FC2ブログ

Santiago Calatrava #1

「最も美しい建築を建てる現代建築家は?」
この問いに僕は即答することができる。
「サンティアゴ・カラトラヴァ」と。
「美」という観点において、彼を凌ぐ建築家を僕は知らない。
今回の旅で最も楽しみにしていたのが彼の建築。
スペインで今一番熱い建築家。ガウディ再来。僕はそう思ってます。
まずはバルセロナにある彼の建築を紹介。その美の世界を堪能あれ。

BACH DE RODA-FELIPE2 BRIDGE(1987)


彼を一躍有名にしたのがなんといっても橋の設計。
橋のデザインに関して、80年代以降彼を凌駕する人は他にいない。
この橋もその彼が80年代に設計したうちのひとつ。
こんなものを30代で築き上げるなんてやはりただ者じゃないです。
彼の橋の特徴はなんといっても流れるようなフォルム。
この橋でもアーチの内側と外側で角度が違っていて,外側のアーチはそのまま下の広場へと滑り落ちるように続いていく。美しい。。。


夜のライトアップも美しいらしかったが時間の都合で見れなかった。残念。バルセロナ訪れた際は是非!2号線Bac de Roda駅すぐ。


MONTJUIC TOWER(1992)


バルセロナにはモジュイックの丘という大きな公園みたいなところがあって、オリンピック施設がひしめき合ってる地域でもあります。磯崎新氏のスタジアムや、前述のミースによるドイツパビリオンもこの中。ミロ美術館まである。
そこにどどーーんと天に向かって立ち上がるタワー。
これがカラトラヴァによるモジュイックタワーでございます。
この神々しさ。シンボルタワーとしてこれ以上のものはないでしょう。

台座部分にはタイルがあしらわれてて、ガウディへのオマージュでもある。


なんといっても圧巻なのが、3点で支えられた支点のうちの1つ。触れているといった方が適切なくらいの接点面積の小ささ・・・。この緊張感は鳥肌もの。


実はこのタワーの傾斜はバルセロナの夏至の太陽と一致させてあるらしい。
しかし本当にどの角度から見ても美しい。。。


このタワーも40代前半で築いたもの。なんて才能・・・。

German Pavilion by Mies van der Rohe



20世紀のマスターピース、ドイツパビリオンへ。
作者はミース・ファン・デル・ローエ。
コルビュジエ、ライトに並ぶ20世紀建築の3大巨匠の1人。



彼の考え「less is more」が端的に表れたこの建物。
「究極」
そんな言葉がしっくりくるすごい建物でした。
無駄な要素がひとつも見当たらない。すごいことです。



それまで、僕の中で、彼は三大巨匠の中でも一番とっつきにくいイメージがあって、それは建築に対する人間味のなさからきてたんだと思います。
でもこの建物はとても暖かかった。究極なのに暖かい。
今の摩天楼を形成している、均一でまっすぐなラインはこの人のおかげだと言われていますが、巷に溢れているそれらとは確実に一線を画してる感じが見受けられました。多分そこに思想があるかないかの違いなんだと思う。彼の一貫した思想はとても強い。



この建物は1929年のバルセロナ万博のためにドイツ政府からパビリオンを作るように要請されて建てられた建物。
ここでスペイン国王が開会レセプションを行うとのことで、国王夫妻が座るための椅子のデザインもミースが担当。Xに交差する美しいラインの脚を持つその椅子は後にバルセロナチェアと呼ばれる。しかし開会式当日、レセプションを終えると国王はその椅子に座ることなくパビリオンを後にする。



博覧会終了後、パビリオンは取り壊され、オリジナルの椅子も失われた。その後1948年にバルセロナチェアは復刻され世界でロングセラーを記録する。そして取り壊されたパビリオンも1986年に再建される。
この都市にはガウディの曲線とミースの直線が同時に存在している。



この建物の特徴はなんといっても、内と外が区切られているようで区切られていないということ。鉄の柱が中に入ったり外に出たりして、壁も内壁になったり外壁になったりと、不思議なリズムが生まれている。
そして、オニキスや緑大理石などの美しい素材たち。やはり究極。

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website

twitter
Instagram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2019.08.01-10.14
あいちトリエンナーレ2019 @ 愛知芸術文化センター等

・2019.10.13-10.15
藤田貴大「蜷の綿(になのわた)- Nina's Cotton - / まなざし」 @ 彩の国さいたま芸術劇場

・2019.09.14-11.04
DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術 @ 埼玉近代美術館

・2019.09.27-11.24
岡山芸術交流2019 @ 岡山市内

・2019.08.27-12.08
ジャコメッティと Ⅱ @ 国立国際美術館

・2019.09.14-11.10
アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS- @ 神戸市内

・2019.10.24-10.31
地点「ハムレットマシーン」 @ THEATRE E9 KYOTO

・2019.08.10-12.25
加藤泉展 @ 原美術館

・2019.11.14-2020.01.19
ニューヨーク・アートシーン @ 埼玉県立近代美術館

・2019.11.16-2020.02.16
ダムタイプ―アクション+リフレクション @ 東京都現代美術館

・2020.01.11-02.16
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展 @ 国立新美術館

・2020.02.26-06.14
ピーター・ドイグ展 @ 東京国立近代美術館

・2020.02.11-03.01
藤田貴大「ねじまき鳥クロニクル」@ 東京芸術劇場プレイハウス

・2020.02.29-03.01
地点「罪と罰」@ 神奈川県立青少年センター

・2020.03.14-06.14
オラファー・エリアソン @ 東京都現代美術館

・2020.03.20-06.21
久門剛史 @ 豊田市美術館

・2020.04.08-06.14
ヘザウィック・スタジオ展 @ 東京シティビュー・スカイギャラリー

・2020.04.18-06.21
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション× 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」@ アーティゾン美術館

・2020.04.18-06.21
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」@ アーティゾン美術館

・2021.01.23-04.11
「平成の美術 1989 – 2019(仮称)」 @ 京都市京セラ美術館

QRコード
QR