fc2ブログ

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる @ 東京都現代美術館

22E1C10E-CCDA-4FA0-906B-8F2852D0730C.jpg

待ちに待った、本当に待ちまくったオラファー展へ。。。
日本の美術館では金沢以来10年ぶりの大規模個展。
延期が決まって本当に良かった。もしや観られないまま閉幕するのではとすら思ってた。。。
ということで再開した週の平日朝イチで行ってまいりました都現美!
もう第二波が来て再閉館なんてなったらシャレにならないのでさっさと行かねば!
一緒に行った友人なんて気合い入りすぎてまさかの前入り!都内在住なのに笑
入場には少し並んだけれど、流石に平日だけあってそこまで混雑もなく。
休日は入場規制などがあるそうなので行かれる方は平日オススメ。
入るとまず検温があって、アルコール除菌です。
チケット買っていざ。。。


まずはドローイングシリーズから。
グリーンランドの氷河を使って描いたものや、運搬の際の「揺れ」を利用したオートドローイング。
ここでも溶けゆく氷河や飛行機を使わないなど、近年の彼の関心の中心であるサステイナビリティが表されてます。

「クリティカルゾーンの記憶(ドイツーポーランドーロシアー中国ー日本) no.1-12」(2020)
IMG_3504.jpg

そして次の部屋ではこれぞオラファー!というべき作品が。
偏光グラスで作られた多面体オブジェが、部屋中に極彩色を放っています。
よく見ると中のライトが回ってるんですが、これは後に登場する中庭にあるソーラーパネルからの太陽エネルギーで動いています。

「太陽の中心への探査」(2017)
IMG_3502.jpg

IMG_3446.jpg

IMG_3462.jpg

次の部屋には溶け行く氷の映像。
ちょっと啓蒙的過ぎて個人的にはあんまり。
それよか次の部屋。空間には色とりどりのハロゲンランプのみ。
金沢でも見せてた色とりどりの影。
こうやって展示空間を物量で埋めるのではないやり方はさすが。
観客そのものが作品と化し、人が増えれば増えるほど楽しい作品。

「あなたに今起きていること、起きたこと、これから起こること」(2020)
IMG_3452.jpg

続く部屋ではラボのような実験空間。
最近こういうの多いけどフーンとしか思えない。ごめんね。
次の部屋も、オラファーが力を入れてるサンライトを使って観客がその光の残像で映像を作るみたいな参加型なんだけど、すでに整理券が数時間後ということでパス。
さらにその次の部屋から怒涛のオラファー光マジック。やっぱこういうのが好き。

「人間を超えたレゾネーター」(2019)
IMG_3456.jpg

「おそれてる?」(2004)
IMG_3461.jpg

「ときに川は橋となる」(2020)
IMG_3467.jpg

「ビューティー」(1993)
IMG_3475 2

IMG_3473.jpg

後半はもうどれもこれも素晴らし過ぎて一日中鑑賞したかった。
特に表題になってる「ときに川は橋となる」はこの展覧会のために作られた完全新作で、都現美のアトリウムをフルに使って、揺れる水面に反射する12の光の円をもう惚れ惚れと眺めていました。
もうここにベッド置いて泊まりたい!
せめてクッションとか置いて寝ながら鑑賞とかできたら最高なのにな。。。
まあ、そうするとマジで一生いそうな人が続出でしょうが。
これがこの約3ヶ月誰にも見られることなく存在してたかと思うとエモい。。。
映像や写真では見てましたが、やはり生で体験するのは最高でした。
敢えて言うと、水の揺れは自動ではなく、金沢で観客が入るたびに足元のスイッチによって揺れるようなインタラクティブの方が素敵だったと思いました。
あとビューティー、看板が胡散臭過ぎ笑
レインボーパレードかよw
そして最後の部屋の過去のプロジェクトを紹介するコーナーの1997年の「侵食」って作品がやば過ぎて笑った。
川から水を道路に引き上げて冠水させると言う、それってもはや犯罪なのでは。。。と言うプロジェクトw
「ときに道も川にする」

いやはや本当に素晴らしかった。
やっぱり美術館はいいなぁ。本当にしみじみ思いました。
オラファー展は9/27まで。予約不要ですが、できたら平日がオススメ!こちら

<関連記事>
Wayne McGregor x Olafur Eliasson x Jamie xx "tree of codes" @ 香港文化中心
Olafur Eliasson 'Your Rainbow Panorama' @ ARoS
Olafur Eliasson 'Contact' @ Foundation Louis Vuitton
Harpa(facade) by Olafur Eliasson
Olafur Eliasson 'Riverbed' @ Louisiana Museum of Modern Art
Olafur Eliasson 'Colour activity house' @ 金沢21世紀美術館
オラファー・エリアソン「あなたが出会うとき」@金沢21世紀美術館
Olafur Eliasson 'SUNSPACE FOR SHIBUKAWA' @ HARA MUSEUM ARC
Serpentine Pavilion 2007


「ドローイングの可能性」@ 東京都現代美術館
IMG_3488.jpg

今都現美はオラファー展も含めて3つ展覧会が開催中です。
そのうちの一つ「ドローイングの可能性」だけなぜか会期が異常に短く6/21まで。
そしてこれがめちゃくちゃいい展覧会だっただけに短いのは残念すぎる。
まず最初の石川九楊の作品が楽し過ぎた。
文章を抽象化した書なんだけど、まあ読めない。。。
一応原文もあるんだけどマジで読めない。
それはともかく普通にドローイングとして美しい。
さらに続いて一部屋丸々マティス!これはやられた。。。
マティス大好きなのでこれは至福の空間でした。
そして戸谷成雄の作夏シューゴアーツで見た小さな木片が壁に所狭しと張り付いてるインスタレーションは改めて見ても感動的。
その周りのドローイングなのかオブジェなのか判断しかねる作品も良かった。
そして、僕は知らなかった作家さんで盛圭太さんも素晴らしかった。
糸でドローイングしてるんだけど、空間を大きく使ったのも紙に細々したのも良かった。

「もつれるものたち」@ 東京都現代美術館
IMG_3478.jpg

IMG_3479_202006121802075bf.jpg

こちらはカディスト・ファウンデーションという社会と美術をつなぐみたいな組織との協働。
正直無理矢理な作品も多くて結構辟易した。。。
上記の「ドローイングの可能性」でも磯辺行久が出てて、こういう被ってるのって何なんだろう。
最後の藤井光はさすがだった。
福島にある資料館から借りてきた民芸資料を映像と共に展示しているのだけど、どれにも紙が添付されてて、よく見たら放射線線量が書かれていてギョッとする。
これらのものたちは福島第一原発の事故で被爆したものと知れる。
それらの独特の存在感がとても不気味でざわざわした。
この展覧会はオラファーと同じく9/27まで。

あとコレクション展は、ダムタイプ 展の時に観たのとほぼ一緒だった。。。
唯一ホンマタカシのコーナーが松江泰治の写真になってたぐらい。
まあ、松江泰治の写真と映像素晴らしいからいいんだけど、それを変更しただけで新しいコレクション展みたいな宣伝の仕方はどうかと思った。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR