fc2ブログ

加藤翼 縄張りと島 @ 東京オペラシティ・アートギャラリー

IMG_3937.jpg

「ISEYA Calling」(2012)
IMG_3938_20210724203438146.jpg

IMG_3946.jpg

IMG_3947.jpg

「Superstring Secrets: Hong Kong -tai po」(2020)
IMG_3944.jpg

IMG_3949.jpg

IMG_3953.jpg

IMG_3958.jpg

「Underground Orchestra」(2017)
IMG_3957.jpg

「F.F.H. (深川, フューチャー, ヒューマニティ)」(2011)
IMG_3960.jpg

IMG_3963.jpg

「凸 凹 01」(2007)
IMG_3964.jpg

IMG_3961_20210724204132ee7.jpg

「Turningman」(2012/2021)
IMG_3965.jpg

「Can You Hear Me?」(2015)
IMG_3968.jpg

IMG_3978.jpg

「日本列島重力異常図(東京)」(2021)
IMG_3975.jpg

「Superstring Secrets: Tokyo」(2020)
IMG_3980.jpg

IMG_3977.jpg

IMG_3969.jpg

「H.H.H.A. (ホーム, ホテルズ, 秀吉, アウェイ)」(2011)
IMG_3979.jpg

「2679」(2019)
IMG_3990.jpg

「凸凹01/02」(2007/2008)
IMG_3999.jpg

「Listen to the Same Wall」(2015)
IMG_4005.jpg

ちょっと期待しすぎちゃった感はあるけど、それでもやっぱり面白かった加藤翼展。
まずがっかりポイントから言っちゃうと、この資材置き場のようなごちゃごちゃ感やカオスは、このオペラシティ・アートギャラリーでは見慣れたものになりすぎてしまったのがなぁと。
直前に千葉正也展もあったのでちょっと既視感が否めず、挑戦的な展示ではあるけど新鮮味に欠けてしまったのです。これは加藤さんのせいではないんだけど、それだけに残念。
あと、このカオスの為に、キャプションがハンドアウトの為に分かりづらく、しかもそのハンドアウトも展示順ではなく制作年順に書いてあるので展示番号をいちいち探さなきゃいけないのがすごく煩わしかった。
初めて加藤翼を知る人にとってはとても入りづらい展示なんじゃないかな。

それはそれとて、彼がこれまでやってきた作品というよりも「コミュニケーション」と言った方がしっくりくるような、そんな軌跡が辿れたのは本当に良かった。
彼の作品は所謂ソーシャリー・エンゲージド・アートに入ってしまうのかもしれないけど、それだけに回収されない造形的な部分やらが見て取れて楽しかったです。
特に、写真には収まらないけど、今回の展示で最も印象的だったのは音でした。
彼の作品は「引き興し」に代表されるような、祭のような土着的なものを感じてはいたけれど、会場に溢れる音が、どこかプリミティブで改めてこの作家が奏でてきた音を堪能できました。
確かにあいちトリエンナーレで発表した「2679」や、「Listen to the Same Wall」のように、直接的に音(音楽)を取り入れた作品もあるけれど、「Underground Orchestra」のように音楽以前の音を扱ったもの、そして引き興しが起す音なども会場中に溢れかえっていました。
音と言えば、2011年、震災の直後に大阪で行った「H.H.H.A. (ホーム, ホテルズ, 秀吉, アウェイ)」で、出来るだけ音を起こさないようにしたというエピソードがとても印象的でした。
あの時の展示は鮮明に覚えています。
加藤翼「ホーム、ホテルズ、秀吉、アウェイ」@アートエリアB1

あと、僕は初めて見たけど、本を使った小品も所々にあって面白かったです。

IMG_3943.jpg

IMG_3955.jpg

IMG_3970.jpg

IMG_3986.jpg

IMG_3995.jpg

最後に好き勝手言ってしまうと、やっぱり「引き興し」以降で、彼の代表作と言えるものが出てないのが改めて。
「引き興し」はやっぱりすごすぎて、以降の作品はその派生に見えてしまう。
まだまだ30代半ば。これから彼の進化が楽しみでもあり、そういう意味でもこの展覧会は未来から見た時にとても重要な展覧会になると思います。
9月20日まで。こちら


他に観た展示たち>>
佐伯慎亮 「AWAJIMAN」@ スタジオ35分
会田誠展「愛国が止まらない」@ MIZUMA ART GALLERY
袁方州「虚実体 The nonentity within the entity」@ デカメロン
上村洋一 + エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」@ ポーラミュージアムアネックス
約束の凝集 vol.4 荒木悠 @ gallery αM
八木良太「浦島太郎の宇宙旅行」@ MUJIN-TO Production
かんらん舎・ 大谷芳久の手探り @ Sprout Curation
one's signal—前期 @ KEN NAKAHASHI

IMG_3765.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.06-04.07
中平卓馬 火―氾濫 @ 東京国立近代美術館

・2024.02.23-04.14
生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真 @ 東京ステーションギャラリー

・2024.02.17-05.12
アブソリュート・チェアーズ @ 埼玉県立近代美術館

・2024.02.22-25
マームとジプシー「equal」 @ 吉祥寺シアター

・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10-12
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR