fc2ブログ

「写真の都」物語 ―名古屋写真運動史:1911-1972― @ 名古屋市美術館

IMG_9205.jpg

関西からの帰りに名古屋で途中下車。
目的は名古屋市美術館でやってる「写真の都」物語。
この展覧会、2月に開催した「現代アートのたまり場vol.5」の内容そのままなんです。
気になる方はこちらで。
僕自身写真そこまで詳しくなかったのですが、これを機に勉強して俄然写真史が気になるようになりました。
特に日本の写真史は本当に面白いんですよね。
日本はこと現代アートにおいては周回遅れも甚だしいんだけど、写真ではドイツ・アメリカに肩を並べるぐらい素晴らしい写真家を多数輩出してます。
実際ニコンにキャノンにカメラ生産国としても世界一ですからね。
そんな日本写真史の基礎となるのがこの展覧会。
もうまさに先日やった内容が現物で勉強できる素晴らしい機会でした。
まずは最初の写真ムーブメント「ピクトリアリズム」。
その運動を推し進めてきた団体の一つが日高長太郎を中心に名古屋で1911年に活動を開始した「愛友写真倶楽部」。
これも勉強中にゴム印画やカーボン印画等の技法を目にしてましたが、実物を見ると、確かに写真の物質感がすごい。
そして何と言っても絵だか写真だかわからないぐらいのぼやけ方。面白い。
お次は「新興写真」と「前衛写真」。
こちらも勉強してきた内容が実物で観られて本当に感動しました。
特に1939年結成の「ナゴヤ・フォトアバンガルド」の中心人物、坂田稔の作品はどれも力強かった。
戦後の「主観主義写真」を牽引した後藤敬一郎の写真も圧巻。
それから何と言っても東松照明の登場。
数はそこまで多くないものの彼の代表作が観られて最高すぎた。。。
最後はなぜか中学生の作品で終わるのがちょっとなぁって感じだけど。
それにしても名古屋の写真史、東松照明以降が続いてないのが少し残念。
この展覧会のこの終わり方もさもありなんって感じなのかも。
これは写真に興味ある人絶対行くべき!3月28日まで。こちら
あと、なぜか出品目録なかったんだよな。。。コロナで経費削られちゃったのかしら。。。
福岡市美の「ソシエテ・イルフは前進する」も観たかったけど流石に遠い。。。

ちなみに名古屋市美術館はコレクションがすごいんです。
今回何と言っても荒川修作の特別展示があって、どれも最高に良かった。
この人の頭の中どうなってんねんっていう平面作品がいくつか観られます。
そして藤田嗣治のあの猫といる自画像がここの収蔵ってのもすごい。


コレクションといえば、愛知美術館にも行ってきました。
昨年愛知県の大村秀章知事は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で打撃を受けるアーティストを支援するため、今年度から3年間で1億円の特別枠を設け、若手作家の現代美術作品を重点的に購入することを決め、議会を可決させました。
これは戦前の大恐慌下のアメリカで行われた連邦美術計画(FAP)に近い素晴らしい政策。こちら
しかも既にいくつか購入され愛知県美術館に展示されてるというこのスピード感。
これが国家レベルなら。。。と思いつつ、やはり大村知事素晴らしい。リコールしてる場合じゃない。
メインの横尾忠則はすっ飛ばしてコレクション展直行。
入ってすぐにあったのが、この政策の前、令和元年に購入されたマックス・クリンガーの版画で、なんとタイトルが「ペスト」。
新型コロナのパンデミック前に購入されてるってどういうこと。すごい。
IMG_9206.jpg

昨年から今年にかけて購入されたコレクションは、結構同年代が多い印象。若手。。。です!
IMG_9210.jpg

IMG_9213.jpg

IMG_9217.jpg

IMG_9219.jpg

IMG_9220.jpg

美術館のコレクション予算がどこも縮小する中、本当に素晴らしい政策。天晴でした。


逆に最悪だったのが名古屋市内で開催されてる「ストリーミング・ヘリテージ」
開催の直前に知って、HP見たらほとんど情報がなく(地図すらなかった)、直前に見たらようやく地図が出てきて、開催中もアップデートされてるみたい。準備とかどうなってるんだ??
とりあえずさわひらきと平川祐樹は観たいなと思ってたんだけど、さわさんの作品は夜からしか見られないし、平川さんの作品は会場で内輪のべしゃりが五月蝿くて集中できないわで、本当に回って損した。。。

IMG_9204.jpg

IMG_9222.jpg

IMG_9225.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.06-04.07
中平卓馬 火―氾濫 @ 東京国立近代美術館

・2024.02.23-04.14
生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真 @ 東京ステーションギャラリー

・2024.02.17-05.12
アブソリュート・チェアーズ @ 埼玉県立近代美術館

・2024.02.22-25
マームとジプシー「equal」 @ 吉祥寺シアター

・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久展(仮称)@ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10-12
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR