FC2ブログ

San Marco

フィレンツェラストです。
もう足がちぎれる寸前まで歩き続け、たくさんのマスターピースに出逢ってきましたが、最も心を動かされたのは、レオナルドでもボティチェッリでもラファエロでもミケランジェロでもなく、一介の修道僧であったフラ・アンジェリコでした。
現在サン・マルコ美術館として開館しているその場所は、かつてドメニコ会修道院だったもので、美術館と呼ぶのは個人的にはばかられるような雰囲気でした。
美術館というと、どうしても見世物小屋のような響きが微かにあって、この聖なる場所にはふさわしくないと思いました。
体全体で体験するような、そんな場所です。
直前までユベルマンの「フラ・アンジェリコ」を読んでいたのもあって、実際の図像に立ち会えたってのも大きかったのですが、それ以上のものを感じました。
それは国や宗教を大きく超えた普遍的な祈りとしての絵画でした。
アンジェリコ自身が生業として描いたのではなく、描く前は祈りを欠かさなかったことや、キリストの磔刑図を涙を流しながら描いていたというエピソードからも、その強い気持ちは時間さえも凌駕していたんです。
2階へ続く階段からあの有名な「受胎告知」が見えた時は鳥肌が立ちました。
そして、僧房のひとつひとつの片隅に描かれたエピソードを回るあの鑑賞体験に、メディチの瞑想部屋の静寂。
思い出すだけで涙が出そうな体験です。
なにかを表現するということは、ここまで全身全霊を捧げることなのだと教えられました。
ここは13:50までしかやってなくて、中々行きづらいですが、フィレンツェに行ったらなにより行って欲しい場所です。(土日祝は16:50まで)

最後にフィレンツェを本気で回りたい方へおすすめなのが、フィレンツェカードです。
€72と中々の値段ですが、72もの施設が無料で入れて、バスも乗り放題。
なによりでかいのが、行列をパスできることです。
フィレンツェのほとんどの施設には、信じ難いほどの行列ができてます。
とくにウィフィツィとアカデミアは入場1時間、2時間は当たり前。チケット買うだけで数十分かかります。
長く滞在するなら別ですが、短期滞在でこれだとほとんど見れません。1日3つが限度くらい。
自分はこのカードのおかげで2日で10箇所以上回れて、ほぼ元もとりました。
まあ、これは異常にしても(笑)、本当便利でオススメです。
あと、フィレンツェの飯うますぎです。ヴェネツィアが最低だったので感動も倍増。
コンパクトな街なので色々回りやすいし、適度に都会で素敵な街でした。

image_20130718130146.jpg

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Pietà (Florentine) by Michelangelo

image_20130718013247.jpg

image_20130718013234.jpg

image_20130718013250.jpg

image_20130718013355.jpg

image_20130718013357.jpg

フィレンツェに来たらウィフィツィ美術館にあるボッティチェリともうひとつ、アカデミア美術館にあるダヴィデ像は外せません。
作者は言わずもがな、ミケランジェロです。
実際に観たダヴィデ像は神々しさが凄かった。
あれを20歳やそこらで創っちゃうんだから人間じゃないです。
ヴァザーリの芸術家列伝でも超特別扱い。ミケランジェロのページだけやたらに多いw
「神に愛された男」の名を欲しいままにダヴィデを始め、数々の神業を成し遂げます。
しかし晩年は、ほとんどの作品が完成することなく終わります。
ダヴィデの展示されてるアカデミア美術館には、そんな未完の作品たちも展示されてます。
そんな中でピエタは晩年になって3体も彫っています。どれも未完。
そのうち2体がフィレンツェにあって、ひとつはアカデミア美術館にある通称「パレストリーナのピエタ」。
これはほぼ岩の塊の中にいわば埋没しているようで、彫ってる途中で放棄した感じ。
そしてもうひとつが、ドゥオモの付属美術館にある通称「フィレンツェのピエタ」。
なぜか写真オッケーだったので載っけてみました。
これは一旦完成しかかったものを気に入らずにノミで壊したものとのこと。
マリアの顔が残念なことになってます。
しかし失敗しても作り続けるピエタとはミケランジェロにとって何だったんでしょう。
ローマとミラノでも残りの2体を見てからまた考えたいです。

あとメディチ家礼拝堂のミケランジェロの彫像見たけど、お隣のサンロレッツォ教会内にあるミケランジェロ設計の図書館見るの忘れた。。。疲労と暑さで完全に飛んでましたね。次回があればリベンジします。

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Palazzo Vecchio - Gallerie degli Uiffizi - Ponte Vecchio - Palazzo Pitti

image_20130717163407.jpg

image_20130717163413.jpg

image_20130717163431.jpg

image_20130717163443.jpg

image_20130717163432.jpg

image_20130717163804.jpg

image_20130717163737.jpg

image_20130717163802.jpg

image_20130717163755.jpg

image_20130717163814.jpg

image_20130717164101.jpg

image_20130717164102.jpg

image_20130717164114.jpg


フィレンツェはメディチの街と言っても過言ではないぐらい影響がすごい。
特にヴァッキオ宮殿からウィフィツィ美術館、ヴァッキオ橋、ピッティ宮に至る道程は見事。
そしてそこに召し仕えたヴァザーリの創作物が連なる。
ヴァッキオ宮殿内では戦いを描いた巨大絵画群。
確かその下から近年レオナルドの絵が見つかって物議を醸しました。
上ではなぜかZhang Huanのブッダ彫刻が設置されてました。
ウィフィツィとヴァッキオ橋はヴァザーリの設計。
特に橋は面白かった。あんな橋見たことない。
橋の上にはジュエリーの店がひしめいていて、川を渡ってる気がしない。
ウィフィツィではボティチェッリの有名な「ヴィーナスの誕生」や「春」、レオナルドの「受胎告知」にミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、カラヴァッジオ、リッピなどの有名絵画たちが。。。
「ヴィーナスの誕生」は思ったより小さく、彼の「受胎告知」がすごくよかった。
それにしても、どれもさりげなく飾られてて、つい見過ごしそうになってしまう。。。
ウィフィツィはルーブルほどでかくないので、混んでなければけっこうすぐ見れます。
朝一だったので結構贅沢に名画たちを独占して見られました。
ピッティ宮内のパラティーナ美術館でもラファエロやティツィアーノが紛れてて衝撃。
先月まで日本に行ってたラファエロの作品群も戻ってきてて安心。
それにしてもヴェルサイユ同様豪華絢爛な空間でした。。。

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.11.02-12.28
目 非常にはっきりとわからない @ 千葉市美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2019.10.25-2020.01.01
Anish Kapoor @ CAFA Art Museum | Imperial Ancestral Temple

・2020.01.11-03.22
白髪一雄展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.01.16-03.22
増田信吾+大坪克亘の個展「それは本当に必要か。」 @ TOTOギャラリー・間

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.04-06.14
ヤン・ヴォ―展 @国立国際美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2020.05.14-08.09
妹島和世+西沢立衛/SANAA展 @ TOTOギャラリー・間

・2020.07.03-10.11
ヨコハマトリエンナーレ2020 @ 横浜美術館、プロット48

・2020.09.25-12.20
アンサンブル・スタジオ展 @ TOTOギャラリー・間

・2021.01.16-03.07
ボイス+パレルモ @国立国際美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR