fc2ブログ

大坂秩加ドローイング作品を追加しました。

IMG_1069.jpg

大坂秩加ドローイング作品を追加しました。
https://aholic.stores.jp
店頭でのお買い上げはそれぞれ5%OFFとなります。


会期中みなさまから書いていただいた短冊の中から数点を選び、 その言葉をモチーフにドローイング作品を制作しています。(ドローイングは毎週追加されます) 他者の言葉を使って制作することは初めてなので、とても楽しみです。
今回の個展のメインテキストの一節 「深く考えずとも思いつく、他人からしたらカスのような小さな願いの集積が結局私自身なのだろう。」
から、ドローイングを描く支持体は生活する上で出るごみ(商品パッケージなど)を使用しています。
会期終了日まで、願いごとを募集・制作しますので、ぜひご参加ください!



b9952936f6ef21788651.jpg

3199e2402aa60ce47c8c.jpg

c0a5ef525b742cb858d8.jpg

「ドローイング (あっ!今すぐに充電器が欲しいんだった・・・)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
26 x 16.5cm



06742558e585681ed049.jpg

dcf174a7475d1d8a69db.jpg

183df6773c7aadf32b2f.jpg

「ドローイング (イスが似合う部屋に住めますように)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
21.5 x 26cm



382beb16ed8021387519.jpg

2c11644e126f2fe9e741.jpg

fe167d3e604c5f86ef75.jpg

「ドローイング (朝にトーストを食べたい。)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
21.5 x 24cm



00cac038d46b0601fa76.jpg

ed96167127484f4b5714.jpg

7b48fcc0b388f58bf237.jpg

「ドローイング (親孝行しよ。できるかわかんないけども。何かができますように。)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
25 x 22.5cm

大坂秩加ドローイング作品を追加しました。

IMG_1069.jpg

大坂秩加ドローイング作品を追加しました。
https://aholic.stores.jp
店頭でのお買い上げはそれぞれ5%OFFとなります。


会期中みなさまから書いていただいた短冊の中から数点を選び、 その言葉をモチーフにドローイング作品を制作しています。(ドローイングは毎週追加されます) 他者の言葉を使って制作することは初めてなので、とても楽しみです。
今回の個展のメインテキストの一節 「深く考えずとも思いつく、他人からしたらカスのような小さな願いの集積が結局私自身なのだろう。」
から、ドローイングを描く支持体は生活する上で出るごみ(商品パッケージなど)を使用しています。
会期終了日まで、願いごとを募集・制作しますので、ぜひご参加ください!



IMG_0737.jpg

IMG_0735.jpg

IMG_0736.jpg

「ドローイング (来世は美少年に生まれかわれますように)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
23 x 30cm



IMG_0728.jpg

IMG_0726_202207241217306f7.jpg

IMG_0727.jpg

「ドローイング (彼が怒りませんように)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
23 x 20cm



IMG_0731_20220724121548e17.jpg

IMG_0730_20220724121547a07.jpg

IMG_0729_20220724121545ee6.jpg

「ドローイング (子宝)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
21 x 20.5cm



IMG_0734.jpg

IMG_0732.jpg

IMG_0733.jpg

「ドローイング (時が止まるような、自分が自分でいられる美しい瞬間を求め続ける)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
27 x 26cm

大坂秩加ドローイング作品のオンライン販売開始しました。

IMG_1069.jpg

大坂秩加ドローイング作品のオンライン販売を開始しました。
https://aholic.stores.jp
店頭でのお買い上げはそれぞれ5%OFFとなります。


会期中みなさまから書いていただいた短冊の中から数点を選び、 その言葉をモチーフにドローイング作品を制作しています。(ドローイングは毎週追加されます) 他者の言葉を使って制作することは初めてなので、とても楽しみです。
今回の個展のメインテキストの一節 「深く考えずとも思いつく、他人からしたらカスのような小さな願いの集積が結局私自身なのだろう。」
から、ドローイングを描く支持体は生活する上で出るごみ(商品パッケージなど)を使用しています。
会期終了日まで、願いごとを募集・制作しますので、ぜひご参加ください!



IMG_0535_202207181429147b9.jpg

IMG_0536_20220718142916909.jpg

IMG_0537_2022071814291743e.jpg

「ドローイング (瀬戸内寂聴とシャンパン飲みたい)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、段ボール
27.5 x 18.5cm



IMG_0529_20220718143054aed.jpg

IMG_0530_202207181430565f2.jpg

IMG_0531_202207181430577ff.jpg

「ドローイング (美しいままに死にたい。)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、商品パッケージ
17 x 34cm



IMG_0532_20220718143215c59.jpg

IMG_0533_20220718143217c83.jpg

IMG_0534_2022071814321911d.jpg

「ドローイング (結婚前提の恋愛がしたい)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、段ボール
17 x 28.5cm



IMG_0540_20220718143356cfe.jpg

IMG_0538.jpg

IMG_0539.jpg

「ドローイング (早くロシア上空を飛べるように。)」
2022年
水彩絵具、色鉛筆、段ボール
31 x 14cm


池田亮司展 @ 弘前れんが倉庫美術館

IMG_9718.jpg

IMG_9617.jpg

IMG_9720.jpg

IMG_9722.jpg

IMG_9712.jpg

IMG_9618_20220703100336094.jpg

IMG_9619_20220703100338171.jpg

IMG_9620_20220703100339f8d.jpg

IMG_9621_2022070310034131a.jpg

IMG_9624.jpg

IMG_9626_20220703101548674.jpg

今回の旅の最大の目玉!
2020年に開館した弘前れんが倉庫美術館です。
もともとこの建物は、実業家で酒造家であった福島藤助によって1923年に建てられた酒造工場でした。
福島は建設当初から「仮にこの事業が失敗しても、これらの建物が弘前の将来のために遺産として役立てばよい」と語っていて、その100年後美術館へと繋がるという壮大なストーリーがあります。
赤レンガの屈強な建物は戦後も生き残り、青森のリンゴを生かした日本初のシードルを製造し、その後ニッカウヰスキーに引き継がれましたが工場移転に伴い1965年に閉鎖。
その後も政府備蓄米倉庫として利用されたりしていましたが、今の美術館へと繋がるきっかけはなんといっても弘前出身の奈良美智。
初の大規模巡回展「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」が煉瓦倉庫を最終会場として2002年に開催され、約6万人の来館者を迎え、その後も、「From the Depth of My Drawer」(2005年)、「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展(2006年)が開催されました。
それから10年以上の歳月が流れて、ようやく現在の弘前れんが倉庫美術館へと生まれ変わったのです。
改修を手がけたのは田根剛。
田根さん、あんま好きじゃないけど、この建物はさすがですね。
建物そのものが凄いけど、金色の屋根もめちゃくちゃ自然だし、美術館としても展示室の配慮がかなり行き届いてました。
入口入ると大貢献者の奈良さんの犬がいて、その奥にはジャン=ミシェル・オトニエルの作品。

で、本番です。
この美術館、早く行きたいと思いつつ、僕の好きな展示がやってなくて、いつかこれだ!って時に行きたかったのです。
そして発表されたのが池田亮司展。
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
ってことで、期待に胸膨らませていざ!!!


「point of no return」(2018)
IMG_9629_2022070310154978a.jpg

IMG_9595.jpg

IMG_9630.jpg

「data flux [no1]」(2020)
IMG_9633.jpg

IMG_9635.jpg

IMG_9636_20220703101557e78.jpg

「data verse 3」(2020)
IMG_9638_20220703101558a68.jpg

IMG_9640_20220703101711675.jpg

IMG_9645_2022070310171217a.jpg

IMG_9646_202207031017137e6.jpg

IMG_9647.jpg

IMG_9651_202207031017168d3.jpg

IMG_9652_20220703101717cf8.jpg

IMG_9654.jpg

IMG_9657.jpg

「exp #1,2,3,4」(2020-22)
IMG_9679.jpg

IMG_9604_202207031047372ec.jpg

IMG_9674.jpg

IMG_9612_202207031047383a0.jpg

「grdid system [no2-a],[no2-b],[no2-c],[no2-d] (2022)
IMG_9662.jpg

IMG_9664.jpg

「data lecture [no1]」(2018)
IMG_9681.jpg

IMG_9682.jpg

IMG_9685_20220703105124f27.jpg

IMG_9689.jpg

IMG_9693.jpg

IMG_9694.jpg

「data scan [no1b],[no2b],[no3b],[no4b],[no5b],[no6b],[no7b],[no8b],[no9b] (2011-22)
IMG_9697_20220703105853b3c.jpg

IMG_9698.jpg

「data scape [DNA]」(2019)

IMG_9699.jpg

IMG_9701.jpg

IMG_9703.jpg

IMG_9706.jpg

IMG_9709.jpg


エグかった。。。
本当に来てよかった。。。泣
最高に素晴らしかったです。。。
初っ端から光に飲まれて、終始音と映像の洪水状態。。。
言葉になりません。
写真載っけまくってるけど全然伝わらない。
そもそも暗いわハレーション起こりまくるわで全然うまく写真撮れないw
これは体験しないとわかりません。
チーム某の何兆倍も凄まじい体験ができます。
最高とかエグいとかちょっとバカみたいな感想しか出てこないけどマジで凄いです。
池田さんの空間の使い方が抜群にうますぎる。
掴みの「point of no return」から魂持ってかれるし、通路を利用した「data flux [no1]」も極上。
そこからクライマックスの「data verse 3」はマジでやばかった。。。あの大空間を圧倒してました。
「exp #1-4」はあの窪みの空間中々難しそうなのに、この為に作られた空間ですか?ってぐらい完璧。
2階の「data tecture [no1]はまさかの中に入れて完全没入した。
池田さんの展示いくつか観てるけど今回がもっとも素晴らしかった!!
8月28日までなので必見です!!!こちら

それにしてもこの空間、めちゃくちゃ可能性ありますね。
展示室がバリエーションに富んでるのでインスタレーション作家の個展をバンバンやるべき。
ここでカプーアとかオラファーとか観れたら最高だろうな。。。
次回はこの美術館のきっかけとなった奈良美智展のドキュメント展らしいけど、そんなんじゃなくて、もっとガッツリやって欲しいなぁ。。。
ってまあ、遠いのでいい展覧会ガシガシやられても困るんだけど。。。
金沢と同じく年2回の企画なので、来年の夏でいい企画期待してます!!


展示観終わったらお隣のカフェレストランで休憩。
そこで造られてるシードルは必ず飲みましょう。
IMG_9616_2022070311163403c.jpg

IMG_9727.jpg

IMG_9731.jpg

IMG_9732.jpg

IMG_9733_20220703111640a67.jpg


以上青森編でした。

弘前市民会館 by 前川國男

IMG_9575.jpg

IMG_9576.jpg

IMG_9577.jpg

IMG_9578.jpg

IMG_9559.jpg

IMG_9561.jpg

IMG_9573_202207030752388ef.jpg

IMG_9565.jpg

IMG_9564.jpg

IMG_9557.jpg

IMG_9566_20220703075431be9.jpg

IMG_9572.jpg

IMG_9567_20220703075434697.jpg

IMG_9569_20220703075436d7c.jpg

IMG_9570.jpg


弘前市庁舎(1958)
IMG_9507.jpg

IMG_9510_20220703080241c1a.jpg

IMG_9512.jpg

IMG_9519.jpg

IMG_9522_20220703080247411.jpg

IMG_9520.jpg

IMG_9516.jpg

IMG_9524.jpg


弘前市緑の相談所(1980)
IMG_9579.jpg

IMG_9580_2022070308073675f.jpg

IMG_9581.jpg

IMG_9583.jpg

IMG_9586.jpg


弘前市立病院(1971)
IMG_9479.jpg

IMG_9485.jpg

IMG_9483.jpg

IMG_9481.jpg

IMG_9482.jpg

IMG_9486.jpg


木村産業研究所(1932)

IMG_9737.jpg

IMG_9754_202207030811591aa.jpg

IMG_9739.jpg

IMG_9740.jpg

IMG_9741_20220703081203baa.jpg

IMG_9744_20220703081205a03.jpg

IMG_9745.jpg

IMG_9746.jpg

IMG_9748.jpg

IMG_9752.jpg

IMG_9749.jpg


青森弘前編。
弘前には前川國男の建築が8つもあります。
彼自身は新潟生まれの東京育ちですが、母親の故郷だったとかで。
別にそこまで好きな建築課ではない、っていうかぶっちゃけこの辺りの日本人モダニスト建築家ってごっちゃになっちゃう。。。特に吉阪隆正と板倉準三の3人は皆コルビュジエの元で働いてたので混同するんですが僕だけ?
とにかく以前前川國男邸を観に行ったぐらいで、そこまで熱心に追ってる建築家ではないですが、せっかくなので8つのうち5つ見てきました。
(今回調べてて初めて知りましたが、新宿の紀伊国屋って彼の建築だったんですね!)

まずは弘前公園に行きましょう。この周辺に5つあります。
そのうちタイトルになってる弘前市民会館はめっちゃよかった。
1964年の作で、当時59歳。脂がのってますね。
コンクリートの壁面もかっこいいし、中の吹き抜けも素晴らしい。
塔みたいなのがありますが、中からはよくわからなかった。
あと、向かって右側の建物は一般人入れないんだけど何なんだろうか。
で、隣接してる弘前市立博物館も前川建築なんだけど完全にノーマークだったw
広重展がやってるなぐらいで素通りしてしまいましたw

あとは市庁舎。ここも吹き抜け玄関。
市民会館より少し前の作品ですが、これを市民会館はこれをさらに洗練した感があります。
そして緑の相談所。晩年の作品ですがよくわからなかった。。。
そもそも緑の相談所って何??
勾配屋根だし言われないとわからない。。。
市立病院はこの春に廃院してて中は見れず。
コンクリに型枠の木の表面が反映されてます。
外からだと半世紀も経ってるとは思えないぐらい綺麗だったんだけどな。壊されませんように。
で、最後は前川の処女作の木村産業研究所。
今は津軽伝統のこぎん刺しの研究所になってます。こちら
一応コンタクトからアポ取って行きましたが特に確認もされなかったので取らなくてもいいかも。土日祝日はお休み。
なんとなくサヴォア邸を思わせる感じで、めちゃくちゃ師匠の影響が出てますね。
これ、冬絶対寒いだろうな。。。環境と建築がちぐはぐな感じです。
中には雑に前川の展示がありますw

とまあこんな感じ。
あと高校の講堂と斎場があるんだけど、見学が憚られたのでパス。
前川好きはぜひ8軒制覇してみてください。詳しくはこちら


**********************************************

ところで弘前は戦火を免れた街らしくて、街の至る所に大正時代の建物が残ってます。
大正ロマンとリンゴで売ってる感じで、アップルパイガイドマップなんてのもありますw
名喫茶も多くて、八戸が夜の街なら弘前は昼の街って印象。
てことで、僕が行った喫茶店を紹介します。

万茶ン
昭和4年創業で太宰も訪れたという喫茶店。
かなり改装されてるので往時の雰囲気はほとんどないですが、サイフォンでいれてくれる太宰ブレンドなんてのもあります。
若い4代目マスターがかなりフレンドリーでした。
もちろんアップルパイもあります🍎
IMG_9556.jpg


スターバックス コーヒー 弘前公園前店
弘前まで来てスタバ?って思われるかもしれませんが、ここのスタバは一味違います。
なんと1917年に陸軍師団長の官舎として建設された登録有形文化財が使われてます。
外観も和洋折衷で素敵だし中も可愛い!!!
上述の市庁舎に隣接してるのでセットでどうぞ。
メニューは普通のスタバ。ここ限定のリンゴフラペチーノとかやればいいのに。
IMG_9526.jpg

IMG_9528_20220703090737fba.jpg

IMG_9531_202207030907384ad.jpg

IMG_9533.jpg

IMG_9537.jpg


大正浪漫喫茶室
実業家、藤田謙一が作らせた藤田庭園の入口にある洋館がそのまま喫茶室になってます。
弘前出身の友人に薦められて行きましたが最高過ぎました。。。
テーブルとテーブルの間の飛沫防止衝立も素敵すぎる。特注かな?
コーヒーとアップルパイを注文したら、アップルパイ9種類もあって吹いたw
私はないすらいふのアップルパイを頼みましたが美しくて美味でした。
旅中結局アップルパイこの1個しか食べられなかった。。。
ここは絶対行ったほうがいいです。
先のスタバと近いので、2店ハシゴ頑張りましょう。
IMG_9540.jpg

IMG_9541.jpg

IMG_9542.jpg

IMG_9555.jpg

IMG_9554.jpg

IMG_9546.jpg

IMG_9545_202207030916498fa.jpg

IMG_9544_20220703091651ac6.jpg

IMG_9543_2022070309165226b.jpg

IMG_9547_20220703091654b3b.jpg

IMG_9552.jpg

IMG_9553.jpg


浪漫須貯古齢糖
最後は我らがBAR専用チョコレートを作ってくださってる須藤さんのお店!!
もうずっと行きたくて行きてくて念願叶いました。
弘前着いて即行で参りました。
ここでしか食べられないアイスとアフォガードを実食。
勇み過ぎてアイスだらけになっちゃったw
アフォガードのアイスにかけるホットチョコレートが苦味があるので余裕で食べられました。
アイスも濃厚で特にマダガスカルの濃厚チョコアイスやばかった。。。
全メニュー制覇したかったけど叶わず。。。次回また来ます!!
IMG_9467.jpg

IMG_9468.jpg

IMG_9469.jpg

IMG_9471_20220703092335dcc.jpg

IMG_9475.jpg


以上。最後食べログみたいになっちゃったw

名和晃平 生成する表皮 @ 十和田市現代美術館

IMG_9818.jpg

IMG_9820.jpg

IMG_9824.jpg

IMG_9827.jpg

IMG_9826.jpg

IMG_9872.jpg

IMG_9873_20220702234732d39.jpg

IMG_9874.jpg

IMG_9876.jpg

IMG_9879.jpg

IMG_9880.jpg

IMG_9881.jpg

IMG_9882.jpg

IMG_9884.jpg

IMG_9886_20220702234744801.jpg

IMG_9887.jpg

IMG_9888.jpg

IMG_9889.jpg

IMG_9892.jpg

IMG_9895.jpg

IMG_9896.jpg

IMG_9897.jpg

開館した2008年以来の14年ぶりの訪問!!こちら
そんなに時が経ってたなんて。。。恐ろしや。。。
当時も曇りでしたが今回も曇りw
この美術館は曇りが似合うと言い聞かせてます。
外には鈴木康広のリンゴの彫刻や奈良美智の壁画が増えてました。

で、現在この十和田市美術館では名和晃平展が開催されております。
名和さん、最近の作品、お世辞にもいいとは言い難いので正直ほぼ期待せずでした。
が、なんと今回の展示されてる作品はどれも良質な名和晃平でした!!
何と言っても今回の目玉である新作のBiomatrix(W)は最高でした。
シリコンオイルがグリッド状に気泡を生成する様は一生見ていられる。。。
2018年のSCAIでの個展でも出してましたが、いい作品ですね。
そして、この冬にNomartで展示してた学生時代のドローイングと新作のドローイング。
新作のドローイングもここ最近の中では特に良かったけど、やっぱり学生時代のドローイングが良い。。。
最近のドローイングはシステムに縛られてる感じがあるんですよね。
これはサンドイッチという工房システムに依るところも大きいとは思うんだけど。
僕はGUSHぐらいまでの名和さん自身が没入するように描いてたドローイングがやっぱり好きだな。
で、常設に新たに加えられた名和晃平を代表するPixCellの鹿の作品。安定の良さ。
やっぱり、名和さんって、無形のものや既にあるものに付け加えるような作品は安定感あります。
正直彫刻家という肩書きなんだけど、造形センスはそこまでないかと。。。
最近の3Dの作品とかは絶句するぐらい良くないと思います。
この辺の作品まだ深化できそうなのでこっちで行って欲しいな、と改めて思いました。


さて、14年ぶりの訪問でしたが、前回は室内の展示撮影不可だったのかブログに載せてないので、前回載せてない分を載せていきます。
塩田千春とレアンドロ・エルリッヒが新収蔵。
エルリッヒの作品、示し合わせたように子供達が入ってきてくれて良い絵が撮れましたw
こんなのあったっけ?ってやつ何個かあったけど記憶にないだけだった。。。

ロン・ミュエック「スタンディング・ウーマン」
IMG_9833.jpg

山本修路「松 其ノ三十二」
IMG_9836.jpg

塩田千春「水の記憶」
IMG_9837.jpg

IMG_9840.jpg

IMG_9842.jpg

IMG_9843.jpg

IMG_9845.jpg

ハンス・オプ・デ・ビーク「ロケーション(5)」
IMG_9846.jpg

IMG_9847.jpg

トマス・サラセーノ「オン・クラウズ(エア・ポート・シティ)」
IMG_9853.jpg

IMG_9854.jpg

オノ・ヨーコ「念願の木」「三途の川」「平和の鐘」
IMG_9857.jpg

アナ・ラウラ・アラエズ「光の橋」
IMG_9859.jpg

栗林隆「ザンプランド」
IMG_9863_20220703002754d17.jpg

フェデリコ・エレーロ「ウォール・ペインティングミラー」
IMG_9904_2022070300285472a.jpg

IMG_9908.jpg

マリール・ノイデッカー「闇というもの」
IMG_9919.jpg

ボッレ・セートレ「無題/デッド・スノー・ワールド・システム」
IMG_9920.jpg

ラファエル・ローゼンダール「RR HAaiku 061」
IMG_9923.jpg

レアンドロ・エルリッヒ「建物ーブエノスアイレス」

IMG_9924_20220703003200093.jpg

IMG_9925.jpg

IMG_9930.jpg


あといくつか誰のかわからないものも。。。(そもそも作品なのか?)

IMG_9870.jpg

IMG_9932.jpg

IMG_9946_20220703004942214.jpg


カフェでは大岩雄典さんがトークしてた。これは後述。
ショップで探してた飯川雄大さんのヨコトリの冊子が売ってて大興奮で購入!
飯川さんは市内を走るバスのデコレーションを担当してます。ステキ!

IMG_9900.jpg

IMG_9901.jpg

IMG_9812.jpg


14年前になかったと言えば美術館前の道路渡ったアート広場。
街をアートが侵食していくようで面白い。

エルヴィン・ヴルム「ファット・ハウス/ファット・カー」
IMG_9934.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9941_20220703005014840.jpg

IMG_9937.jpg

草間彌生「愛はとこしえ十和田でうたう」
IMG_9943.jpg

ジャウメ・ブレンサ「エヴェン・シェティア」
IMG_9947_20220703005234e59.jpg

インゲス・イデー「ゴースト/アンノウン・マス」
IMG_9948.jpg

IMG_9949.jpg

ニュー-テリトリーズ / R&Sie(n)「ヒプノティック・チェンバー」

IMG_9953_20220703005402f9b.jpg

IMG_9955.jpg

IMG_9957_20220703005405254.jpg


最後に、今回最も観たかったのが目[mé]が作った「space」。
スナックの入ってた空き家の2階をスパン!とくり抜いてできたような空間。相変わらずクレイジー。
そこに前述の大岩雄典さんが個展を開催していました。
正直わかりにくい作品で、美術館の中にもPにまつわるものが置いてたらしい。
って、さっき誰のかわからない作品書いてたのそうやん!書いてて今気づきましたw (プラモデル、ペット、パラシュート?)
今後も惑星ザムザに参加してた青柳菜摘さんや百瀬文さんがここで個展するそうで今後も楽しみ。

IMG_9960.jpg

IMG_9962.jpg

IMG_9963.jpg

IMG_9964.jpg

IMG_9967.jpg

IMG_9969.jpg

IMG_9970.jpg

IMG_9971_20220703010724613.jpg

IMG_9974_20220703010725912.jpg

IMG_9973_202207030108118d2.jpg

IMG_9975.jpg


名和晃平展は11月20日まで。こちら
大岩雄典展は9月4日まで。こちら


それにしても十和田、寂れてますね。。。
バスの時間とか潰せる場所がほとんどないです。。。
僕は八戸を拠点に動いてて、八戸からは前投稿のブックセンターの目の前のバス停から出てるバスで1時間半ぐらい。
グーグルマップではそのルートなぜか出てこないのでご注意ください。こちら

で、八戸はというと、昨年八戸市美術館がリニューアルして話題になりました。
が、実際行ってみると、これは美術館と呼べるのか??という代物。。。
ジャイアントルームというでっかい吹き抜け空間が売りなのですが、特に展示室というわけでもなく市民の憩いの場って感じで、それだったら美術館って呼び方しなくて良いんじゃない?とすら思いました。
やってる展覧会もアレだったので観てないですが、あまりに勿体無かった。。。
せっかく八戸いい街なのに本当に悔しい。。。
次回の佐藤時啓の展示はちょっと期待できるけど。。。
また八戸行きたいのでぜひぜひ凄い展示やってください!!!

IMG_9763.jpg

IMG_9766_20220703011927df0.jpg

IMG_9769.jpg

IMG_9773.jpg

IMG_9778.jpg

IMG_9781.jpg

三沢市寺山修司記念館

IMG_0005.jpg

IMG_0073_20220702222041fe2.jpg

IMG_0006_20220702222043067.jpg

IMG_0010_2022070222204485a.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0015_202207022220470ab.jpg

IMG_0016.jpg

IMG_0056_20220702222141dc3.jpg

IMG_0055_20220702222139fba.jpg

IMG_0017.jpg

IMG_0018.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0020.jpg

IMG_0021_2022070222242946d.jpg

IMG_0022_20220702222430d3a.jpg

IMG_0023.jpg

IMG_0024.jpg

IMG_0025_20220702222435dea.jpg

IMG_0026.jpg

IMG_0027.jpg

IMG_0032_202207022225341cb.jpg

IMG_0033_20220702222535036.jpg

IMG_0037_20220702222537ee1.jpg

IMG_0038.jpg

IMG_0040.jpg

IMG_0043.jpg

IMG_0044_20220702222543b65.jpg

IMG_0045_2022070222254478f.jpg

IMG_0047_202207022226410f9.jpg

IMG_0048_20220702222642c20.jpg

IMG_0049_20220702222644dab.jpg

IMG_0050_20220702222645ebd.jpg

IMG_0031.jpg

IMG_0030_202207022226488ce.jpg

IMG_0029_20220702222647d0d.jpg

IMG_0061_20220702222912fe8.jpg

IMG_0062_20220702222913d42.jpg

IMG_0063_20220702222915c20.jpg

IMG_0066_20220702222916d0f.jpg

IMG_0067_20220702222918a60.jpg

IMG_0068_202207022229193d6.jpg

IMG_0069_202207022229213aa.jpg

IMG_0072_20220702222922ddd.jpg

青森に行ってきました!!
酷暑の東京からの涼しさは天国そのものでした。。。夏だけ移住したい。。。
巡った順番は逆になりますが、まずは最後に行った寺山修司記念館からご紹介します。

そもそも僕は寺山の作品自体は正直言って苦手な部類です。
あのデカダンスな感じがちょっと食傷気味になってしまいます。
なのになぜだかどうしても気になる人物ではあるのです。
例えば徹子の部屋にゲスト出てた時の映像を見ると圧倒的なカリスマに惚れます。
1967年にはうちの店の近くの末廣亭で「大山デブ子の犯罪」を上演したり、店の階段に貼ってあるポスターに寺山修司記念館のがあったり、なぜか店のオープニングに友人が「身毒丸」の初演レコードを持ってきてくれたりと、やたらご縁があるなと勝手に感じている次第で、やっぱり気になる。
なので寺山修司記念館、一度は行ってみたい場所でした。
で、地図で見ると、車じゃないとどうしても行けない場所、、、。
と思ってたら、土日祝日に無料のバスがあることが判明!こちら
三沢駅や三沢空港から行けます。
この青森旅行で行かない手はないということで行ってきました。

で、写真の通りなんですが、とんでもない場所でした。。。
記念館すぐそばには牛たちが放牧されてるwww
裏の記念碑へ森をかき分け行くと小川原湖と小田内沼が眺められる絶景スポットだったり。。。
えらいとこきたな、という印象ですが、中も素晴らしかった。
正直企画展示はしょぼしょぼだったんですが、常設展示の力の入れようがすごい。
机が並んでて、その抽斗の中が展示になってるという凝りよう。
どれも感心するぐらい作り込まれてるので、開けていくのが楽しみになります。
他にもキモい展示物だらけでいい感じw

それにしても寺山修司って、三沢には戦後すぐに父方の叔父の住んでた食堂に間借りで住んでた4年間しかいないんですよね。
なぜに三沢にこんな記念館が建ってるのか謎。
まあ、この頃の思い出が「田園に死す」なんかで出てきたりと、寺山にとっては大事な期間だったのかもしれません。
少しでもきになる人はいつか是非行ってみてください。こちら


そして青森と言えばもう1人、忘れてはならないのが太宰治です。
彼の記念館は五所川原市というところにあるらしいのですが、さすがにそこまで行けず。
青森という土地は、内省して発酵して作品になっていくイメージがありますね。
こうした文豪の故郷のイメージから面白い試みをしているのが八戸市。
八戸市の中心の六日町というところに八戸ブックセンターという施設があります。こちら
ここはなんと市が運営する本屋さん。
市の施設なのに本を販売したり、ギャラリーがあったり、本の区分も独特だったり、立ち読み上等な感じといい攻め攻めな施設なんです。
中でもすごいのがカンヅメブースという場所で、「八戸市民作家」登録すればそこで執筆ができるというスペース!
他にも「私の本棚」という選書を募集して並べるというのもやってたり。
八戸は三沢にも近いのでぜひ。
特にブックセンターの周りは素晴らしい飲食店が多すぎて沼でした。。。

IMG_9802.jpg

IMG_9806.jpg

IMG_9809.jpg

IMG_9807_20220702231814648.jpg

IMG_9803.jpg

IMG_9805.jpg

IMG_9804.jpg


アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真 / メメント・モリと写真 ー死は何を照らし出すのか @ 東京都写真美術館

IMG_9344_20220627110507204.jpg

マン・レイ
IMG_9347.jpg

IMG_9348.jpg

ウジェーヌ・アジェ
IMG_9349.jpg

ブラッサイ
IMG_9350_202206271105138cd.jpg

ハンス・ベルメール
IMG_9351.jpg

IMG_9357.jpg

矢野敏延
IMG_9353.jpg

小石清、中山岩太、安井仲治
IMG_9358.jpg

中山岩太
IMG_9360.jpg

IMG_9369_20220627111310e57.jpg

平井輝七
IMG_9361.jpg

ハナヤ勘兵衛
IMG_9367.jpg

小石清
IMG_9372.jpg

山本悍右
IMG_9374_202206271123228dc.jpg

後藤敬一郎
IMG_9378.jpg

吉崎一人
IMG_9380_20220627112417a0c.jpg

IMG_9387_20220627112418995.jpg

瑛九
IMG_9381.jpg

恩地孝四郎
IMG_9383.jpg

永田一脩
IMG_9384.jpg

濱谷浩
IMG_9385.jpg

IMG_9386.jpg

今写真美術館でやってる「アヴァンガルド勃興」と「メメント・モリ」観れば、古今東西の大体の写真史が掴めるというとんでもない企画をやってます。
前者では1930年代から40年くらいまでに起こった日本の前衛写真を、後者では「死」にまつわる世界中の近代写真を通覧できます。

まず「アヴァンガルド勃興」ですが、一言で言うと「日本前衛写真ベストアルバム」です。
これだけの作品が一堂に会するなんてそうそうないのでは。。。
冒頭はその日本前衛写真に影響を与えたマン・レイやアジェ等が展示されててこの時点ですごい。
ブラッサイ、改めて観ると本当に美しいですね。
そこから、大阪、名古屋、福岡、そして東京という流れで地域ごとに見せていくのもとてもわかりやすい。
特に大阪は前衛写真の宝庫なのでめちゃくちゃ見応えがあった。
出てる作品何度もイメージで観たことあるものばかりで、それらのオリジナルプリントがずらっと並ぶ展示室は異常でした。。。
特に小石清のプリントはすごく物質感が強くて不思議だった。
欲を言えば安井仲治をもっと観たかったけど、中山岩太の代表作いっぱい観れたからいいや。
その後に続く名古屋、福岡に関しては、昨年開催された名古屋市美の「写真の都」展と、福岡市美の「ソシエテ・イルフは前進する」展から美味しいとこどりって感じで、東京ってやっぱり恐いな、と思いました。。。
最後の東京編に出てた永田一脩の「手」は、まんま冒頭のマン・レイなんだけどオマージュなのかな?
あと、なぜ野島康三が出てなかったんだろう。。。かなり重要人物のはずなんだけど。。。
最後の最後、濱谷浩で終わってるのも、戦後に続く流れを表してて素晴らしい終わり方。
特に「敗戦の日の太陽」が最後って、このまま下の階の「メメント・モリ」への流れもあって凄い。たまたまかな?
僕は昨年写真の授業をやったりとかで、かなりこの辺は勉強したので、それの総ざらいって感じでした。
授業気になる方は是非動画でご購入を!これ観てこの展示観ればカンペキ!こちら


で、下の階の「メメント・モリ」も凄かった。。。
こちらでは上の階ではカバーしきれない世界中の戦前戦後の写真がずらりと。
冒頭はハンス・ホルバイン(子)の版画から始まるのも憎い。
そのまま本展示に進むと藤原新也の言葉が掲げられてる。
特にこのパンデミック真っ只中に死を考えることの意味。
そして、写真そのものが死を象徴しているというソンタグの言葉も印象的。
写真は撮られた瞬間に過去になり、それがそのまま残るという恐ろしいメディアでもあるのですよね。
そのことは、ソンタグだけでなく、バルトの「明るい部屋」でも述べられてるところ。
ということで、やや暗いテーマではあるものの、向き合うべき写真たちがずらりと並んでます。
戦前のユージン・スミス、ロバート・キャパ、ウォーカー・エヴァンズらが写し出す「大きな死」から、荒木経惟の「センチメンタルな旅」に「個人の死」に至る流れは、命に変わりないことを教えられます。
荒木の「センチメンタルな旅」の宣言文の展示も良かった。
そこからリー・フリードランダー、ロバート・フランク、ウィリアム・エルグストン、ダイアン・アーバスと今や近代アメリカ写真を代表する写真家たちの写真が次々と現れるのも凄かった。
彼らの写真に直接死は登場しないものの、生きることの過酷さや孤独が現れています。
そして最後は日本の近代、藤原新也と東松照明の登場。ひえぇ。
小島一郎の青森の生活を撮ったモノクロームも印象的でした。


一館でこれだけ歴史の代表作を一気に観られる機会はそうそうないのでオススメ。
「アヴァンガルド勃興」は8月21日まで。こちら
「メメント・モリ」は9月25日まで。こちら

「東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B」by 河瀬直美



オリンピック公式記録映画の監督が河瀬直美だと発表された時、オリンピック協会も思い切ったことをしたなぁと思ったものでした。
とはいえその時点では開閉会式も野村萬斎、MIKIKO、椎名林檎という布陣で、クリエイティヴ面からいっても彼らをセレクトした側のセンスに僕的には期待してたので、記録映画も1964年大会の市川崑の監督したものに匹敵するものになるだろうと想像していました。
が、その後のパンデミック最中での強行にまさかのクリエイティブチームの解任、そしてその後のゴタゴタなどがあり、僕の中でオリンピックは不信に満ちたものに一転しました。
思い返せばエンブレム問題に始まり、スタジアム問題等問題だらけの東京大会でした。
僕はこういう国際的なスポーツの祭典大好きなんですが、今回のことですっかり冷めてしまいました。
ここまで日本国民をないがしろにされるなんて、というショックが大きかったのです。
実際昨年のオリンピックは一切観てません。
コロナがなければ実際チケットも当たってたのでバリバリに観てたかもなんですが。。。。
そんな中唯一残っていたのが河瀬直美。
そこだけが希望だったのですが、公開直前になってNHK捏造問題やパワハラ疑惑等で大バッシングを受け始め、彼女の発言も?というものが多くなってきて、映画への期待も冷め始めてました。
個人的に河瀬さんとは2010年の個展の審査員で選んで頂いてからご縁があり、これらの騒動はやや胸も痛くて、距離を取りながら静観していました。
とはいえ彼女の映画は封切られる度に観に行ってましたし、やっぱり観るべきだよなぁと思いつつ、実際近年の河瀬映画は「萌の朱雀」の頃から比べると劣化してると言わざるを得ず、河瀬映画と言うのと同時に今回の場合は「公式記録」という側面もあるのであんまりかもなぁという危惧もあり、観るべきかどうかかなり迷っていたのです。
が、一旦封切られるとTwitterで流れてくる感想が中々なものだったのです。
そんな中最も僕を映画館に足を運ばせるきっかけになってくれたのが以下のぼのぼのさんの連投でした。



というわけで前置きが長くなりましたが、観に行ってきました。
まずはアスリート側の視点で描いたSIDE A。

まず冒頭から真っ黒な画面に藤井風(?)が口ずさむ「君が代」に始まり、雪と桜の映像。
え、めちゃくちゃ河瀬直美やん。。。!!
と驚かざるを得ませんでした。
だって公式記録ですよ?
こんなに個人の作家性押し出しちゃっていいの??

そこからもう驚きの連続。
これは紛れもなく「河瀬直美の作品」です。
さらにいうと、これはオリンピックの記録にすらなってません。
この映画で描かれるのは、アスリートを通して見る、難民、BLM、コロナと今の世界が収められています。
そしてもっと大きな「人生」という主題。
映画を観た後「C'est la vie.(これが人生)」という言葉が浮かびました。

イランから亡命してモンゴル代表として出場する柔道家。
「母国には戻れない」と彼は言います。
その直後にはウズベキスタン代表の体操選手が現れます。
彼女はウズベキスタンに生まれれながら、ソ連、ドイツと国を変え、また改めて母国の代表として今大会に出場しました。

黒人差別と戦うアメリカの砲丸投げ女子代表。
オリンピック初となった空手で優勝した沖縄の選手。
故郷沖縄の人たちへのインタビューで垣間見える差別問題。
スポーツを通してこうした差別問題をエンパワーするアスリートたち。

母として赤子を日本まで連れてきたカナダのバスケットボールの選手。
彼女は「母」と「アスリート」どちらも選ぶために戦いました。
片や「母」となることを選び引退した日本の選手の姿も。
二人の交流は今回の映画の中でも象徴的でした。
「アスリートであることだけが人生ではない」

もう一人母として子供を連れてきたランナーの女性。
足の痛みにより途中で棄権してしまいますが、彼女が我が子に「諦めてもいいのよ!」と言うのは本当に凄いセリフだった。
これと対照的だったのが日本の柔道協会。
上層部の人たちがとにかく勝利に固執し、「切腹する覚悟」とまで言います。
それらのインタビュー映像が、多分わざとなんだろうけど、めちゃくちゃなクローズアップ。。。
鼻毛出てなくて良かったね。。。
しかも団体戦で日本が負けまくる映像を流すあたり、めちゃくちゃおちょくってますやん。。。
家父長的なものへの嫌悪が読み取れますね。

この映画に出てくる選手のほとんどが「敗者」です。
わかりやすく優勝して涙する、みたいなシーンがほとんど出てきません。
サーフィンの日本の選手が波打ち際で悔し泣きしてる姿が目に焼き付きました。
それとは対照的にスケートボードの女子の優勝した13歳の少女が軽やかに「やばいやばい!」と言って金メダル掲げてる姿は、勝ち負けというより純粋なスポーツの楽しみを象徴してるようでした。

こんな具合に、観ていて一体何の映画だっけ?と思う瞬間が多々ありました。
全編通してナレーションも皆無で、テロップも最小限なので、これがいつの試合で予選なのか決勝戦なのかすらもよくわからないというのが多々あります。
あの感動をもう一度!と思ってる方には不向きかと。。。
スペクタクルを徹底的に排除した仕上がりになっていて華々しさもほぼありません。。。
いやはや河瀬さん、恐ろしすぎる。。。
これ、一応関係者一通り観てるんだろうけどどういう感想抱いたんだろうか。。。


お次はその関係者に焦点を当てたSIDE B。
Aがあれだけ攻めた内容だったのでBになったらどんだけ。。。と思って観始めたのですが正直やや肩透かし。
というか、もはやゴダールやんってぐらいのカットに次ぐカットで、A以上に何の映画なのか混乱w
確かに今回のオリンピック、ただただ時系列に並べるだけでもドラマ過ぎたので、それは避けたかったのでしょうね。
実際あのオリンピックはトラウマレベルに失敗の連続でした。
この映画は確かにその失敗を克明に映してますが、それでもカバーしきれてません。
例えばエンブレム問題や競技場問題、開会式のゴタゴタ。
他所でも言われてますが、なぜか安倍元首相が出てこないのも不気味。
ただでも発狂するぐらい失敗の連続なのに、この映画にはリレーの失敗まで映されます。
いやいや、日本もっといいところあったでしょ。。。見てないから知らないけど。
とまあ、公式記録としては攻めに攻めた内容で、これはこれで未来へのレガシーになりますね。

冒頭は延期にするかどうかの会議から始まりいきなり閉会式、そこから時間は遡って最後が開会式という流れ。
最も印象的だったのが、皆さん仰られてますがやはり野村萬斎。
「文化の只中に生きているということを皆さんお分かりになってない」
という苦しい言葉は、思いっきり国と電通に向けられていると考えていいでしょう。
実際チームが解散され、電通の佐々木氏に受け継がれた際のスピーチ中の野村萬斎の目が怒りに満ちていて、その目のクローズアップがものすごく印象に残りました。
それにしても佐々木氏、本当に悪そうなお顔をされてますね笑
人は見かけじゃないと言いますが、ある程度人は見かけだと思います。
ここでマザー・テレサの言葉を思い出しました。

思考に気をつけなさい、それは、いつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それは、いつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それは、いつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それは、いつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それは、いつか運命になるから。


人の生き様は表に反映されるものです。
それは森元首相の退任劇にも物凄く表れていますね。。。
ところで野村さんの退任は描いてるけど佐々木さんの退任は全く描かれてませんね。
描くに値なしといったところでしょうか。

挙げればキリがないぐらい救いのないイベントでしたが、唯一希望として子供たちの表情やインタビュー(?)を挟むことで、あんなでも彼らの思い出の1つになれたのだな、ということが表現されてました。
今回結構河瀬さんが声や映像に出てくるのもAとの大きな違いでした。
そして、なんと最後の最後、主題歌が藤井風ではなく、作詞作曲河瀬直美とある謎の曲に差し替えられていました。。。
歌も河瀬さんなのかな??
僕は全然知らず、劇場でえ?となったのですが、調べたら公開の一週間前に差し替えになったそうで、これはどういうことなのか。。。
最後の最後までこのオリンピックのドタバタが反映されちゃってますね。。。
このBに関してはCDBさんのnoteが詳しいので是非。こちら

それにしても記録映像、オリンピックだけでなくパラリンピックも作るべきだと思うんだけどな。。。


「ベイビー・ブローカー」by 是枝裕和


もういっちょカンヌの常連是枝監督の最新作です。
実際主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる最優秀男優賞を受賞、「ドライブ・マイ・カー」同様エキュメニカル審査員賞も受賞してます。
是枝作品で言えば、主演男優賞は「誰も知らない」の柳楽優弥以来の受賞ですね。
ソン・ガンホといえば言うまでもなくポン・ジュノ監督とのタッグで有名な超大御所俳優ですが、初受賞は意外でした。
実際冒頭の坂道の雨の中子供をベイビー・ボックスに捨てに来る場面はめっちゃ「パラサイト」やん!と突っ込んでしまいましたw
是枝さんは、前回もフランスで「真実」をカトリーヌ・ドヌーヴにジュリエット・ピノシュというフランスを代表する大女優と組んでますが、正直あの映画は失敗だったと思います。ほとんど印象に残ってない。。。
なので今回もどうかと思いましたが、正直劇中めっちゃ泣きましたw
これぞ是枝作品と言わんばかりの歪で不器用な疑似家族が描かれます。
疑似家族、本当に弱いんですよ。。。
僕のこの個人的な家族観は田中功起さんの作品の時に語ってるので良かったら。こちら
子を捨てることに関しては、河瀬さんの「朝が来る」にも通じるものがありますね。
綺麗に描き過ぎてるきらいはもちろんあります。
赤ちゃんを捨てること、そして赤ちゃんを横流しするなんて、というのは倫理的にない方がいいに決まってますよ。
ただ、その背景はニュースだけでは伝わらないもっと複雑なのかもしれない、というのを映画というフィクションを通して描いているので、まあこれはこれでありよりのありなのかと。
泣ける映画=いい映画ではないとは思うのだけど、僕は好きでした。
「家族」に対して疑問のある人は是非観てみてもいいと思います。


最後に映画でもないし全く毛色違うけど映像ってことでマシュー・バーニーの新作「Catasterism」。
6月26日までネットで無料公開されてました。太っ腹!こちら
シャウラガー美術館での観客を入れてのパフォーマンスをそのまま映像作品に仕上げてて凄い。
演奏されてるジョナサン・ペプラーによる音楽も良い。
彼の作品は、実際面白いのか毎回よくわからないんだけど、全ての食材を使い切って料理する感覚は毎度爽快。
この夏「クレマスター」シリーズが上映されるそうなので良い加減観なくては。。。
北京で観た「リダウト」もこの機会に劇場でまたしっかり観ようかな。。。

大坂秩加作品のオンライン販売開始しました。

IMG_1069.jpg

大坂秩加作品のオンライン販売を開始しました。
https://aholic.stores.jp
店頭でのお買い上げはそれぞれ5%OFFとなります。


a44cefb8-76cf-4974-b37d-353864e845eb-0_0.jpg

「まっすぐな願いごとをしたい」
2022年
アクリル、水彩絵具、色鉛筆、チョーク、麻布、パネル
51.5×36.5cm


3a870919-d9bb-4999-ba8e-07010cca1856-0_00.jpg

3a870919-d9bb-4999-ba8e-07010cca1856-0_0.jpg

056671a2-2750-4348-9eb1-ade4ffaa37db-0_0.jpg

「だから私はひたすら知りたい」
2022年
アクリル、水彩絵具、色鉛筆、チョーク、麻布、パネル
32.5×40cm ×2枚


CO-P-18-07_0.jpg

「虚無の穴に自身がのまれてしまわないように」
2018年
リトグラフ
Image size : 45.5×27cm
Sheet size : 56×38cm
Edition of 20

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」と夏&新メニュー

73.jpg

本日より、大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」を開催します!

大坂秩加個展「短冊にぎりしめて雨 2022」
2022年7月7日 (木) - 8月7日 (日)
18:00 - 24:00 (変更可能性あり) 水曜休み
ワンドリンクオーダー制
* 要アルコール消毒 ・ マスク着用
* 3名以上のご来店不可
* 予約可。 ご連絡 (DM/MAIL/TEL) ください。
* 体調不良、 発熱等ありの場合は入店をお断りしております。


夏&新メニューのお知らせ!
まずは毎夏恒例のカレー定食(グリーンカレー、ラタトゥイユ、クリームチーズポテサラ、ピクルス)!
辛いの苦手な人には裏メニューでラタトゥイユカレーにできます。
夏だけBBAではないのです!
IMG_1103.jpg

日本酒もその時々のものをお出しします。冷のみ。
大阪名物ミックスジュースもありまっせ。
IMG_8997_20220703113157d99.jpg

IMG_1124_202207031131599e6.jpg


そして新メニューです!
「エンピリカル アユーク」
デンマークにある超有名レストラン「noma」で、2008年から2017年まで在籍し、テストキッチン&新メニューの責任者として活躍したラース・ウィリアムズと、2012年から2017年までコンセプト&ビジネス開発の責任者を務めたマーク・エミル・ハーマンセンの2人が創り出したスピリッツ。
「アユーク」とは、メキシコ・オアハカ州の少数⺠族ミヘーの⼈々が、海抜2,700メートルで栽培した特別なスモークドライチリのこと。なんのこっちゃ。。。
とにかく飲んでみてください!スモーキーでめちゃうまいです。なくなり次第終了。
IMG_8989_20220703113656d6d.jpg

最後はBAR専用チョコレートの久々の新作「モラセス」。
砂糖を精製する際の副産物である廃蜜糖(モラセス)の濃厚で独特な風味を活かしたガナシュ。
少量のトマトと共に煮込みチョコと合わせることによりコクのある旨味が特徴的で特にホワイトスピリッツとのマリアージュで味わいの広がりが感じられる一粒となっております。とのこと!
残念ながらご愛食頂いてた「ローズ青リンゴ」は終売となりましたが、モセラス是非食べてみてください!
IMG_0079.jpg
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.05.30-09.06
カルダー:そよぐ、感じる、日本 @ 麻布台ヒルズギャラリー

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.10-23
椿組「かなかぬち」〜ちちのみの父はいまさず〜 @ 新宿花園神社境内特設ステージ

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ @ 青森県立美術館

・2024.07.13-09.28
石田尚志 絵と窓の間 @ 神奈川県立近代美術館 葉山館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.11.30-2025.02.16
鉄とガラス 青木野枝/三嶋りつ惠(仮称) @ 東京都庭園美術館

・2024.11.30-2025.02.09
原田裕規展(仮)@ 広島市現代美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.03.04-06.15
ヒルマ・アフ・クリント展(仮称)@ 東京国立近代美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR