スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STUDIO OLAFUR ELIASSON : An Encyclopedia

ご無沙汰してます。

実はヴェニスビエンナーレに行ってました。

嘘です。どこにも行ってません。東京にすら行ってません。
仕方ないです。今月は本当観に行くものが特にないんですよね・・・。
なので、今回はここ数ヶ月で購入したアート本の紹介でも。
ちょっと買い過ぎて本棚パンク寸前です。あー書庫欲しい。

STUDIO OLAFUR ELIASSON : An Encyclopedia
買ってしまいました・・・この恐ろしい本を。
何が恐ろしいってこの大きさです。
45.8 x 35 x 7cm。重さ5.6kg。
鈍器として人を殺めることも筋トレに使うこともできます。
すさまじいボリューム。
そして値段も横綱級。定価2万円也。
このありとあらゆるボリュームに怯んで、先にSFMoMAの展覧会図録を買ったんですが、やっぱ欲しいなぁ、と思ってたら、安く手に入る裏技を知ってしまったのです。
その裏技とはズバリ、amazon.co.uk
そう、このポンド安を利用するのです。
日本のamazonでは16000円。
それがイギリスamazonではなんと8000円!しかも海外発送料も込み!
買いました。
届いて再びひるみましたが、今では本棚にて異様な存在感を放ってます。
「STUDIO」というのは、彼はアーティストとしては異例のチームで作品を作ってるんですね。建築家の方法論ですね。実際建築も作ってるし。
そんな彼(ら)のプロジェクトがぎっしり詰まった「Encyclopedia(百科事典)」。
ヴィジュアル満載で大画面。言うことなしです。
まだ文章は読めてないですが、これから少しずつ読んでいこうと思います。
年末の金沢の展覧会はホント楽しみですね。

ANTONY GORMLEY : BLIND LIGHT

ヘイワードの展覧会カタログ。
観た時に買いたかったんやけど、当時はこれまたポンドが高いのなんので断念。
でもあの時買わなかったのを随分後悔してたらやってきましたポンド安。
今回のポンド安でamazonも大分落としてきたので購入。
しかし注文してからえらい時間がかかった・・・3ヶ月以上かかった。
忘れかけた頃に届きました。何があった?
そんな長旅を経てやってきたこの本はあの伝説的な展覧会が見事に収められてます。
ヘイワードかなり気合い入ってましたからね。
この表題の作品はゴームリーの新たな一歩を感じる最高の作品。
この展覧会は今でも忘られません。
日本は展覧会の図録が安いんですが、向こうは結構するんですよね。
でもやっぱ思い出に残るものは記録として買っておくべきと思いました。
しかし10月にテートから出るゴームリーの本が気になる。
この作品収録されてたらショックやな・・・されてるんやろうなぁ・・・。
<関連記事>Antony Gormley @ HAYWARD GALLERY

(左から)
川内倫子 「種を蒔く/SEMEAR」 「AILA」 「うたたね」

ずーっと欲しかった「AILA」。
本屋で何気なく広げたその本は僕にとって衝撃でした。
見たことあるのに見たことない。
そんな風景が鮮やかに映し出されていたのです。
即買い!と行きたかったのですが、3500円ってのが微妙な値段だったので保留にしてたらぐんぐん時が経ってしまったのです。
そしてついにヤフオクでゲット!
ついでに「SEMEAR」と「うたたね」がセットで安かったのでこちらも。
この勢いで「Cui Cui」と「花火」も手に入れたいところです。
それほどまでに彼女の撮る写真は心を惹き付ける。
ただの何気ない日常を切り取ったストレートフォトにも関わらず、彼女のファインダーを通すと世界が劇的な変化を起こす。ただの風景が愛情に満ち溢れるんです。
「AILA」では生と死をテーマに、様々な生き死にを捉えてるんですが、鶏が血を流して捌かれるのを待ってる写真も、牛の出産もどれもこれもが慈悲深い風景に見える。
「SEMEAR」では日系ブラジル移民100周年を記念して向こうで開かれた展覧会で、カーニバルの様子までとてもやわらかく撮れてるのがすごい。むしろこれは蜷川実花的被写体なわけだけど、それすら彼女の色に染めてしまってるのだから。
僕はロンドンで開かれた展覧会の「Cui Cui」を見て泣いてしまった経験があります。ただの写真なのに涙が止まりませんでした。
「泣ける」写真を撮らせたら僕の中で彼女以外にいません。
才能という言葉は使いたくないけど、彼女の写真にはやはり何かがあります。
<関連記事>Rinko Kawauchi @Photographers' Gallery

(左から)
「塩田千春/心が形になるとき」 「金と芸術」 「ポンピドゥー・センター物語」

まずは塩田さんの本。
これは神戸芸術工科大学デザイン研究センターが昨年塩田さんをゲストに迎えた際の公演記録+αといった内容。
講演会記録で印象的だったのが、アカデミー・シュロス・ソリチュードの助成を受けた時の話。この助成は作家へのサポートが凄く、一年半の滞在期間中、住居・アトリエは無料で貸し出され、その上月に15万円の生活費が出て、塩田さんの場合、ベルリンの住居費まで払ってくれたとのこと。これだけのサポートの為に、世界中から応募が絶えません。
しかし塩田さんはこの手厚さに苦労したとのこと。あまりに恵まれ過ぎて、逆に制作ができなかったそうなのです。
「作家は、環境が恵まれているからいい作品ができるのではないということがわかった」というのが印象的。不思議なもんですね。
しかしこの公演会の内容も去ることながらあとの+αが中々すごい。
なんといってもドローイングノートがそのまま公開されている!
言わば作者にとってドローイングノートというのは秘密の手帳みたいなもんで、誰にも知られたくない内容も多々ある。
特に作品になる前の構想段階のものなんかは絶対人に見られたくない。
しかし今回それらの部分が生々しく公開されている。
中には、ああこれは実現せんよな、っていう、言っちゃ悪いがこれはないでしょってのも含まれてて、作家の「産みの苦しみ」が見られる貴重な機会だ。
それから、アトリエの写真や、ベルリンの写真等も満載で、一人の作家にここまで迫った本は中々ないんじゃないかと思う。塩田ファンは確実に持っておいて損はないでしょう。
<関連記事>
塩田千春「精神の呼吸」@国立国際美術館
塩田千春「沈黙から」@ 神奈川県民ホール

そして、お次は「金と芸術」。
副題に「なぜアーティストは貧乏なのか?」とついてます笑
こちらはオランダの作家で経済学者でもあるハンス・アビングという人が経済学と芸術の立場から多角的なアプローチで、金と芸術にまつわるエトセトラを解きほぐしていくというもの。知り合いのキュレーターさんが薦めてらっしゃったので、これもヤフオクでゲットしたんですが、500ページもあって中々骨が折れました。
しかも内容がもう傷口に塩を揉むような笑
面白かったのは、助成が作家の貧困の一要因だという作者の意見。
助成があるから作家の絶対数が増えて需要と供給のバランスが崩れて貧困を生むということ。ヨーロッパでは作家に対する助成が数数多あって、先に書いた塩田さんもその助成に触れてますね。助成というのはある種の執行猶予期間でしかなくて、終わってしまったらまた振り出しに戻るってパターンがあまりに多く、作家を真にサポートするという点であまり効果を発揮してないんじゃないかと。
でも、それを言っちゃぁ、日本みたいに助成すらまともにない国で作家してる人間って何なんでしょうってなりますよね笑 確かに作者は「これはあくまで欧米のシステムを元に書いている」と前置きしてますが、やっぱり違いがはっきりしすぎて途中感情移入できずに読み飛ばしちゃったりしました。
まあ、改めて日本との違いをはっきり示してくれた本ですね。
最後の「ポンピドゥー・センター物語」は、その立ち上げ時からキュレーションメンバーに加わっていた唯一の日本人岡部あゆみさんが書いた本。
「物語」というからには、岡部さんが個人として体験した具体的な出来事がちりばめられてるのかと思ってたら、もっと客観的な記録とかデータの集積が多くてちょっと興ざめ。今までポンピドゥーに関して知らないことがいっぱい知れたりしたけど、期待してたものと違いました。
<関連記事>Centre Pompidou

ART iT No.24 「日本発、ヴェネツィアへ!」

何気に3号連続で買ってる・・・。
特に好きな本でもないんやけど、ここ最近僕の好きなテーマの特集が続いたので。
前号の「記憶のアート/消滅のアート」は直球ど真ん中でした。
今月号はヴェニス特集。特にヴェニスに興味あるわけじゃないけど、名和さんの記事が載ってたので。知らない間にすごいことになってるんですね、名和さんのアトリエ。。。
レジデンス施設や研究機関も備わってるらしいし、手がける建築家達もすごい。今注目されてる若手建築家長山祐子も含まれてる。
そういや今月26日からのscaiの展示もこのうち2人が出しますね。
どこまでいっちゃうんでしょうか・・・。
記事中にジャッキー・チェンが触れられてるのがウケた。
しかしART iT休刊はかなりショック。せっかくおもしろくなってきたのに。
ウェブでは読む気せんのよね。やっぱ本というメディアは重要。
どんどん雑誌がなくなっていって、寂しい時代になってきました。
一方某美術雑誌は生き残りに必死過ぎてどんどんおもしろくなくなってる。んー。

ユリイカ6月号「レム・コールハース 行動のアーキテクト」

1冊まるごとレム・コールハース!濃いです。
冒頭の磯崎さんの対談もおもしろい。やっぱこの人は論客という立場でいたほうがいい。建築は駄目駄目なんで。。。磯崎さんの審美眼は確かでレムのラ・ヴィレット公園もCCTVも見ぬいたのはこの人。だからこそ語れる言葉がこの対談に込められてる。
OMA用語辞典もいい。彼をめぐる言葉があまりに多いのでこうしてまとめておいてもらえるのはかなり助かる。や、何に助かるのかわかんないけど笑
あとOMAの本を装丁という観点から論じたグラフィック・デザイナーの秋山さんの特集もかなりおもしろい。どんどん読みたくなってくる。
でも、いくつも収められてるレムに関する批評は正直おもしろくない。なぜならレム自身が彼の最大の批評家だから。他の人の批評を読んでると、レムの後追いですらないのがはっきりとわかる。もう開き直って、五十嵐さんと瀧口さんの対談みたいに、もう自分がいかにレムに魅かれてるかを純粋に語り合った言葉こそ真に迫っている気がする。批評にはならないけどもう批評はレム自身に任せた方がいい。
もうレムは巨人すぎてよくわからない。
最近出たDVDも見たい。
にしても炎上したTVCCはホント残念でしたね。
中国ではザハの建築も炎上したそうです。。。何なんだあの国は。
スポンサーサイト

笹倉洋平「音が鳴り、線が走り、」@旧立誠小学校


もう一週間前のことですが、笹倉さんの約一年半ぶりに行われたライブペインティングを観に行きました。
僕も笹倉さんのライブペインティングは3年半前のはねうさぎ以来。
東京から帰ってきた日でしたが、なんとか行ってまいりました。
写真でも伝わる程の気迫と緊張感。
ものが生まれて来る瞬間を共有するのはとてもドキドキします。
1回限りということ。そして人前で行われるということ。
すさまじいプレッシャーだったと思います。
それを一身に受けつつ、最初はその緊張も伝わってきたのですが、後半になるにつれ、どんどん笹倉さんの中でノっていってるのがわかる程線がほとばしり始めました。
音楽もとてもいい感じで、絶妙なコラボレーション。
今回は体育館の舞台上で行われて、しばしば画面の周りを歩き回ったり、スライドで花や蔦の画像を投影したり、手先だけではなく、身体全体を使って線を走らせてる姿が印象的でした。
毎度すごいもの見せて頂き感謝してます。

さて、この企画は旧立誠小学校で日曜まで行われていた「アフタースクール」という展覧会のイベントの一環で、展覧会自体は作家の木内貴志さんが中心になり、集まった作家たちで構成されるアーティストイニシアティブの展覧会です。
始まる前から「アフタースクール」のブログでその過程を見ながら楽しみにしていたのですが、個人的に展覧会としてうまくいってたとは言い難いものを感じました。
確かに個人個人の作品はいいものもありました。
最も良かったのは唯井ゆいさんのインスタレーション。作者コメントに「ぶっこわれたお花畑」という言葉がありましたが、まさにその言葉がしっくりくるような作品。花柄の描かれた木切れが教室に散乱していて、教室がまるで嵐に見舞われたような凄みがありました。
木藤純子さんの作品もよかった。「Over the rainbow」と名付けられたそれは、小さな白い電球の光によって机の上のガラスか何か細かい粒子が照らされ、角度によって虹が現れるというもの。教室中にいくつかの電球を配していたけど、一個に絞った方がよかったかも。ちょっとアニャ・ギャラッチオの作品にも似てるけど。そしてお隣の部屋の虹色の糸が張られてるインスタレーション。窓からしか見れないってのがよかった。
また、冒頭の笹倉さんの作品も新たな展開がみられました。紙が階段の上空を漂い、立体的な展示。上から見下ろした時の線のたゆたう様が気持ちいいです。ただ、もっと線とそのたゆたう様がリンクしててほしかったなとは思いました。今秋ニュートロン京都・東京で行われる個展も楽しみにしてます!
木内さんのいつも肩の力が抜けてしまいそうな感じもよかった。机による木版。
宮永さんの本の壁もすごい。クリストの初期の作品のよう。
天野さんの作品も中庭という場所がとてもしっくりきていた。
まあ、そんな感じで作品はいいと思うんだけど、展覧会としてまとまりが。。。
というか、もうこの場所である程度の人数の展覧会は難しいと思う。
あまりに「小学校」というコンテキストが強過ぎるんですよね。
京都芸術センターも同じく元小学校やけど、あそこはリノベーションが結構加わってるので良いバランスなんです。でもここはほとんどリノベーションされずに素の小学校のままなのであまりに場力がそのまま残り過ぎてるんです。
もし作品がパーマネントに展示されることを前提としてるならおもしろいものになりそうやけど、定期的に展覧会が行われるとなると、その展覧会の差異を生み出すのが難しいと思う。
そのコンテキストを無視することもできないし、意識し過ぎてもいけない。
ここでやってる展覧会を見る度にそのジレンマが見えてしまう。
そして、結局意識する方を選んで、どの展覧会も個性が均質になってしまう。
もう中堅作家の中回顧展とか、2人展とかしか道はないのかも。
金氏さんとかおもしろい使い方できそうだなぁとは思うけど。
なんしか、ホント難しい空間やなぁと改めて思わされました。

<関連記事>
笹倉洋平展「ツタフ」@PANTALOON
笹倉洋平@GALLERYはねうさぎ
no name @ 元立誠小学校
FIX@元立誠小学校

ROBERT PLATT 「huntorama2」@muzz program space

こちらも日曜までの展示。
muzzは僕の大学のOBが企画してる、アーティストランスペースで、しばらく展覧会してなかったのだけど、久々に展示があるということでこれは行かねばとずっと思いつつ結局最終日になってしまいました。
笹倉さんのイベントの日に行きたかったのだけど、行けずにかなり断念モードでしたが、やはり諦めきれず最終日にギリギリ駆けつけました。
ロバート・プラット氏(以下ロブ氏)は、もう10年ほど京都に住んでて、今やコヤナギにも所属する作家さん。
名和さんの知り合いで、その昔半ば強制的に、面識もないロブ氏の誕生日パーティに連れてかれて、留学の相談とか厚かましくもさせていただきました。
とっても優しい人で、今回もお会いできてその時の話したら覚えててくれてました。
そしてなんと知り合いのキュレーターさんにもお会いして、そのキュレーターさんと一緒にいた作家さんと少しお話してたら、全員ロンドンに関わりがあることが発覚。
ロブ氏は元々RCAの学生だったし、キュレーターさんもロンドンで勉強していて、一緒にいた作家さんもなんと僕と同じチェルシーで勉強してたという・・・世界狭ッ!
ちょっと盛り上がってしまいました。
それはさておき展示の内容。
いやぁ、諦めないで行ってよかった。
すばらしい展示でした。
ロブ氏の作品はいくつか見たことあったけど、これだけ一辺に見たのは初めてで、すごく独特な描き方をしてるのが印象的。一筆一筆が感じられる絵画。モチーフもとても不思議な組み合わせで、ぐいぐい引き込まれて行きます。
そしてもう1つ、muzzのアパートの部分を使ったロブ氏とたくさんの作家さんの作品をインスタレーションした部屋が素晴らしかった。名和さんの作品もあったりして、それらがまったく違うのに、ロブ氏が壁に描いた木のウォールペインティングによって調和されててとても気持ちいい空間やった。ロブ氏の大作もあって、これもまたいい。
今度また会ってゆっくりお話ししたいです。

佐藤貢展@PANTALOON
またもパンタロン。
もうここは僕の中で不動の位置をしめてますね。
ここの展覧会はかならず行かなきゃ。
で、これまた最終日近くになってようやく駆け込むことができました。
佐藤さんの作品は初見だったのですが、とても詩的な雰囲気で、このパンタロンを見事に佐藤ワールドに仕立て上げてました。
いくつか独立した反立体のオブジェなんやけど、それらがそれぞれ共鳴して1つの世界を築いている。なんだかすごく落ち着く。懐かしい。なんでやろ。
海で拾ってきたゴミを組み合わせることでできるそれらの作品達。
中でも僕のお気に入りは、網をつかった吹き抜け奥の2階の作品。
まだ見たことないけど土屋信子の感じに似てるのかも知れない。
合理性とかは一切ないのだけど、とてもしっくりきてる形達。
佐藤さん自身の中の秩序でしかないものが、自然に染み渡ってくる。
「センス」と言ってしまえばそれまでやけど、言葉では言い表せないものをたくさん感じたそんな展示。やっぱりパンタロンは見逃せない。
あー、2年前の大西康明さんのも見たかったなー。

<関連記事>
森太三「世界の果て」@PANTALOON
今村遼佑展「畔を廻る」@PANTALOON

Reborn @ Nomart

新生ノマルに行って参りました!
このオープニング展はたった5日のみということでこれまたギリギリ最終日。
稲垣元則、今村源、植松奎二、榎忠、大島成己、大西伸明、片山雅史、木村秀樹、田中朝子、豊富春菜、中川佳宣、中西信洋、中原浩大、名和晃平、北城貴子、渡辺信子
という凄いメンツです。
関西の、はたまた日本のアートシーンを引っ張ってきたギャラリーの自負というものが感じられる展覧会でした。
豊富さんの新作や、大西さんのCMYKをテーマにした新たな平面への新展開も見れてかなり濃ゆい内容。今村さんもよかった。
ただ、空間がちょっと綺麗すぎて、前の何か独特の雰囲気が完全に失われ、コマーシャルギャラリーのエスタブリッシュされた感じになっててかなり寂しい。
スペースも、元ロフトスペースのみ。
これまでかなり実験的な展覧会が多かったけど、これからはちょっと望み薄です。
といってもこれからも展示予定が凄い。
06.08-07.04 植松奎二
07.21-08.15 今村源
09.07-10.03 名和晃平
10.19-11.14 大島成己
11.30-12.26 大西伸明
とりあえず名和さんと大西さんは絶対行く。あとは余裕があれば。

<関連記事>
中西信洋「Halation」@nomart project space
名和晃平「TORSO」@nomart project space
中川佳宣展「光の根」@nomart project space

すいません、なんか今回の記事の展示全部終了済みです。
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。