スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展@森美術館


アニッシュ・カプーア
ジェームス・タレル
ビル・ヴィオラ
クリスト&ジャンヌ・クロード

この4作家は僕の中で神の領域まで達してしまった人たち。
もうひとりそこに加えるなら確実にこの人の名前を挙げる。

レイチェル・ホワイトリード

そんな彼女が森美術館で講演するために、はるばるイギリスから来日するという情報を幸か不幸かキャッチしてしまい、今回の上京となったわけでござんす。
ターナー賞回顧展自体は、ロンドンで既に観覧済みだったので、見んでええわーとタカをくくってたらこのざま。ロンドンバージョンのレビューはコチラ
公式HPにて、「アーティスト・トーク」なるものを見つけた時からいやな予感はしてました。
「カプーアかホワイトリードだとまずい・・・また東京に行かなければならなくなる」
そう思いつつクリックしたのが運の尽き。
きっちりホワイトリードさんでした。
でもまあ、展示自体も少し変わってたし、展覧会自体懐かしがりながら見れました。
まず最初にターナーの絵が飾ってあったのがよいですね。
最初の方の展示は細々しててなんかつらそうでした。ロングの作品なんか特に。
カプーアも3つのお椀が1つになって、さらに小さくなってた。
でもまあ、あの凹みが膨らんで見えたりフラットに見えたりする感覚は健在。
そしてなんといっても目玉はデミアンの牛でしょう。
多分彼のホルマリンの作品が来日するのは初めてなはず。
怪訝な顔をして立ち去るご婦人などもいらっしゃいましたが、皆興味津々に見てました。
残念なのが間を通り抜けできないこと。
ロンドンの時はできたので普通に通ったら監視の人に止められてしもた。
あとは、マーチン・クリードのライトの作品は、照明がテートと違ってしょぼかった。
んでもって、サイモン・スターリングの小屋はさすがに持って来れなかったみたいで別の作品が展示されてた。
ロンドンではまだ受賞の決まってなかったマーク・ウォリンジャーの作品も追加されてた。
ところで作品の邦題どうにかならんのか??センスのかけらもなかったです。
デミアンの「Mother & Child,Divided」はその昔「引き裂かれた母子」という素晴らしいタイトルがあったにも関わらず、今回「母と子、分断されて」なんてわけわからんタイトルになってた!このタイトルには別々に離された母子って意味と、実際体が真っ二つになってる意味がかけ合わされてる悲劇を連想させるタイトルでなければいかんのですよ。その点で「引き裂かれた母子」はまさになネーミングなのに、後者は何?
そしてマーチン・クリードの「The lights going on and off」に関しては「ライトが点いたり消えたり」って・・・。
にしてもすごい来場者数やった。金曜日から始まったところってのもあるけれど、1500円も出して、現代美術の展覧会にこれだけの人が集まるなんて。さすが森美。すごいです。最後の方は人でごった返して大変そうでした。

さて、今回メインのアーティストトーク。
念願のレイチェルと対面です。
先着100名ってことで、受付と同時になだれ込む。
おかげで通訳の真後ろというすばらしい席をゲットできましたy
颯爽と現れたホワイトリードさんはめちゃくちゃかっこよかったです。
YBAの中でも一際寡黙な作品を作り続け、他の作家とは一線を画する作家。
彼女自身がスライドを通して作品の説明をしてくれる贅沢な時間。
1993年のターナー賞をものにした「House」に関しては、プロセス画像もさることながら、尽きることのないエピソードでいっぱいでした。例えば作品に穴をあけて住む人が現れたり、などなど。
そして記憶にも新しいテートのタービンホールで見せた「EMBANKMENT」の話も。
あぁ、本当に来てよかった・・・。
それからもう1人2001年のターナー賞を受賞したマーチン・クリードも来日。噂には聞いてましたが、かなりぶっとんだ人で、こちらもかなり面白かった。
「体の中のmess(ごちゃごちゃしたもの)を外に出したいんだ」
といって作ったのが女の人がひたすら吐いてる映像。
このはきっぷりの凄まじさといったらマーライオンも凌ぐのではと。
質問で、どうして作家自身がやらなかったのか?と聞かれて
「僕はうまく吐けなかったんだ」
と正直に応えてるのがウケた。
またどうして女性なのかと聞かれ、ちゃっかり男性バージョンも披露。問題解決。
こっちはこっちで相当おもしろいアーティスト・トークとなりました。
ああ、これでホワイトリードにも会えたし、あと会ってないのはタレルのみ!
来日した際にはどこでも馳せ参じますよ。

展示は7月13日まで。英国現代美術を壮観できるチャンス!

アーティスト・ファイル2008@国立新美術館
国立新美術館が選ぶ8人の作家のグループ展。
同じ六本木なので寄ってみた。
今回初めて展示室に入ったけれど、良いですね。
天井が高くて、まるでテートモダンにいるような感覚。
でも実際は宝の持ち腐れです。日展なんかがやるようじゃぁねぇ。
で、肝心の内容ですが、悪くはないけれど、すごく淡い印象。
前述のターナー賞展がヴィヴィッドカラーなのに対し、こっちはパステルカラーといった感じ。ほとんどの作品が無難なラインを歩んでいる感じで、おもしろくないっちゃおもしろくない。
美術館が何人かの作家を選んで紹介する展覧会といえば、東京都現代美術館のMOTアニュアルもあるし、この館独自の方向性をもっと決めていかなければ後が続きそうにない企画ですね。
その中でもさわひらきのインスタレーション「hako」は何度見ても名作。
昨年のロンドンで初めて見たわけだけれど、いつまでもそこにいたいような居心地の良さ。今回色々急いでいたので、あまりゆっくりと見れなかったのが残念。
この展覧会はGW5月6日まで。
さわひらきの作品を体感するだけでも価値はあるかも。
30分でも1時間でも時間の許す限りその空間に身を委ねてみてください。
ロンドンでの体験はコチラ
スポンサーサイト

ヴォルフガング・ティルマンス@WAKO WORKS OF ART


久々の更新でご無沙汰しております。
なんだか今月はあまり見るべき展覧会がなくて更新しようにもできませんでした。
そして昨日まで東京に行ってました。またかよ、なんてつっこみはご遠慮ください。
ってことで東京で見てきたいくつかの展覧会をご紹介。

まずはワコーでやってたティルマンスの個展。
実はあんまり期待せず、むしろ隣のケンジタキでやってた村岡三郎さんの個展のついでといった感じだったのだけど、今回見てきたギャラリーでの展覧会としては一番のヒットでした。
「LICHTER」、夜明けという意味を持つドイツ語のタイトルのこの展覧会では、ティルマンスの衰えを知ることのない写真に対する挑戦心が見事に集約されたもので、作品の説明を受けた時には鳥肌が立ちました。
その中でもやはり一番の意欲作が、色のついた印画紙を折り曲げたりして、写真を立体として見せてる作品群。そんでもって、この「写真」はカメラを通さず暗室内だけで作られたもの。「カメラを使わない写真」という、いやーホント面白い人だ。
他にも別会場では、コピー機を使って印刷された大きな写真作品など、写真という概念をどんどん刷新していくような作品たちばかり。
もちろんノーマルな写真たちも展示されていて、その中でも、丸まった紙の中の光を撮った作品は美しすぎました。こういう何気ないものにも焦点を当てるのはやはりティルマンスならではですね。
インスタレーションもわざわざ来日して彼自身で手がけたそうな。
とてもおすすめの展覧会なので是非。5月24日まで。

村岡三郎「Principle of heat 熱の原理」@ケンジタキギャラリー
ワコーの隣のケンジタキで開催中の村岡三郎さんの展示。
僕が知りうる現役の日本人現代美術作家ではこの人が最高齢な気がする。
御年80。それでもまだまだ衰えることの知らない制作熱には頭が上がらない。
そして、新作を発表しても、常にかっこいい作品で、本当にどうなってるんやろと思う。
実は村岡さんは、僕の大学入学年の前年まで精華大学の洋画で教えてらっしゃった。
入学当時、ちょうど、大学内のギャラリーで退官記念展が行われており、何気に入った僕はとても衝撃を受けた。
鉄の塊や酸素ボンベ、2階には塩で埋め尽くされたインスタレーション。
当時「現代美術」というのがまだまだ未開の地だった僕には刺激が強すぎてなんのこっちゃわからんかった。ただあの衝撃は今でも鮮明に憶えている。
幾度か作品を見て行くうちに、やはりその作品の持つ雰囲気には毎回圧倒されている。
今回は鉄を用いた壁掛けの作品と床置きの作品、そしてドローイングの構成。
そのどれもがやはりかっこいい。80歳の人が作った作品とは到底思えない。
ああ、あと一年早けりゃこの人に教われててたのかー、などと思ってしまうのであります。
5月15日まで。ティルマンスと一緒にどうぞ。

椿会展2008「Trans-Figurative」@SHISEIDO GALLERY
村岡さんに師事した塩田千春さんも出してる椿会展に行ってきました。
初めて資生堂のギャラリーに行ったけどすごく立派な展示室でびっくりしました。
今回の出品者は前述の塩田千春、やなぎみわ、丸山直文、袴田京太郎。
塩田さんは、鉄のフレーム内に、ドレスや鏡などが黒い糸で絡まった立体作品を出品してました。重力を失ったように糸の中で静止するオブジェたちが異様。特に鏡はなんだか宗教性のようなものまで感じてしまいました。
やなぎみわはお得意の老女と少女が入り交じった不気味な写真群。
丸山さんは、淡い滲みの効いたペインティングで、袴田さんは色とりどりのアクリル版で構成された人形が高い天井からぶら下がってる立体作品。
そのどれもが個性的なのに、うまいこと調和してたのがすごい。
そして、女性出品者の作品が毒々しいのに対し、男性作家人の作品はどこか癒しのような淡い印象なのがおもしろかった。こちらは6月15日まで。

北条貴子「-holy green-」@INAXギャラリー
塩田さん同様、村岡さんのもとでも教わったと思われる先輩北条さんの展示。
ただ彼女の場合はペインティングなので直接の影響もないとは思いますが。
それに彼女自身精華を出たという過去を消そうとしてますからね笑
実際作家のプロフィールには「精華」なんて文字見当たりませんから。
さて、そんな北条さんの展示は、一昨年大原美術館のレジデンスプログラムを経て制作された、森の絵画たち。
水彩、油彩含めて20点ほどが一同に並べられていました。
やっぱりこの人の技術の高さには驚かされます。
昔はもっと抽象化されたペインティングだったけど、こうした具象を描くとそれらのうまさがより引き立ちますね。筆の置き方や間の取り方なんかが絶妙のバランスです。
にしても具象から抽象にいく人は多いけれど、抽象から具象って中々なくておもしろい。
ちなみに旦那さんの中西さんも青森のレジデンスですっかり森の魅力に取り憑かれ、今ではアプローチの違いはあれど、夫婦そろってモチーフが森ってのがおもしろいですね。

田中偉一郎「春の展示即売会」@Yuka Sasahara gallery
今回の東京ギャラリー巡りでは前回できなかった、東京の変わりゆくギャラリーマップを辿る旅をしてきました。中でも大きな変貌を遂げた、神楽坂エリアと白金エリアを探索。
まず神楽坂エリア。
昨年までは児玉、山本現代が入っていたところに、今年、京都にあったmori yu galleryとYuka Sasahara galleryが入ってきました。
そこで、昨年の六本木クロッシングでも笑いを振りまいていた田中偉一郎の展覧会が行われていました。「展示即売会」ということで、おもっきし手書きの値札がつけられていて、そのどれもがおかしい。1人でにやにやしながら見てしまいました。ひとつくらい買ってもよかったかしら。
mori yuの方はあまり好きな展示ではなかったので割愛。
また、同じビルの高橋コレクションではそのコレクション展が披露されてました。
会田誠や山口晃、小谷元彦など、今をときめく作家たちの作品群。
あまり好きな作家たちではないけれど、代表作に近いものまで展示されててびっくり。
「テーマはないけど、好きなもの並べました」ってスタンスもよかった。

白金エリアはわざわざ行ったけどとりたててここに書くこともありません。
新しく作ったので綺麗ってことくらいでしょうか。もうよっぽどでもない限り来ないと思う。
ところで、児玉画廊にて、同じビルに入っているはずの山本現代と高橋コレクション白金支店の入り口がわからなかったので、受付で聞いたら、普通にギャラリーマップ取り出して探し始めてびっくり。いや、同じビルやんとつっこみたかったけど我慢してたら、ようやくそのことに気づき、なんとか入り口を教えてくれました。その女の子は上の階にあるそれらのギャラリーに行ったことがなかったらしい。正直どん引きでした。この児玉画廊は、前の神楽坂にあった時も、客が作品見てるのに平気で作品の配置変えたりしてはっきりいってプロ意識ゼロのギャラリーだと僕は思ってます。今回の一件に関してもそうですが、ホント呆れてものも言えません。なんだかなー・・・。
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。