fc2ブログ

モネからリヒターへ―新収蔵作品を中心に @ ポーラ美術館

IMG_0951.jpg

前回のロニ・ホーンに続き今年2度目のポーラ美術館へ。
2002年の開館以来今年で20年ということで、全館挙げてのコレクション展を9月6日まで開催中です。こちら
今回の目玉は何といってもタイトルにもなってるリヒターの「Abstraktes Bild (649-2)」(1987)。
この作品は、2020年10月6日に行われたサザビーズ香港のイブニングセールでなんと約30億で落札したものです。
化粧品ってコロナでかなり低迷してると思うんだけど、そんなのお構い無しのこの値段。。。凄すぎる。。。
この作品がいつ公開されるのかファンたちは固唾を飲んで待ち望んでいましたが、ついにそのお披露目の時がやってきたのです。

まずいつもと違う入口から入っていつものチケットカウンターへ。
IMG_0952_20220809224426c3d.jpg


同フロアで展示されてるのは三島喜美代の陶作品たち。
相変わらず変態的な仕事です。。。(褒めてる)
IMG_0954.jpg

IMG_0955_202208092246052b1.jpg

IMG_0956_2022080922460725b.jpg

IMG_0958_202208092246089b9.jpg

IMG_0961.jpg


ケリス・ウィン・エヴァンスも青木野枝もご健在。
IMG_0953_20220809225503caf.jpg

IMG_0962_202208092255052f0.jpg


そしていよいよメイン展示室。
IMG_0964_20220809225625962.jpg

IMG_0965.jpg

IMG_0966_20220809225628a27.jpg

IMG_0967_20220809225630055.jpg

IMG_0968_2022080922563178a.jpg

IMG_0969_20220809225633ecd.jpg

第一部前半は西洋、後半は日本という流れ。
写真撮れないのがほとんどなのであれなんだけど、前半のジョアン・ミッチェルにやられた。。。
3連画なんだけどめちゃくちゃいい絵だった。。。
画集なんかで見ても全然伝わらないんですよね。。。
しかもその絵がモネの絵に挟まれて展示されている!
実はこの10月からパリのルイ・ヴィトン財団でモネとミッチェルの2人展が開催されるんです。こちら
めっちゃ観たい!と思ってたところだったので、こんな形で少しですが観られてめちゃくちゃ嬉しかった。。。
偶然だとは思うけど、モネのエメラルドとミッチェルの黄色や青が空間に映える素晴らしい展示でした。
そしてマティスの「赤い室内」には雷を打たれました。。。
初めて観たけど本当に凄まじい作品でした。
絨毯のパターンは折り重なる中に人物やテーブルが赤い塊の中に線描で描かれるという今観ても斬新過ぎる発想だし、天才的なバランスで成り立ってて凄すぎた。
そんなもの観てしまったもんだからそこから続く同時代の日本絵画が暗すぎて笑えた。。。
岸田劉生に村山槐多、佐伯祐三に松本竣介、坂本繁二郎、、、。
そんな中藤田嗣治(レオナール・フジタ)はやはり異端児。
一室丸々フジタなんだけど、その真っ白な世界は同時代の日本には全くない色でした。


続いてフロア変わって第2部。
アンフォルメルや具体等日本の前衛コレクション。
アンフォルメルはほぼ興味ないんだけど、猪熊弦一郎の作品にはハッとさせられるものがありました。
あとその元祖のフォートリエやデュ・ビュッフェは案外軽やかなのに、日本に入ってきた途端に重く暗くなる現象が面白かった。
そしてラストは李禹煥の珍しい木彫っぽい作品や、中西夏之と白髪一雄。
白髪さんの作品は彼の作品の中でも綺麗目な作品で、ポーラの嗜好を感じさせます。
IMG_0971.jpg

IMG_0976_20220809231658ef4.jpg

IMG_0978_2022080923165986d.jpg


そしていよいよ目玉のリヒターなんですが、この部屋が神空間過ぎてどうしようもなかった。。。
だって、リヒターだけじゃなくて、モーリス・ルイス、ヘレン・フランケンサーラー、ドナルド・ジャッド、ブリジット・ライリーに、なんとなんとアニッシュ・カプーアまで!!!!
上のフロアから降りてくる時に、その部屋の入口に「アニッシュ・カプーア」って文字を見つけて動揺が収まらず、正直前述のアンフォルメルの部屋は全く集中できずにほとんどスルーしちゃってました。。。
この空間一生いられるぐらい素晴らしかった。。。
カプーアは相変わらず神だし、ジャッドはかなり珍しいタイプの作品だし、ルイスとフランケンサーラーはめちゃくちゃでかい画面でいつまでも観てられる。。。
特にフランケンサーラーは国内で中々観られないので超超貴重。。。
そして目玉のリヒターの絵もそこまで大きな絵ではないのに、物凄い情報量。
アブストラクトの脂が乗ってる時期の作品なので見応えがあります。
いやはや、もうこの部屋だけでポーラのすごさを思い知りました。。。
IMG_0979_2022080923231181e.jpg

IMG_0980.jpg

IMG_0982_202208092323148d8.jpg

IMG_0984.jpg

IMG_0985_20220809232317b79.jpg

IMG_0987.jpg


その後もハマスホイとリヒターだけの超絶贅沢な部屋があったり、杉本博司のニュートンによるプリズム実験を基にした「Opticks」シリーズがずらりと並んでいたりとポーラまじで凄すぎた。。。
最後はまた遊歩道を散歩して、スーザン・フィリップスのサウンドインスタレーションに囲まれたり、ロニ・ホーンの「鳥葬」を拝んだりして終了。
超充実のコレクション展でした!!!
IMG_0992.jpg

IMG_0989.jpg

IMG_0990.jpg

IMG_0993_20220809233514841.jpg

IMG_0998_20220809233516d57.jpg


ところで夏の箱根、どうなんだろうと思ったらまさかの涼しさに感動しました。
特にポーラ美術館周辺はちょっと肌寒いぐらいの気候で最高でした!
冬もいいけど夏も避暑に使える最高スポットですね!
写真は部屋風呂つき旅館の舟盛りを前にご満悦な筆者近影w
IMG_1013_20220809233848671.jpg
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR