スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂島リバービエンナーレ2015

IMG_6615_201508272156296bb.jpg

スイスから帰国し早一ヶ月強。
その間に観た中でダントツおもしろかったのがこの堂島リバービエンナーレ。
4回目となる今回ですが、毎度毎度感心するぐらい同じクオリティでおもしろくない(爆)
とはいえ地元なので、まあ見とくかみたいな低いテンションで毎度臨むのですが今回は違った!
今回のキュレーターはイギリスのトム・トレバー氏。
国内のビエンナーレトリエンナーレでは珍しく、このビエンナーレは前回に引き続きキュレーターが海外から。
このキュレーションがものすごかった。
あのどうしようもない会場がここまでおもしろくなるなんて。魔法でした。
タイトルも「Take Me To The River」とかだし、まあおもしろくないだろうと勝手に思い込んで、いきなり入った大会場の池田亮司がまずやばかった。(上写真)
いつもこの大会場の使い方が見本市みたいにただただ作品が並んでるだけでおもしろくないのに、今回は池田亮司一人に贅沢に使わせたのが大成功でしたね。凄まじい音と光のスペクタクル。正直池田さんいろんなところで観過ぎてて食傷気味だったけど今回は素晴らしかった。

他にも一階では、「流れ」といえばと言わんばかりにPLAYのドキュメンタリーがあったり、下道基行の沖縄に流れ着いた漂流物をテーマにした作品があったりと、キュレーションにブレがなくていい感じ。

IMG_6644.jpg

IMG_6642.jpg

さらに今回はいつも使われてないバックヤードもふんだんに使われていて、迷路みたいで楽しかった。
照屋勇賢のマクドナルドの袋の作品からのSuperflexのマクドナルドの洪水の映像の「流れ」も絶妙。

IMG_6602.jpg

IMG_6596.jpg

島袋道浩のゆるい「流れ」る作品も、堂島川を借景にして美しかったし、今旬なサイモン・フジワラやHito Steyerlをも押さえていて、現代美術の「流れ」もしっかり捕らえている。

IMG_6613.jpg

IMG_6625.jpg

IMG_6636.jpg

ヒトの映像にもある、経済の「流れ」も、いくつかの作品にしっかりと押さえられているし、あらゆる「流れ」を徹底的に意識したキュレーションは本当に見事でした。国内の展覧会で久々に感動しました。
惜しむらくは4階の展示。あそこは毎回他会場から離れているので、展覧会の緊張感が切れてしまってどうしても難しい。今回大会場の使い方みたいに、思い切ってあの会場なしとかできなかったんだろうか。
それでもそこで出ていたVermeir & Heiremansの経済に関する映像は興味深かったです。
いやはや完全になめてました。
今週末までですが、圧倒的にお勧め。こちら


ちなみに近くの国立国際美術館では「他人の時間」展とティルマンス展が開催中。
「他人の時間」は結構期待していたのだけど、ただアジアの作家を紹介する展覧会みたいになってしまっていて残念だった。その中では加藤翼の作品が圧倒的だったように思います。
ティルマンスはほぼ流し見。相変わらず遊泳するみたいな感じで気持ち良い展示。「真実研究所」の日本バージョンが観られたのはよかった。あと日本のデモの写真も撮っていたのはハッとさせられた。
両展とも9月23日まで。こちら
スポンサーサイト

"das Licht"終了しました。

_23T8236.jpg

スイスのレジデンス最後の個展が昨日2日に終了しました。
終了の時点で日本にいるので実感はないですが。
この個展はここ5年でやってきたことの集大成的な展示になったように思えます。
会場となったGalerie zur Matzeはシュトックアルパー城の地下にある円形屋根が特徴的な巨大な空間で、初めて会場を見たときはあまりの広さにたじろぎましたが、最終的に大作2つ仕上げることができました。

ひとつは会場に降り立ってすぐに出会うことになる「das Licht (Geist)」という作品。
壁の天地にスリットを作るという構造自体は、以前「限りあるものと限りないもの」(2012)や「Silencer」(2011)で作ったことがありましたが、今回は裏に映像を投影しました。
以前から映像を使いたいと思っていて、何の像がいいか考えていましたが、スイスに到着してから、なぜか撮りためていた光の反射の画像があって、これを使ったらいいのではないかと思い立ちました。
自然のプロジェクションと人工のプロジェクション・光の光・壁に壁の像。
これらの構造によって、最終的に200枚以上の光の像を投影しました。こちら
また、次の部屋に行くのに、観客はこの映像の前を通り過ぎなければならず、その影が裏側のスリットに反映されるという構造にもなっています。

_23T8237.jpg

_23T8226-2.jpg

奥の部屋では、「das Licht (Panorama)」という作品を作りました。
横幅15mの空間に走る一本の光の線。その奥を覗くと塩でできた「風景」が立ち上がります。
この「風景」は地元の子供たち約100人と4日間かけて作り上げました。
子供たちが作ったとは思えないほどの「風景」には僕自身圧倒されました。
ちなみに塩を使ったのは、この空間が元々塩の貯蔵庫だったところから発想しました。
作品の構造自体は、2010年に発表した「確かなこと」を反転したようなものです。
あの時は外が明るく中が暗かったですが、今回は逆。スリットも5m伸びております。

_23T8149.jpg

_23T8150.jpg

_23T8188.jpg

_23T8191.jpg

_23T8197.jpg

今回スイスに9ヶ月滞在して、改めて思ったのは、自分は人間が作ったものがたまらなく好きだということでした。
スイスはご存知の通り、アルプス山脈を始め、湖や草原の美しい国です。
そんな景色の中で、数ヶ月自分がここにいる理由を自問し続けました。
あまりの大きな自然に対して、僕は正直心を動かされるということがほとんどなく、それはどういうことなのかということを考えていた時に、子供たちの作った塩の風景に出会い思い至ったのが上の結論です。
何かを表現することを英語でrepresentationといいますが、この言葉はre(再)-presentation(現前)、つまり何かを再び目の前に現させるという意味を持ちます。
僕がやりたいし見たいのはこのrepresentationなんだと思います。
目の前のそのまま在る生のものに対して、一度それを咀嚼して吐き出したものにこそ僕は価値を見出します。
子供たちが作った塩の風景は、まさにrepresentationで、彼らが生まれて数年間ひたすら見続けてきた風景が、改めて彼らを通して再現前したのがあの風景でした。
僕がアートやデザインがこんなに好きなのは、そこから来てるんだと思います。
このことに気づけたのはこの滞在の大きな収穫でした。

<関連記事>
Artist in Residence Brig-Glis
das Licht: making document 01
das Licht: making document 02
das Licht: making document 03


さて、前回の記事の最後に、スイスアート編を書くと書いてましたが、帰国後の脱力感ですっかり書く気がなくなってしまいましたが、せっかくなので少し。
スイスは元々ロンドンやパリ、ベルリンのようなアートシーンというものが希薄で、アートクラスタが行くような場所ではないかもしれません。もちろんアートバーゼルなどのマーケットはあるのですが、いかんせん物価が高すぎて、国外作家が住むのに適してないのがその原因ではあるかも。
そんな中で、もしスイスに行ってアートを見るならオススメのスポットをいくつかご紹介します。

mamco (ジュネーブ)
IMG_5544.jpg

IMG_1166.jpg

僕が一押しのスイスアートスポットはここ。
チューリッヒではなくジュネーブにある現代美術館です。
元工場を改修した美術館で、中は想像を絶する広さです。初めて訪れた時は度肝抜かれました。
中ではいくつもの展覧会が同時並行で開催されています。
ほとんどが知らない作家の展覧会でしたが、どれもクオリティが高くて見ごたえ十分。
コレクションも半端なくて、オフィスや家を模した展示室があったりユニーク。オススメです。
目の前には芸術センターやギャラリーもひしめいてるので現代美術の宝庫。
ジュネーブも本当に美しい街です。

Collection de l'Art Brut (ローザンヌ)
IMG_5537.jpg

ローザンヌにあるデュビュッフェが設立したアール・ブリュットの美術館。
中は見た目以上に広くて、アール・ブリュットの作品がずらっと並ぶ様は圧巻。
ヘンリー・ダーガーを始め、日本人の沢田真一さんの作品もあります。
ローザンヌは州立美術館SANAAのロレックスセンターもオススメです。


Kunstmuseum Thun (トゥーン)
IMG_5707_2015080312242165c.jpg

インターラーケンからほど近いトゥーン湖の畔にある美術館。
今やってるChristian Andersson展がすごくよかったのと、空間がものすごくいい。
正直全然アートな街ではないけれど、立ち寄る価値があるほど質の高い展覧会がみられます。


Hotel Castell (ツオーツ)
IMG_6209.jpg

IMG_6227.jpg

オススメというか、超マニアックな場所。
サンモリッツから少し行ったツオーツにあるアートホテル。
ピピロッティ・リストが手がけたバーや、川俣正のテラスなどがあって、値は張りますが泊まってみてもいいかも。僕はタレルの作品が見たくて、ただただ見にいきました。駅からひたすら登り道で死んだ。


という感じです。
他にも色々ありますが、特筆すべきはこれぐらい。
チューリッヒもHauser&WirthKunsthalleが入ったアートコンプレックスビルがあったり、来年はManifestaが回ってくるのとダダ百周年で盛り上がりを見せそう。ダダが始まったとされるカフェCabaret Voltaireがあるので行ってみてもいいかも。
こんなとこで以上。
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。