fc2ブログ

a0141647_1785920.jpg

外苑前にあるDIALOG IN THE DARK(以下DITD)に行ってきました。
DITDとは、視覚障害者の方が先導してある物語に沿って暗闇を探検するというもの。
予約がいつも満杯で、この日は平日なのでどうにか当日予約で行けた。
紹介してくださったYさんと一緒にLet's get into the dark!

8人位のグループになって進んでいくのだけれど、知らないもの同士でも暗闇の中ではすぐに仲良くなれちゃう。協力しないと前に進めないですから。最終的に暗闇の中で皆ではないちもんめしたりして遊んだ笑
最初は恐ろしくて前になんて進めないと思ったけど、段々楽しくなってくる。
まず入ったら土や枯葉の匂いが嗅覚を刺激する。
棒で辺りをかき混ぜながら互いに何があったかを報告しあっていく。
中には植木鉢があったりブランコがあったり、まるで公園。
ものすごく広く感じたのだけれど実際はどれぐらいの広さなのだろう。
暗闇の中では視覚以外の感覚が研ぎ澄まされる。

途中「雷親父」の家を通り抜けて秘密基地へ。
「雷親父」の家に勝手に上がりこんで色々物色。
靴を脱いだら一生取り戻せないんじゃないかと思いつつ、皆で自分の隣に誰が脱いだかを確認しながら脱げば解決することがわかる。
「雷親父」が帰ってきたので、急いで、でも慎重に逃げる。
途中橋を渡るのがものすごく怖かったけどなんとか秘密基地へ。
秘密基地には色んなおもちゃが隠されていた。
闇の中では皆が無邪気な子供になれる。
AがAであることがわかるだけで興奮できるなんて。

お次は闇の中のカフェへ。
飲み物を注文。ここはあえてホットココアで。こぼしたらアウト。
200円を払うんだけど、ここがまた至難の業、かと思いきや意外と手触りで硬貨の種類がわかる。
1円は軽いし、10円は大きい、5円と50円には穴が開いてるし、500円は最もでかい。
無事払い終えてあったかいココアとクッキー。しあわせ。
どういう机でどういう配置で皆が座ってるのか話し合う。
そんなこんなで楽しい時間はアッという間。
闇ともお別れの時間。
なんと90分も闇の中にいたらしい!
再び光の世界に戻るとなんだかとても味気ない感じがした。

最近視覚にとても興味があります。
特に暗順応や明順応といったことに。
美術はどこまで言っても視覚芸術なので、作品の見え方、見せ方を考えつくさなければなりません。
そこでこのDITDの話を聞いた瞬間からいてもたってもいられなくなって早速体験してきたわけです。
そして、僕の至った結論は、やはり闇のままでは芸術になりえないということでした。
実際闇の中で膨らむ想像力というのは偉大で、感覚が研ぎ澄まされます。
それでもなんだか、やはりあの感覚は遊園地のアトラクションに近い一過性のものを感じました。
作家は作品を作って誰かに見せるという時に想定する観客は圧倒的に健常者と言われる人々です。
そのことに僕はある種の罪悪感を背負っていました。今も背負っています。
芸術センターの展示ではさらに見えにくさやスリットの高さに関して、お年を召した方々からはある程度の反感も聞かれましたし、それは仕方ないと思っていました。
そんな折、弱視の方が来られて僕はどうしようかと考えあぐねていたのですが、その方がものすごく自然にスリットの中に指を入れ始めたのです。
どうするのかとしばらく見守っていたら、スリットに沿って指を入れながら歩き始めて、中の石に当たる度に立ち止まり、その石の感触を全身で感じておられました。
僕はその瞬間なんだか救われた気持ちになって、とても感動しました。
こういう作品の鑑賞の仕方があるのか!と
僕は美術という視覚芸術から逃げないようにしようと誓いました。
そして今回の体験を通して、やはり「見えない」と「見えにくい」では違うのだと確信しました。
闇の世界と光の世界の大きな違いはずばり陰影の存在です。
闇と陰影は違います。
陰影とは我々が視覚で世界を認識する際の絶対的要素です。
僕はこの闇と光の間に存在する陰影を見せたいのではないかと思っています。
まだまだまとまりませんが、今回のDITDの体験は改めて自分の中の核心に触れた気がしました。
いい体験をありがとうございました。

ところで、この8人の中ですごい出会いがありました。
世界は狭い!

DIALOG IN THE DARK>>http://www.dialoginthedark.com/
普段は90分5000円ですが、3月20日から22日は60分のショートバージョンが3000円で体験できるみたい。お試しにいかがでしょうか。ネットではいっぱいでも駄目もとで電話してみたらキャンセルが出てることもありますので是非トライしてみてください。
内容が季節によって異なるみたいなのでしばらくしたらまた行ってみたい。くせになります。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

「エレメント」構造デザイナーセシル・バルモンドの世界@東京オペラシティ


金曜の延長時間に行くとチケットが半額になるらしいy
ということでなんとか東京最終日、滑り込みました。
待ちに待った、セシルの日本初個展です。
今まで建築家の展覧会はあっても、構造エンジニアの展覧会は珍しいと思う。
ただ、セシルの場合、構造エンジニアという枠を大きく逸脱している。
ただただ建築家の案を実現する構造原理を導き出すだけに非ず、セシルの場合はさらなる創造性をそこに加えて、建築という静的な物体を一気に動的な、まるで自然界に生きる生物のように生命を与えてしまう。
伊東さんやOMAとの仕事を見ていればそれは歴然。
どっちがデザイナー?と首を傾げてしまうほどである。
建築家にとってこれほど刺激的で驚異的なパートナーはいないのではないだろうか。
展覧会の冒頭はカラフルな垂れ幕で生い茂る森で始まる。
その垂れ幕を掻き分けながら進んでいく。たまにセシルの言葉が書かれていたりするが、それを全部読みながら進むも、好き好きに進むもまったくもって観客の自由。
僕は後者を選んだ。
それはまるでセシルの思考の森。
言葉や彼に啓示を与える自然界の「エレメント」が生い茂っている。
そこを抜けると、今度は数学のトリックをさらっと見せてくれる。
一つ一つはちゃんと説明してくれないとわかんないけど・・・。
度肝を抜かされたのが「H_edge」と言うインスタレーション。
これほど構造の凄みを端的に、そして能弁にあらわしたものはない。
X型の鉄のフレームと鎖で構造物が出来上がっている。
そこには支えなどまるでなく、ただただそれらの生み出す張力で成り立っている。
そして足元にはV&Aで発見した黄金比率のタイリング。
それを延長するように向こう側の壁にはタイリングの映像が滝のように流れている。
滝といえば岩。映像の手前には黒と白の岩のようなオブジェ。
これは正直よくわからなかった。。。
通路にはこれまでのプロジェクトを一台一台テレビ画面で見ていくコーナー。
というかこの通路の使われ方は毎度こんな感じですね。
まあ、こんな感じだけれど、ちょっと簡単に見れすぎてしまったのが残念。
会場にいろんなエレメントが多すぎて、なんだか散漫な印象を受けてしまった。
なんだったらあの大部屋は「H_edge」だけでもよかった気がする。
でもまあ、やっぱりセシルは刺激的。
バタシーの計画もものすごく楽しみです。3月22日まで。
<関連記事>
Cecil Balmond+伊東豊雄@NHK大阪ホール
Temenos by Anish Kapoor x Cecil Balmond
伊東豊雄


他に東京で見た展示をまとめてざざっと。


村山悟郎 shiseido art egg vol.4@SHISEIDO GALLERY

もはや恒例になりつつあるshiseido art egg。今年で第4回。
すでに若手作家の登竜門的位置を占めていて、この国における乏しいアートコンペの中ではかなり質の高いコンペだと思います。
毎年3人選ばれて年のはじめに順番に行われていく。
今年の応募総数は336件。昨年よりは多いものの、第一回が650件という脅威的な数字なのでなんともいえない。でもまあ狭き門なのは変わりなし。
今回僕が見た村山君は第4回の最後を飾る展示。
同い年なのでなかなか気になって見てきました。
最近の作家ではめずらしいほどに大きな作品。
壁面をまるまる覆い尽くさんばかりの大きさでした。
縄を編んでどんどん成長を遂げていくらしいです。
その上に描画していくんですが、その描画方法にもルールがあるそうな。
また奥の展示室にも、壁に直接描いたドローイング。こちらもルールあり。
なんだかルールを設定しすぎて、逆に縛られないのかな?と心配になる。
もう少し自分の創造性を信じてもいいと思った。
あと、そのルールのわりに、縄と描画の関係がイマイチ見えなかった。
関連記事>>宮永愛子「地中からはなつ島」@資生堂ギャラリー


森末由美子「ある日静かに」@INAXギャラリー2
昨年の京都芸大の政策展で気になってて今回たまたまやってたので寄ってみた。
んー、ほそかわの時同様インスタレーションの仕方がまずい気がする。
この若さですでに回顧展みたいな雰囲気。これはまずい。
せめて作品のシリーズをしぼるべきだったんじゃないだろうか?
あれもこれも見せたいというのもわかるけれど、手の内はある程度隠すべき。
作品はおもしろいので、発表の仕方をもう少し考えるべきじゃないかなぁ。
えらそうですんません。
ところでこのギャラリーでやってる展覧会圧倒的に関西の人ばかりなのは気のせい?
<関連記事>
森末由美子「無重力で右回り」@ギャラリーほそかわ
京都市立芸術大学学内展@京都市立芸術大学


東信「鎧松」@POLA MUSEUM ANNEX
「ジャンルの横断」という点において最も作品の精度が高い作家の一人。
華道だけど、ものすごくインスタレーション感覚に恵まれた人だと思う。
今回も会場にこの「鎧松」ひとつ。
奥には映像もあったけどなくてもよかった。
この「鎧松」の佇まいが本当に異様で、会場を飲み込んでた。
実際の鎧松にパンチングメタルでできた鎧を着せてしまうというもの。
一部普通にその鎧からはみ出てる部分があったのだけどあれはどうなんかな?
あと、パンチングメタルってのが、確かに遠くから見るとかっこいいのだけど、近くで見るとその中身がメタルと穴の部分で「見える」「見えない」が完全に分離しているので、もっと曖昧に見える素材ならもっとかっこよかったと思う。
そういえば名和さんも松をプリズムボックスに閉じ込めてたっけ。
エレベーター降りてぱっと見たときの異様さは確かにすごかった。


小谷元彦「Hollow」@エルメス銀座
今回最もがっかりした展示。
もともとそんなに期待してなかったけど、写真で見るとその浮遊感が空間にすごい緊張感漂わせていたのだけれど、実際会場で見てみると、ただただテグスとかで吊ってるだけやし、壁に設置してあった作品はビス丸見えやし、樹脂の継ぎ目がまるわかりで、げんなり。
展示の緊張感が驚くほど欠けていた。こんな作品は緊張感が命なのではないのか?
逆に床に置かれた作品がもっともよかった。
細い足でその大きな頭(?)を支えてる様にこそ浮遊感を感じたからだ。
年末森美で展覧会だけどどうかな?うーーん。


半田真規 変生態-リアルな現代の物質性VOL.8@ギャラリーaM
いいと言われて行ってきたけどそんなでもなかった。
元のスペース知ってたらもっと印象は違ったかもしれない。
この人去年ロレックスのプログラムでレベッカ・ホルンと一緒に作品作った人ですよね。
これどうやて選ばれるんでしょうか。
次のメントー(指導者)がカプーアらしく、喉から手がでるほどそのプロトジェ(生徒)の権利がほしいんですが。。。
知ってる人がいたら教えてください。
って、全然レビューになってませんな。


あと、今週からオープンする某アートセンター(わかる人はわかりますね)に友達の配慮でその準備中のところを特別に見せてもらった。
んー、ついに東京にもこんなところができるのかぁと驚嘆。
うまくネットワークが広がるといいけれど。
また出来上がったら行ってみたいと思います。
以上東京報告でした。
あとやなぎさんの展示とか見たかったなー。

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR