fc2ブログ

アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

昨年のコロナ延期から1年の時を経てようやく開催に漕ぎ着いた「アンサンブル・スタジオ展」。
それも当初6月8日からだったのが24日からに。
緊急事態宣言を受けてのことかと思いきや「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う世界的なコンテナ不足とスエズ運河座礁による海上輸送の混乱の影響」とのこと。なんかすげえや。。。
とにかく楽しみにしていた展覧会でした。
と、ここで告白しなければならないのが、開催直前までてっきりターナー賞を受賞したグループだと思い込んでたらそっちはアセンブルでしたwwwww
アンサンブル・スタジオとは、アントン・ガルシア=アブリルとデボラ・メサ率いるスペインの建築集団。
一言に「建築」と言っても彼らのそれは一味も二味も違います。
とりあえず会場風景。

IMG_3203.jpg

IMG_3204.jpg

IMG_3205.jpg

IMG_3206.jpg

IMG_3211.jpg

IMG_3213.jpg

IMG_3216.jpg


えっと、、、これは、、、一体、、、???

戸惑いを隠せなかったのですが、これが彼らの「建築」。
展覧会の副題に「大地の建築」と付されてるように、彼らの建築は人智と自然が融合したダイナミクスを孕んだオブジェです。
それを「プリミティブ」という言葉で片付けてしまうには余りある作品群。
特に上の階で映像展示されてた、彼らの出世作でもある「トリュフ」と近作の「カン・テラ」は凄すぎる。
前者は一見岩の塊に見えて、ちゃんと家の機能が備わったコンクリートの塊。
その工法が異常で、土で型枠を作り、さらに内部には干し草を敷き詰め、鉄筋を入れずに土と干し草の間にコンクリートを少しずつ流し込み、固まったらまず外の土を除け、中の干し草はなんと子牛のバウリーナが食べることで内部のボイドが出来上がるという仕組み。。。!!!(バウリーナは300kgの立派な成牛になったとかw)
ちょっと何言ってるのかわからない、という方のために映像がありました!



カン・テラは、置き去られたかつての採石場をそのまま住居にするというプロジェクトで、彼らがやったのは光を入れるために穴を開けたり、扉をつけたりと最小限の操作。まるでカタコンベ。
これが物凄い広さなんだけど、誰が住んでるんだろう。。。
こちらも映像がありました。




とまあ、こんな感じで彼らのプロジェクトは大地と切っても切り離せない関係にあります。
そもそも建築は大地の上に建ってるからそれはそうなんだけど。
今回の模型も発泡スチロールに土をまぶしてたりして、本当に独特。
会期は9月12日まで。要予約。こちら
今回の展覧会では紹介されてない、まだわかりやすい建築もあるので公式HPもチェックで笑
https://www.ensamble.info


最近観た建築>>

House NA by 藤本壮介
IMG_2457.jpg

IMG_2458.jpg

IMG_2455.jpg

羽根木の森 by 坂茂
IMG_2881.jpg

IMG_2882.jpg

IMG_2883.jpg


どちらも個人邸なのであまりジロジロ見られず。。。
前者はマジで偶然通りかかって見つけた。
後者は木に囲まれすぎてよくわからなかったけど、はなれは坂さんらしいな、と。
あと、まだ開館前だけど早稲田大学内の隈研吾による村上春樹ライブラリーが酷すぎた。。。
ここに載せるのも嫌なのでTwitterみてください。。。こちら
結構注目されてる建物でよくこんなゴミみたいな仕事するよね。。。
これ見てますます東近美で始まる隈研吾は死んでも行かないと固く決意しました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.06-04.07
中平卓馬 火―氾濫 @ 東京国立近代美術館

・2024.02.23-04.14
生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真 @ 東京ステーションギャラリー

・2024.02.17-05.12
アブソリュート・チェアーズ @ 埼玉県立近代美術館

・2024.02.22-25
マームとジプシー「equal」 @ 吉祥寺シアター

・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10-12
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR