールで「陰性」という検査結果が届いてめっちゃ安心しました。
で、次の日、フォーマット持って受付行ったらあっさり書いてくれた。メルシーボークー!!
ってことで何とか帰国の準備は整いました。

IMG_5622.jpg

IMG_5696.jpg


ところで、先日入国条件が変更されて、何と20日以降のフランスからの日本入国者に対する強制隔離3日間がなくなったとのこと!!
ってことで、帰国したらそのまま家に帰れるーーーー!!!
これはめっちゃでかい!!
やー、本当についてます。ありがたいーー!
ホテル隔離に向けてインスタントコーヒーとか用意してたんだけどw
何とか無事帰国してお家に帰れますように!
日本の空港でも検査が待ってるので、まだまだ引き締めて過ごしていきます。

E_gOUozVgAEk82H.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR